FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.7 瀬戸の夏旅 第16回 アンパンマントロッコに乗る
P7075334.jpg

時間を少し戻して、こちらは琴平駅で撮影したアンパンマントロッコ。

P7075333.jpg

琴平駅ではトロッコに乗り込んだ家族に手を振って、
自分は先発の普通電車へと向かったのでした。

P7075350.jpg

そしてこちらは善通寺駅に到着したアンパンマントロッコ号。
自分はここからの乗車となります。

写真でお分かりのように(?)、アンパンマントロッコ号はキクハ32形というトロッコ車両を
国鉄型特急車両であるキハ185系1両が引っ張るという、2両編成の列車になっています。

P7075362.jpg

トロッコ車両はアクリル板があるものの、視界はかなり広いです。
また、足元にも窓があるのが面白いですね~。
一部底板も透明担ってる部分があります。(写真右下)

なお、上述の通りキハ185系とキクハ32系で構成される本列車、全車指定席です。
でもちょっと特殊で、指定席を1席分取ると、キハ185でとキクハ32の各車両で
1席ずつ確保することができるんです。(同じ席番号が振られています)

というのも、トロッコ列車なんですが、トロッコ車両に乗車できる区間が
JR四国管内(琴平~児島)に限られているからなんですね~。
児島~岡山間は室内であるキハ185系の方に乗らないといけないんです。

P7075369.jpg

進行方向右手に見えるのは讃岐富士。。。

この日は7月7日(日)。ちょうど夏の運転期間が始まったばかりの週末だったので、
混雑を覚悟して指定席も早めに押さえたんですが、いざ乗ってみるとどうやら
満席という訳ではなかったようです…。

事前情報では「大人気列車で満席」という話だったんですが。

P7075373.jpg

いつかは行きたい丸亀城。

P7075381.jpg

丸亀、宇多津を過ぎるといよいよ瀬戸大橋です!

P7075388.jpg

シースルーで海面まで丸見え!
ガラス張り床面の本領発揮です。

P7075390.jpg

マリンライナーよりも開放的なトロッコ列車。
瀬戸のしまなみが素晴らしいですな~。

なお、瀬戸大橋の車窓は肉眼で楽しむのはいいのですが、写真にするとどうしても
柱が邪魔になってしまい、イマイチな印象でしたね。

P7075404.jpg

与島や櫃石島など、島々を渡っていく瀬戸大橋。
自分が高松に住んでいた小学生時代に完成したんですよね~。もう25年か。

P7075407.jpg

本州側の下津井の町が見えて来たら、瀬戸大橋もおしまい。
最後の下津井瀬戸大橋を渡るとそのまま鷲羽山のトンネルへ入り、
それを抜けるとJR四国とJR西日本の境界駅・児島駅へと到着します。

P7075412.jpg

児島駅で約20分停車。
トロッコ車両に乗ることができるのは、この児島まで。
ここから岡山まではクーラーの効いた185系の車内で寛ぎます。

P7075418.jpg

児島駅で岡山行きマリンライナーに道を譲ります。
トロッコ乗車区間が終わったので、多くのお客さんは早く岡山に着くマリンライナーへ。
自分たちもどうしようか迷いましたが、せっかくなので終点まで185系に乗ることに。
涼しいし、絶対座ってられるし、すいてるし…。

まぁ、快適に岡山まで移動したのでした。
琴平13:16発、岡山14:52着。1時間半のアンパンマントロッコの旅でした。

次回でこの夏旅行も完結します。
最後は岡山市内の写真をば…。



続く


スポンサーサイト





コメント

こんばんは。
ちょっとご無沙汰してる間に最新旅シリーズ終わっちゃってたんですね(汗)。
初回がディープ目でビビりましたが後半は「家族旅行」ムードも盛り返してきて安心しました(笑)。
お写真からも暑さが伝わってましたが(笑)お疲れ様でした。

観光列車はもうホントにニガテな僕なので、
アンパンマントロッコ号も気にしたことなんかなかったんですが、
床シースルーはちょっと魅力!!
ねじまきさんのレポートだからこそ読む気になって知り得た目からウロコ情報でした。
[2013/07/31 01:24] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toさん

最初の部分ではご心配をお掛けしました(笑)
後半は頑張って家族旅行っぽく取り繕ってみたんですが、
嫁さんから「移動が大変だった」とクレームが付いたので、次回以降は考えます…。

アンパンマントロッコ、自分も子供がいなければ乗ることは一生なかったであろう列車ですね。
さすがに大人だけで乗車されてる人は見なかったかも…?
まぁ子供が楽しそうだったので、乗ってよかったかな、と思いました。
瀬戸大橋を渡ってる時は自分も子供と一緒になってはしゃいでましたけど(恥)
[2013/07/31 07:14] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/763-4f18266a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)