FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.4 伊那佐郵人で昼食を
P1017208_202002290040165ab.jpg

P1017209_202002290040177d5.jpg

P1017211.jpg

P1017217_20200229004031433.jpg

P1017219.jpg

P1017223_20200229004033af9.jpg

P1017226_202002290040350ae.jpg

P1017237.jpg

P1017242.jpg

P1017246_20200229004051d62.jpg

P1017247.jpg

伊那佐郵人とは、宇陀市にある旧伊那佐郵便局の建物を利用したカフェ。
建物は1934年築で素敵な木造建築。カフェ・レストランとして復活するにあたり、
外装・内装とも塗装など少し手が加わっていますが、味のある物件かと思います。

食事をする場所ですが、普通のレストランと違って「日替わりシェフ」なる制度になっていて
曜日や期間ごとに提供者が異なるという変わったシステムになっています。
HPもありますが、たぶんFacebookのページが分かりやすいかと。。。

https://www.facebook.com/inasacafe/

自分たちが訪れた日は、野菜をふんだんに使ったヘルシーメニューの定食が中心。
元郵便局で食べる、ちょっと一風変わったお昼ご飯でした。

内部には郵便局時代の小物なんかも残っていて、気ままな撮影なんかも楽しかったです。

このあとは宇陀松山の酒蔵を覗いて帰りましたが、その辺は省こうかと思います…。
2年前の2018年4月、伊賀・宇陀を巡った旅のシリーズは今回で終了となります。




スポンサーサイト



2018.4 新緑の室生湖の風景
P1017156.jpg

4月の鯉のぼり。ちょっと早いかな…?でも20日くらいだったら出てて普通でしょうか。

室生寺でシャクナゲを楽しんだ後は、ちょっと自分が気になるスポットへ。
湖面に木々が生える光景が見られるという、同じ室生地区の室生湖へやって来ました。

P1017164.jpg

室生湖は室生ダムのダム湖で複雑に入り組んだ形をしています。
この水没林が見られるのは、室生湖の真ん中あたりの北側、少し入江になった部分で
榛原ふれあい広場があるあたり。

P1017165.jpg

近年インスタ映えスポットとして人気が出つつあるとの情報も。
実際に現地でこの光景を目の前にすると、人気が出るのも頷けますね。
ちょっと日本離れしたような絵です。

P1017168_2020022900395651b.jpg

実はこの水没林があるあたりは水深が浅く、水が多い時期しかこの風景は見られません。

P1017170_20200229003958615.jpg

室生ダムは下流の農業灌漑のために春以降徐々に水位を下げていくので、例年だと
6月上旬がリミットだそうです。

P1017185.jpg

春の室生湖は濃淡様々な緑色が見られて眼に優しい。

P1017190.jpg

早朝には朝もやが出るようなので、今度日の出前に撮りに行ってみようと計画中です。

P1017198.jpg

広い芝生の、榛原ふれあい広場。

P1017207.jpg

ここは近鉄大阪線のすぐ近く。
特急列車が頻繁に走り抜けて行きます…。



続く



2018.4 室生寺しゃくなげまつり
P1017092.jpg

P1017093_20200229003904d85.jpg

P1017095.jpg

P1017106.jpg

P1017112_202002290039203b2.jpg

P1017115.jpg

P1017121.jpg

P1017133.jpg

P1017141.jpg

P1017147.jpg

P1017152.jpg

P1017154_2020022900394147a.jpg

御杖村の民宿ほらのもりさんをあとにしてやって来たのは、女人高野・室生寺。
室生寺と言えば石楠花(シャクナゲ)。それがちょうど見頃の時期ということで、
立ち寄るプランを組んでおりました。

例年の見頃は4月中旬から5月中旬ということで、ピークはGWあたりなんでしょうね。
自分たちは4月の20日頃だったので、まだまだ見頃の初期でしたが、いやいやそれでも
じゅうぶん綺麗に咲いていたと思いますね。
それにもみじの緑が美しく、シャクナゲの淡いピンク色との組み合わせも素晴らしい。

