FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2019.1 東京町田・仲見世商店街
P1015615.jpg

今回はスポットネタ。
東京に行く機会があったので、約束時間前の早朝に町田を訪れてみました。

P1015614.jpg

いつも地方ばかり訪れているような気がする当ブログ。
その中ではかなりの大都会に分類されるであろう町田市です。
人口約43万人と東京都内では八王子市に次ぐ人口規模を誇っており、
一部では「西の渋谷」とも称されるとか…。

P1015617_20200112135854c28.jpg

そんな都会な駅前から少し歩くと、こんなレトロな商店街があるんです。

P1015618.jpg

町田仲見世商店街。
戦後のマーケットから続く歴史ある商店街で、100m足らずの通りに飲食店や雑貨店が
多く軒を連ねています。歴史の経緯から「西のアメ横」とも言われるとか。
「西の渋谷」にある「西のアメ横」…、っていいとこ取り感が…。

P1015619_20200112135907307.jpg

まだ早朝なので商店街は動き出してはいませんが、写真右手のマルヤさんは
豊富なメニューが売りの行列ができる大判焼き屋さん。

P1015620_20200112135909694.jpg

この辺のお店も普通の時間帯にはしっかり現役みたいですね。

P1015623.jpg

一本道かと思いきや、仲見世商店街には裏道が存在します。
入口は雑多な物置のような雰囲気。
飲食街によくある共同トイレもここにありました。

P1015624_2020011213591281e.jpg

スナフキンフェイスとは。

P1015625_20200112135922f2a.jpg

場末感半端ない裏通り。
調べると、この桂さんもしっかり現役。

P1015629_20200112135923dd0.jpg

反対側の入口には「仲見世飲食街」とありました。

P1015632.jpg

以上、仲見世商店街の写真たちでした。
今回は早朝でシャッター街でしたが、バリバリ活気のある姿も見てみたいものです…。




スポンサーサイト



2016.4 上京遠回り旅 第16回 東京大井町・東小路を歩く
P4251488.jpg

P4251489.jpg

P4251498.jpg

P4251500.jpg

P4251504.jpg

P4251507.jpg

P4251509.jpg

P4251513.jpg

P4251516.jpg

P4251518.jpg

P4251521.jpg

P4251522.jpg

P4251527.jpg

P4251528.jpg

最後にやって来たのは、京浜東北線で品川からひと駅の大井町駅。
「おおいちょう」ではなく「おおいまち」。(「おおいちょう」だと大銀杏になってしまします。)

目的の場所は、JR東口近くに広がる下町の雰囲気の濃い飲み屋街・東小路。
駅前からずっと東へと細い路地が続いて行き、惹かれる飲み屋さんや食堂なんかが
たくさん立ち並んでいました。

東京に住んでる時は全く知らなかった、というか用事もありませんでしたから…。
当時はあまり町歩きには興味が無かったんですよね。今から思えば勿体無いですが。

路地を200mくらい歩いたあたりにある大井美容室さんで猫と戯れて満足。
ここで駅へと引き返したのでした。
この後は品川に戻って会社の同期と飲んで、新幹線で大阪へ。

週末を利用した上京旅行はこれにて終了。。。
お付き合い頂き、有難う御座いました。



2016.4 上京遠回り旅 第15回 武蔵引田駅から秋川駅へ
P4251455.jpg

武蔵引田駅(東京都あきる野市引田)
1930年、五日市鉄道の病院前停留場として開業。
その後南武鉄道を経て1944年に国鉄になったタイミングで武蔵引田駅に改称。
駅舎は小柄ながら木造のもので、東京に残る数少ない木造駅舎のひとつです。

P4251456.jpg

2016年の一日平均乗車人員は3,299人。

P4251459.jpg

竣工年は不明。
外観はお色直しを受けているようで、古さは感じませんね。

P4251463.jpg

昼間は30分間隔。隣の秋川駅までの駅間距離が1.5kmということで、歩いてみます。
線路沿いにずっと道があるわけではないので、実際は2kmくらい歩いたかも知れません…。

