懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.12 千葉駅舎巡り~松尾駅の木造駅舎
PC145317.jpg

横芝からひと駅隣の松尾駅までタクシーでやって来ました。
所要10分、運賃は1,720円。距離約5km。

松尾駅は古さをよく残した素敵な木造駅舎で、わざわざタクシーに乗って訪問する
価値は十分あったなと、一目見て思ったのでした。

PC145318.jpg

駅前通りの様子。ここは旧松尾町の中心。
2006年に合併によって山武市となっています。
駅前は総武本線の北西側。

PC145320.jpg

松尾駅(千葉県山武市松尾町)
1898年開業。総武鉄道として鉄路が敷かれた翌年の開業で、隣の成東や横芝に
比べると一年遅いですね。駅舎は開業当初からの木造駅舎です。
駅舎撮影は南東向きになるので、天気が良い時は午後以降の撮影が吉、ですね。
この日は曇天だったのであまり影響を受けずに済みました…。

PC145322.jpg

駅前にはあまり広くはありませんがロータリーがあり、松尾タクシーが常駐。

PC145323.jpg

歴史のありそうな駅前旅館。
まだ現役で営業されていて、低料金みたいですよ。

PC145328.jpg

ホームは対面式の2面2線。
駅舎がある側が銚子方面行きの下りホームで2番線。
向かいのホームが千葉東京方面行きの上りホームで1番線。
上りホームには古い待合室に琺瑯の駅名板が残されています。

PC145330.jpg

駅を中心に、懐かしい町並みが広がる松尾の町です。

PC145334.jpg

駅構内の跨線橋から撮影。
駅裏は畑が広がっていました。房総っぽい風景。

PC145335.jpg

駅舎の瓦も古く斑模様になってますね…。
ピンポイントで改修してるんでしょうかね、一部だけキレイになっていて
ワンポイントの模様のようにも見えます。

PC145339.jpg

上りホームから正面に木造駅舎。
うーん、良い木造駅舎です。

PC145341.jpg

松尾8:55発の普通列車で、東京の方へ戻ります。
これにて千葉の駅舎巡りは終了。
数時間の空き時間を利用して、なかなか有意義な駅舎巡りを楽しめました。



スポンサーサイト
2015.12 千葉駅舎巡り~横芝駅の木造駅舎
PC145295.jpg

八日市場から乗った特急しおさい、次の停車駅・横芝で下車します。乗車時間わずか6分。
ここも古い木造駅舎が残っている駅です。

PC145298.jpg

駅名板も古いものですね。

PC145301.jpg

片面+島式の2面3線。
千葉・東京方面行きの1番線(片面)側に駅舎があり、
島式ホームへは跨線橋でのアクセスとなります。

PC145302.jpg

2014年度、一日平均乗車人員は1,382人。
1999年に2,000人を割り込み、減少傾向が続いています…。

PC145304.jpg

横芝駅(千葉県山武郡横芝光町)
1897年開業。駅舎は開業当初からのものが現役。
1998年に一度改修を受け、屋根の葺き替えや壁面の色直し等が施されたとか。

PC145307.jpg

駅前は比較的最近整備されたのか、ロータリーなどは新しくキレイで、
古い木造駅舎とは少しミスマッチな感じも…?

PC145308.jpg

ロータリーの先には昭和の香り漂う商店が並んでいて、懐かしい感じ。
駅舎とこの町並みに対して、ロータリーの新しさが際立ちますね。
そのうち駅舎まで新しくされないことを祈りつつ…。

PC145309.jpg

駅前交差点から東方向。県道108号線沿いには商店が軒を連ねます。
ここは旧横芝町の中心地。この道を1km強進むと旧光町の中心地。
2006年に両町が合併して今の横芝光町になりました。
横芝光町の町役場は旧光町の方にあるそうです。

PC145312.jpg

横芝駅前の食堂はシャッターが下りていました。。。
朝8時半くらいだからかな。でも廃業されてるような雰囲気も漂います…。

PC145313.jpg

10分ほどウロウロして、横芝駅をあとにします。
ここからは効率優先のため、隣の松尾駅までタクシーを利用します。
横芝駅前のロータリーにはタクシーが数台客待ちしているので、待たずに乗れます。
八日市場で列車を逃さなければ、タクシーに乗らずに済んだんですけどねぇ…。



続く


2015.12 千葉駅舎巡り~八日市場駅の木造駅舎
PC145273.jpg

今回の千葉駅舎巡りの東端、八日市場駅で下車します。7:46着。
かなり大勢の学生さんが列を作っていました。
調べると、敬愛八日市場高校と匝瑳高校があるみたいですね。

PC145267.jpg

PC145284.jpg

八日市場駅(千葉県匝瑳市八日市場イ)
(住所の「イ」は何なんでしょ??)
1897年開業。古い正統派木造駅舎を有する。

2014年度、一日平均乗車人員は1,976人。

PC145278.jpg

駅前通りは県道212号線、50mほど先で国道126号線との交差点を越えると、
県道16号線へと変身します。
町の名前からも、町歩きが楽しそうなイメージですが、残念ながら散策の時間までは
取れないため、駅の近くで写真を撮るだけで我慢我慢。

PC145279.jpg

八日市場駅の木造駅舎は、この屋根瓦の色が印象的。
翠緑色とでも表現するのでしょうか。青と緑の中間のような色です。

PC145280.jpg

2006年に八日市場市と匝瑳郡野栄町が合併し、今の匝瑳市になっています。
人口は4万人程度と、あまり多くない地方の小都市といった感じ。
植木の栽培が日本一なのだとか。。。
俳優で活躍された地井武男さんや、ミスター珍プレーこと宇野勝さん(元中日)の出身地。