定番の五重塔とシャクナゲのひとコマも撮影。
でもって山門で尺八を吹く虚無僧の姿もインパクト大でした。

過去1度だけ社会人になり立ての頃に訪れたことがあるので、これが2度目の訪問。
シャクナゲの時期は初。やっぱり有名なだけあって、結構なお点前で御座いました…。



続く



2018.4 三多気への越境散歩
P1017031.jpg

旅の宿は、民宿ほらのもりさん。
以前家族旅行で滞在させて貰ったことがあり、今回が2度目の訪問。

ここは奈良県御杖村ですが、歩くとすぐ県境があって三重県美杉村になります。

P1017035.jpg

泊まった翌朝、朝ごはん前の時間で早朝散歩に出掛けました。

P1017039.jpg

美杉村にある桜と棚田の名所・三多気まで山里の道を歩いて約1.6kmということで、
往復歩きましたが、なかなかいい運動になりますね…。

P1017041.jpg

国道よりも標高の高いところを山の稜線に沿うように進む地元の道。
朝を迎えた谷の風景が清々しい。

P1017044_20200229003836820.jpg

茶畑のある散歩道。この辺はお茶の産地でもあるようです。

P1017046.jpg

春の芽吹き。初々しい緑色。

P1017047_20200229003847ca1.jpg

ゆっくり30分ほどかけて三多気に到着。

P1017051_202002290038480e7.jpg

4月も後半で緑が眩しい季節。4月20日頃ですかね。

P1017053.jpg

名所・三多気の桜はすっかり終わって普通の並木道になってました。
三多気は山間部で例年少し遅めなんですが、2018年の桜は鬼にように早かったので、
このタイミングでも完全に終わっていました。

P1017054_202002290038510d2.jpg

旅の計画を立てた時は桜が見れるかと期待してたんですが、思いっきり空振りでした。
もうツツジ咲いてるし…。

P1017057_20200229003852b0e.jpg

かろうじて桜が残る木を見つけましたが、これで三多気の桜を見た…、
とはちょっと言えませんかね…。
棚田とのコラボをちゃんと撮影しに来たいスポットです。



続く



2017.12 和歌山線めぐり 第9回(最終回) 五條の商店街を歩く
P1013241_201903241030208f3.jpg

和歌山線めぐり、今回が最終回。五条駅まで歩いて終わりです。
前回記事の終了地点、新町口交差点から振り返る新町通り。
名残惜しくてついつい撮影。しかしホントに素晴らしい空間です。

P1013242_201903241030216fd.jpg

国道168号線から東側は町名が五條に。
国道の一本東にある商店街を歩いて駅を目指します。

P1013249.jpg

南北に伸びる商励会通り商店街。
中小商店が軒を連ねる、古くからの商店街。

P1013250.jpg

かつては全蓋式アーケードがあった通りのようですが、
今は老朽化からか撤去されています。

P1013252.jpg

駅に向かって上り坂。信号があるのは国道24号線の商励会通り交差点。
以前はこの交差点までアーケードだったみたいですね。
商励会通り商店街は交差点を越してまだ先に続きます。

P1013253.jpg

商励会通り交差点の手前右、坂道の途中にある元たばこ屋さんの佇まいが素敵。

P1013258_201903241030377ab.jpg

荒谷薬局さん。足元のお洒落。

P1013264.jpg

古い看板が集まっているとどうしても撮りたくなります。

P1013267_20190324103048892.jpg

商励会通りの坂を上りきったあたり。
この辺はシャッターが目立ちます。

P1013271.jpg

古い家が密集したところにニョキっと生えた煙突。
アクセス路が分からずにこの写真を撮っただけになりましたが、
こちらは栄湯という銭湯だったみたいです。
激渋銭湯でまだ現役みたいなので、機会を見て入りに行きたいところ。

※商励会通りから商栄会通りに右折するところ、少し左折した場所にあります。

P1013274_2019032410305126c.jpg

栄湯の前から東方向。
右手から商励会通りが来て、正面の商栄会通りに入るのが正規の?ルートです。

P1013282.jpg

商栄会通り商店街の酒屋でちょっと買い物をして、県道170号線との須恵交差点へ。
駅はここを左折ですが、商店街は交差点の先にも続いていました。
正面に見える清酒・五神のアーチがある場所の先に、五條酒造さんがあるようです。

P1013283_201903241030540f6.jpg

自分はそのまま五条駅へ。
この駅前通りは前回の旅で少し歩いています。

五条からは和歌山線、関西線経由で大阪に帰還して終了。
夕方から用事があったので、昼過ぎに切り上げとなりました。
2度目の和歌山線も思いっきり楽しむことができたかと。
あとは見残しの総ざらいで3度目もアリ、ですかねぇ…。

次回からはまた別シリーズになります!