FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.10 服部天神界隈の風景
PA073017.jpg

長島住吉神社から、服部駅方面へと歩きます。
ここは稲津町。道沿いには、大好物の懐かしい昭和なアパートが…。

PA073034.jpg

イナロクこと国道176号線を渡って阪急宝塚線側の細道を歩いていると、
天にそびえる銭湯の煙突を発見!
服部新温泉さん。今も現役ですが、「新」には見えないくらい年季入ってます!

PA073038.jpg

服部新温泉から服部駅方面へと伸びる筋には、なにやら飲食店が多く立ち並んでました。
営業してる率は高くはなさそうですが、以前はここも栄えていたことがあるようです。

調べてみると、ここは旧能勢街道にあたるようで、この先にある服部天神宮の門前町として
栄えていた名残りのようですね。

PA073043.jpg

同じ通りを銭湯に向かって。(南向き)

PA073048.jpg

服部天神宮へやって来ました。
ここは初訪問。少彦名命と菅原道真を祀る神社で、「足の神様」として有名。
450年頃から祠として存在していたみたいですね。
901年に菅原道真がここを通る時、持病の足の病で動けなくなったため
この祠に祈念したところ足が見事に完治した、というのがこの「足の神様」の由来です。
服部天神宮と呼ばれるようになったのもこの出来事の後からだそうですね。

因みに、阪急宝塚線・服部駅は、今度「服部天神駅」に改名するみたいです。

PA073052.jpg

服部天神宮の表側に立つ、古いマンション。
夕陽を浴びる姿に、思わず一枚。

PA073053.jpg

服部天神宮の北側には、こじんまりとした服部元町商店街が。
アーケードはありませんが、飲食店が軒を連ねています。

PA073057.jpg

商店街の脇道で心惹かれた家屋。あの3階部分が気になりすぎ。

PA073060.jpg

ここまで来れば服部駅には着いたも同然。

庄内~服部歩きネタ、次回でお終いにしたいと思います…。


続く

スポンサーサイト





コメント

私も幼稚園時代、名古屋市内でマンションと言う名前がついたアパートに住んでいてました。
今でもその建物はある?ようですが、既に築50年近くになります。

[2013/05/28 05:10] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま
どう見てもアパートな「マンション」、古い町を歩くと時々見かけます。
時代を感じることができて好きです、こういうのは。
[2013/05/28 22:43] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/715-f42c958b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)