懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.2 東海道・草津の町並み~後編
P1011785.jpg

円融寺、真願寺の筋から旧東海道に復帰します。
長い寄り道でしたね…。

P1011791.jpg

旧東海道で一番気になったのは江戸時代の建物ではなく、この近代洋風建築でした。
おもちゃのデパート京八とありますが、今は着物のリサイクルショップになっているようです。

P1011792.jpg

夕方近くの時間帯で、学生さんの姿が多くなってきました。

P1011794.jpg

旧東海道・草津宿の町並み。
南草津方向を向いての撮影。

以前青春きっぷで鳥羽へ日帰りした際、前夜に南草津のネットカフェで仮眠して、翌早朝に
この旧東海道を歩いて草津駅まで移動し、草津線の始発列車に乗ったことがあります。
なのでこの道自体は歩いたことはあります。ただその時は早春の早朝で真っ暗でしたが。

P1011795.jpg

ディスプレイに謎の置物が並ぶ物件。
今は廃業されてますが、以前は喫茶店か何かだったのかな…?

P1011800_201806272145114e6.jpg

左手に草津宿本陣。
旧東海道は旧草津川の下をトンネルで抜け、草津駅前へと続きます。
ここからは駅の方に戻りながら撮り歩き…。

P1011801.jpg

本陣の脇道もなかなかそそります。

P1011806.jpg

トンネルを抜けて夢大路商店街アーケードへ。
学生さんの自転車がひきりなしに往来してます。

P1011812.jpg

夢大路商店街のカワサキ毛糸店さんと上野商事さんとの隙間に人がやっと通れるくらいの
抜け道を発見して、ついつい入り込んでしまいました…。
七助大神という小さな社が祀られている、ホントに狭い空間でした。

P1011816_20180627214526e19.jpg

抜けてきた細道から商店街を向いて撮影。

P1011817.jpg

正面が北中町商店街(きたなかアベニュー)、左に伸びるのが栄町商店街。
前回記載のとおり、いずれもアーケード撤去予定。
この交差点の左前方の区画は、今は全て取り壊されて既に更地になってるハズです。
この写真なんかも貴重な記録になってしまうんでしょうかね。。。

P1011819_201806272145292d5.jpg

一枚上の写真の交差点を右に入ったところ(県道143号線)に、旧東海道の道標を発見。
こちら大路井道標で、もともとは交差点にあったのが、覚善寺さんの前に移設されたもの。

P1011822.jpg

草津駅に戻って国鉄115系電車の貴重な湘南色を撮影。
通称「みかん電車」「かぼちゃ電車」等。
いつ無くなるか分からないので、ここ数年見かける度に撮影してます。

まだ時間があるので、このまま京都に移動して少し歩くことに…。



続く


スポンサーサイト
2017.2 東海道・草津の町並み~前編
P1011736.jpg

お送りするのは、滋賀県の草津の町を歩いた時の写真になります。

旧東海道の草津宿の町並みがあるということで、訪れました。
スタートは草津駅から。上の写真は駅舎前にある門と東海道の道標、のオブジェ。
ここ橋上駅舎で、オブジェがあるのはロータリーの上のテラスの上になります。

P1011737.jpg

草津駅は東海道線(琵琶湖線)と草津線の分岐駅で交通の要衝。
学校も多く、大阪・京都のベッドタウンとしても人気で人口も増加傾向、そんな町です。

P1011738.jpg

草津の町は駅の東口側が中心。

東口を出て駅を背にして右前方には栄町商店街、北中町商店街、夢大路商店街など
複数のアーケード商店街があるのですが、老朽化と再開発のため、アーケードは
近々撤去されることになっているとか。

P1011747_20180627214423628.jpg

アーケード商店街の筋こそが旧東海道。
道に沿って南西方向へ進むと天井川である草津川のトンネルがあります。
草津宿の本陣などはこのトンネルの先。

P1011748.jpg

本陣だけでなく、市役所もこっち方向のようです。

P1011751.jpg

でもまずは本陣には向かわず、草津川をくぐった先を左折。
草津川沿いの道を歩いてみます。
のぞいてみたら意外と良さげな通りだったので、完全な寄り道です。

P1011754.jpg

P1011762.jpg

迷い込んでみて正解でしたかね。
激渋とまではいかないまでも、静かで落ち着いた古い町並みが、そこにはありました。

P1011764.jpg

歩いた道は、草津川の高さまで緩やかな上り坂に。
地図で見ると「江戸口見附 横町道標」という常夜灯に向かって歩く道ですね。
その上り坂の途中の古い木造民家に、元一町内案内図、と書かれた地図を発見。
ここは草津一丁目になるのですが、元一町というのは旧町名なんですかね。