PC145285.jpg

PC145286.jpg

駅舎の前にあった水道。
ここで水を飲む人もいないでしょうね…。

PC145288.jpg

八日市場は、旭・銚子方面の下りホーム側に駅舎があり、これが2番線。
対面の成東・千葉方面の上りホームが1番線。2面2線。

PC145291.jpg

1番ホーム側から見る、八日市場駅の木造駅舎。
大柄な駅舎で、おそらく古いんですが、その古さを感じさせない小綺麗さでした。
結構印象も良かったかな。

PC145293.jpg

あとは東京方面に戻りながら、あと2駅ほど…。
続いては特急しおさいで移動です。8:11発。
(最初は八日市場駅に着いて5分後の折り返し列車で去ろうと思っていましたが、
駅前で撮影に時間をかけてしまい、乗れなかったので特急乗車は「仕方なく」です…)



続く


2015.12 千葉駅舎巡り~成東駅の木造駅舎
PC145246.jpg

東金から乗り込んだのは成東行き。
成東まではわずか2駅ですが、唯一の途中駅・求名(ぐみょう)で待ち合わせがありました。
4分間と微妙でしたが、せっかくなので駅前まで出てみます。
いかにも個人的に興味なさそうなログハウス調の簡易駅舎ですが…。

PC145247.jpg

求名駅(千葉県東金市求名)
1911年開業。駅舎はいつの竣工か不明ですが、おそらく比較的新しいものかと。
1974年に無人化されましたが、その後城西国際大学がすぐ近くに開校したことで
利用者が急増、1998年にホーム上に窓口を設置して業務委託駅として有人駅に復帰。

この求名駅も学生さんらが大勢利用しているようですね。
この時間帯の利用者は城西国際大学とは関係なさそうです。。。

因みに大学開校前は一日平均乗車人員500人台でしたが、今は2000人を超えています。

PC145249.jpg

ログハウス調の簡易駅舎があるのは駅の南東側。
大学があるのとは反対側になります。

PC145250.jpg

対向列車が到着です。
東金線が単線だということ、行ってみて初めて知りました。
東京近郊路線なので複線だとばかり…。

PC145252.jpg

はい、終点の成東に到着です。7:21着。
ここも高校生が多い。成東高校でしょうかね。
自分が小学生の頃、甲子園に出ていましたね、成東高校。
当時まだ弱小だった智弁和歌山に勝って初出場初勝利を挙げてます。

PC145253.jpg

成東駅(千葉県山武市津辺)
1897年開業。歴史は古い。1911年に東金から成東までが開業し、
総武線と東金線の乗り換え駅となりました。
2008年に駅舎リニューアルがあり、構えが洋風になったそうです。
写真を見ると、リニューアル前の姿が渋くて素敵なんですけどね…。

PC145255.jpg

駅舎の脇にひっそりとある、動輪と石碑。
千葉初の鉄道開設運動と、その誘致に生涯を捧げた安井理民という方の
功績をたたえた「魁の碑」だそうです。

PC145257.jpg

特急も停車する主要駅。みどりの窓口も完備。

PC145258.jpg

東金線は切り欠きの0番ホームから発着。
駅舎がある1番線は片面(+切り欠き)、それに島式ホームが一本あるので、
ホームは2面4線、ですね。

PC145260.jpg

成東7:27発の銚子行きで更に東進します。
まだまだ学生さんは多いです…。
4両編成の普通列車は学生さんで大いに賑わうのでした。



続く


2015.12 千葉駅舎巡り~東金駅と駅前風景
PC145210.jpg

続いては、しばらく千葉シリーズをお送りしようと思います。
昨年末、東京に用事があって関東入りした際、午前中の数時間だけ時間が取れたので
ちょっと千葉の木造駅舎を巡って来ました。

早朝に東京を出て総武線、外房線、東金線と乗り継いで、東金駅へ。
東京5:21発の始発で出て、東金に着いたのは6:38。1時間ちょい。意外と近い。

PC145212.jpg

東金駅(千葉県東金市)
1900年開業。東金市は近隣の山武エリアの中心都市で、駅はその中心部に位置します。
駅舎は大柄で立派なもの。有人駅ですが、かつてあったみどりの窓口はなくなり、
今は指定席券売機があるだけになっています。

2014年度、一日平均乗車人員は5,029人。

PC145216.jpg

駅舎がある西口は、古くからの駅前商店街が続いています。

PC145217.jpg

駅前商店街は、駅裏(東口)にショッピングモールができたことから、
苦戦を強いられているんだとか。
早朝の東金駅前商店街、100mほどの短いアーケード。

PC145219.jpg

やっぱり寂れてしまっているのでしょうか。。。

PC145221.jpg

PC145224.jpg

駅前商店街の突き当たりにある建物。
県道119号線沿いになります。

PC145226.jpg

その建物の脇から、東金駅方向を向いて撮影。

PC145232.jpg

商店街にあった秋葉旅館さん。
いかにもな、地方都市の駅前旅館。好きな佇まいです。

PC145234.jpg

東金での滞在時間は30分間。
そろそろ駅に戻ります。

PC145241.jpg

跨線橋から東口。市役所があり、今はこちらの方が発展しています。
駅舎はなく、構内跨線橋と並んである東西連絡跨線橋で西口へ渡る必要があります。
こうなると橋上駅舎化か、西口にも西口改札を作るかするべきなんでしょうね。

PC145245.jpg


朝7時の東金駅は、まだまだ通勤通学で賑わいを見せていました。
そんな列車に乗りこみ、次の駅を目指します…。



続く