P4251464.jpg

写真は既に秋川駅の近く。
南口に近い一角。

P4251465.jpg

ラーメン屋さん一軒だけがある袋小路。
以前はもっとお店があったんだと思われます。

P4251468.jpg

秋川駅の南口、自転車がたくさん。
橋上駅舎の秋川駅、南口は木々が生い茂っています。

P4251470.jpg

こちらが開放的な北口の様子。
こっちが正面玄関といった感じですね。

P4251472.jpg

あきる野市を流れる、多摩川支流の秋川。
鮎やカジカなんかもいる東京都の清流。
以前、鉄腕DASHでも紹介されていたかと…。

P4251473.jpg

再び秋川から五日市線で都心方面へ移動します。
写真は隣の東秋留駅に停車中の車窓から。
周囲は住宅街。

P4251475.jpg

多摩川の本流を渡れば、まもなく五日市線の終点・拝島…。

この後は都心での用事を済ませ、最後に夕方に一箇所だけ訪問した場所があるので、
次回その様子をアップして、今回の旅行記を締めたいと思います…。



続く


2016.4 上京遠回り旅 第14回 武蔵五日市駅の風景
P4251430.jpg

拝島からは五日市線へと入ります。
五日市線は1925年に五日市鉄道として開業。
その後南武鉄道を経て、1944年から国鉄・JRになってます。

東京都になりますが、長閑な風景が残る沿線です。

P4251431.jpg

起点の拝島と終点の武蔵五日市を含めて7駅、距離11.1kmというミニ路線です。
朝夕は15~20分間隔、日中は30分間隔での運転。
毎週末か知りませんが、臨時でホリデー快速(あきがわ)も走ります。

P4251437.jpg

拝島から終点の武蔵五日市までは17~18分ほど。

P4251438.jpg

武蔵五日市駅(東京都あきる野市舘谷台)
上述のとおり、五日市鉄道の駅として1925年開業。
最初は五日市駅だったようですが、開業直後に武蔵五日市駅に改称されています。
現在の駅舎は1996年に改築されたもの。高架駅で、島式ホームの1面2線。

P4251440.jpg

武蔵五日市駅手前の高架の橋脚がカッコイイ。

P4251441.jpg

駅前を行く秋川街道。

P4251446.jpg

そしてこちらが武蔵五日市駅前から都心へと続いて行く、都道7号線、通称・五日市街道。
まぁ、こちらは起点ではなく終点なんですけどね。
学生時代は何となく認識していた五日市街道、よく考えたらこの五日市なんですよね。

P4251444.jpg

用事を済ませて駅に戻ります。
写真はホームにあるステンドグラス。

P4251448.jpg

武蔵五日市からは路線バスで青梅線の福生駅、中央線の八王子駅に移動することが
可能なようですが、ここはおとなしく再び五日市線で出発。

P4251452.jpg

でもそのまま戻るのも芸がないので、五日市線で途中下車をしてみます。。。



続く


2016.6 東京曳舟・京島を歩く
P1012297.jpg

東武鉄道の曳舟駅の西側にある京成曳舟駅をくぐり、京島エリアへ。

P1012299.jpg

京成曳舟駅の真下を通り、西南方向へクネクネとカーブしながら進む道を行きます。
こちらも下町の雰囲気の濃い、住宅街が広がっています。
写真は京成曳舟駅すぐ近くの邨山商店さん。肉のムラヤマ。邨山でムラヤマなんですね。

P1012304.jpg

営業中の電気湯さん。
電気風呂オンリー、な訳ないか。

P1012306.jpg

京島の風景。

P1012313.jpg

キラキラ橘商店街と描かれたカラフルな旗が続く、向島橘銀座商店街。
京島エリアの中核を成すと言っても過言ではない商店街です。
人通りも多く、とても活気があります。

P1012315.jpg

歩いてきたクネクネ道を振り返って撮影。
看板建築あり銭湯あり、カーブも魅力的でした。

P1012318.jpg

向島橘銀座商店街。

P1012329.jpg

向島橘銀座商店街。墨田京島郵便局前の風景。

P1012333.jpg

田丸稲荷前からは再び曳舟駅に向かって主要道路沿いを歩きます。
この通り沿いにもレトロ建築は見られます。

P1012338.jpg

下町越しに、東京スカイツリー。

P1012341.jpg

うっすら「あづま湯」の文字が見える建物。
夕方のこの時間で全く気配なしなので、廃業された銭湯なんでしょうか。
調べてみると、2016年夏の情報で、ご主人が病気になられて休業中とのこと。
その後が気になりますが…。

P1012342.jpg

この後は東武曳舟駅に戻り、亀戸線でJR総武線・亀戸駅へ出てから東京駅へ移動しました。

2回に渡ってお送りした墨田区の下町散策はこれにて終了です。

東京の町歩きは、個人的にはまだまだこれからなところがあります。
また機会を見て少しずつ、見て回ってみたいと思います。。。