P1011765.jpg

草津川まで上りましたが、天井川は今はなく、旧草津川は市の整備事業によって
草津川跡地公園になるべく絶賛整備工事中でした。(2017年2月)
あれから1年半近く経過し、今はもう公園ができているようですね。

P1011775.jpg

工事中の旧草津川の姿が超絶殺風景だったので写真撮影もせず、
再び坂を下って古い町並み散策へと戻ります。

P1011778_20180627214451d6d.jpg

写真は草津カトリック幼稚園の近くの路地。

P1011779.jpg

草津散策は次回も続きます…。



続く


2016.9 水口・清水湯と水口石橋駅
P1016923.jpg

本日のお目当て、清水湯さんです。
旧東海道沿いにある、落ち着いた雰囲気のこじんまりとした銭湯ですね。

P1016927.jpg

他にお客がいなかったので、ちょっと撮影させて貰いました。
漢数字の木製ロッカー。レトロ銭湯の定番ですね。
天井や柱がエメラルドグリーンに塗られていました。

P1016929.jpg

鏡越し。

P1016930.jpg

下駄箱はアラビア数字の木製。
25番と26番は開けられないのでは…。

P1016932.jpg

お湯を楽しんで清水湯さんを後にします。
外に出るとすっかり日が沈んでいて、微かに空に青みが残る時間帯。

P1016937.jpg

清水湯さんから西へ350mほど歩けば、もう水口石橋駅です。

P1016940.jpg

旧東海道を横切る近江鉄道の踏切にて。

P1016942.jpg

水口石橋駅(滋賀県甲賀市水口町鹿深)
1957年開業。平屋建てのコンクリ駅舎です。

P1016946.jpg

陰気な感じがまた魅力的。
駅は終日無人。開業時は有人駅だったんでしょうかね。

P1016950.jpg

カーブの途中にある水口石橋駅。片面ホームのみの棒駅。

P1016952.jpg

ここから貴生川に戻って草津線へ、草津からは新快速で大阪に戻りました。
豊郷あかねさん(誰だよ)で、甲賀市内を巡る小旅行の記録を締めたいと思います。

回数が少ないので、長編旅行記もくじは作成しません。。。

次回からまた別のお話をば…。




2016.9 近江鉄道・水口駅と、周辺散策
P1016888.jpg

日野から2駅戻って水口駅へ到着します。
こちらも木造駅舎が残る駅。
これで近江鉄道の木造駅舎は大方訪問したことになります。。。

P1016889.jpg

千鳥に配されたホーム、構内踏切など、配置は日野駅とよく似ています。

P1016893.jpg

水口駅(滋賀県甲賀市水口町新町)
1900年開業。瓦屋根の大きな木造駅舎です。竣工年は不明。
2015年度、一日平均乗降人員は736人。(乗車人員ではなく乗降人員です)

P1016896.jpg

ところどころキレイなので改修されてるみたいですね。。。

P1016895.jpg

水口は旧水口町で、現甲賀市の中心的存在。
旧水口町の中心地に最も近いのは隣の水口石橋駅や水口城南駅ですが、
駅の開業年を見ると、最初は水口駅だけがあり、近年になって市街地に
上記2駅が設置されたことが分かります。

P1016901.jpg

駅前を行くのは国道307号線。

P1016904.jpg

水口では少し町を歩いて〆に銭湯に入る計画です。
写真は水口本町郵便局への曲がり角。

P1016909.jpg

青山酒店さんのある通り。

P1016910.jpg

水口の町は大きいのですが、この時歩いているのは線路の東側、
旧東海道の水口宿にあたるエリア。
三股に分かれた道が東西に平行して通り、その間を繋ぐ路地が何本もある、そんな場所。

P1016911.jpg

昭和レトロな商店なんかも。

P1016917.jpg

お目当ての銭湯を目指していますが、時間制限もないので、
町並みを楽しみながらブラブラと…。

P1016921.jpg

水口散策はこの辺で。
この日帰り小旅行の〆、レトロ銭湯へと向かいます。



続く


2016.9 日野駅周辺散策
P1016863.jpg

P1016864.jpg

P1016865.jpg

P1016866.jpg

P1016868.jpg

P1016872.jpg

P1016873.jpg

P1016876.jpg

P1016883.jpg

P1016888.jpg

30分くらいかけて、駅の近くを次男とゆっくりと歩きました。
秋の写真なので彼岸花が写ってますね…。

日野には古い町並みが残っているのですが、それは駅から2km離れた中心街の方で、
駅の周辺は言わば普通の町並みが広がるばかりです。
それでも細道に入れば随所にいい風景を見ることができました。

再び日野駅に戻り、また貴生川方面に移動。
次の訪問地へと向かいました。。。



続く