懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011.1 香港・湾仔 裏路地の市場
P1163809.jpg

P1163815.jpg

P1163817.jpg

香港島の繁華街の一つである湾仔。
移民局など主要施設がありますが、南側の一帯には細い路地があり、
ごちゃごちゃとした露店が並んでいます。また、玩具屋が多かったりします。


日本への帰国が決まり、漠然と「香港の記録をもっと残さねば」と思っていましたが、
帰国までの日数があまりない上に仕事の引き継ぎあり、引っ越し関連でいろいろあり、
なかなか時間が取れない感じです。

うーん、もう少し余裕が欲しい…。


スポンサーサイト
2010.2 国宝・彦根城とひこにゃん
2年前の早春、彦根城を訪れました。

彦根城は国宝指定を受けた四城の中の一つです。
(姫路城、彦根城、犬山城、松本城)
これで残すは姫路城だけになりました…。

P2270975.jpg

外堀の外側にある駐車場に車を停め、城内にある彦根東高校前を過ぎて歩くと
お城への入口があります。
ここらは屋形船があってお堀を遊覧することができます。

有料区域の入口から城内へ入ろうとしたんですが、その前に人だかり。
何かと思ったら、あの有名なゆるキャラ「ひこにゃん」が登場する時間だった模様。
ひこにゃんが現れるのは有料区域入口の正面に建つ御殿です。
せっかくだからちょっと見ていくことに。

P2270977.jpg

P2270976.jpg

イメージでは、ひこにゃんが普通に出て来てお客さんと記念撮影でもするのかと
思ってましたが、実際はひこにゃんは舞台の上で愛嬌を振りまくのみで
それをキャーキャー言いながら撮影する若干異様な撮影会でした。
周囲の盛り上がりっぷりに、わりと引きました(苦笑)

P2270981.jpg

苔むした石垣が萌えます。
ひこにゃんよりもこっちのが萌えます…。

P2270982.jpg

いざ城内へ。

P2270983.jpg

彦根城は関ヶ原の戦い後、1604年から築城されています。
もともと彦根には石田三成の佐和山城がありましたが、関ヶ原後に当地に封ぜられた
井伊直政がこの地に彦根城を築城、1622年に完成したそうです。

P2270985.jpg

現在は国宝指定を受けている彦根城ですが、かつて明治時代には解体の危機もあったとか。
明治天皇の一声で解体は免れたそうです…。

P2270990.jpg

P2270993.jpg

彦根城は1622年完成ですが、実は天守は1606年には完成していたようです。
ということは…?現在の時点で築…、406年?でしょうかね。
これまで計5回の大改修を経ています。

P2271001.jpg

最後にお城の北東にある玄宮園を見に行きました。
彦根城を借景にしたキレイな庭園。。。

本来なら城下町の方も散策したかったんですが、時間が無くて割愛…。
またの機会に再訪したい彦根です。



異動になりました…
06071611苔の美しい庭園2

今日風邪で会社休んでたんですが、夕方上司から電話があって
4月から帰国、大阪勤務になったと知らされました。。。

「まったく…」という感じの通知の遅さ。
海外でも一週間前か。

実際後任が来て引き継ぎして…、いろいろあるんで帰国は4月半ば以降になるとは思いますが。

でも我が家は6月に第二子出産予定だったし、急いで病院探さんといかんし…。

今日は「あれはどうする?これは?」と頭の中だけで大慌てで実際なにもせず。
風邪も悪化しましたわ。

何より週末に大阪で妹の結婚式があるから、明日の便で一時帰国するんですけど!!
どーすんでしょーか。



駄文失礼しました。。。
(気分転換にテンプレート変更しました…)


2010.2 鳥羽畔蛸の民宿と渡鹿野島
ちょっと海の幸でも食べに行くか、と鳥羽の漁村にある民宿へ…。

鳥羽市の東側はリアス式海岸になっていて、入江に難読名の集落が点在してます。
相差(おうさつ)、国崎(くざき)、石鏡(いしが)など。
今回選んだのは、畔蛸(あだこ)集落にある民宿・伊平屋荘さん。。。

P2130904.jpg

鳥羽展望台(三重県鳥羽市)
鳥羽のリアス式海岸を臨む展望台。
かつてパールロードという有料道路だった現三重県道128号線沿いにある。
鳥羽一郎・山川豊が歌った「兄弟酒」の歌碑が大きい…。

P2130911.jpg

夕方、陽が落ちた後に到着した鳥羽は畔蛸漁港です。

P2130927.jpg

その漁港のすぐ前にある民宿・伊平屋荘さん。

P2130928.jpg

こんな船盛りを食べたのは初めてかも知れません…。
伊勢海老に平目に…、あといろいろ。
特に平目は一生分食べたかも知れません…。
地酒を飲みながら楽しませて頂きました。



さて次の日。

ちょいと気になっていた島へ渡ってみることにしました。

P2140958.jpg

P2140959.jpg

渡鹿野島(三重県志摩市)
的矢湾の沖に浮かぶ人口300人弱の島。「わたかの」島
古くから地形から風待ち港として栄え、同時に遊郭街としても賑わう。

P2140966.jpg

実は現在でも風俗産業が一方で有名であり、島内にいくつかの斡旋所があるとか。
今回歩き回ったのは昼間だったからかそれらしいものは分かりませんでしたが、
客引きや呼び込みにはついて行くな、という看板はありました。
島内人口の9割以上が第三次産業に従事し、20代の若い女性の人口の割合が
際立って高いことからも、それなりに想像はできますね。

P2140965.jpg

島としては海水浴場もあるので「家族連れでも来られる島」というのを
アピールしたいらしいですが、どれだけ効果があるのかは…?
島にあったホテルでトイレを借りましたが、濃厚な廃墟感が漂ってました…。

P2140967.jpg

まぁ要は怪しい雰囲気が漂う島なんですが、行政の希望通り家族連れで訪問してみました。
適度な大きさの島なので歩き回るのにちょうど良かったですよ。

島へ渡るのは2つの方法があり、メジャーなのは阿児町国府地区から出る
有料の民間定期船。今回はこれを利用しましたが、夜の運賃が高いのが怪しいです。
もう一つの方法は、島の裏側に着く県道船。
磯部町三ヶ所、磯部町的矢の2か所から出る無料船で、三重県が運営。
時間が設定されてるのは1日6便ながら、対岸から見つけて貰えれば随時乗れます。


今思えばとても独特な雰囲気がある島だったように思います。
廃墟のようなボロアパートが点在してましたし。
島外から風俗業の為に住み込みしている人が住んでるっぽいです。

もうちょっと写真に残しておけば良かったと思いました…。
まぁ、もう行かないと思いますけど…。



2010.1 笠間稲荷神社で初詣
P1030805.jpg

笠間稲荷神社(茨城県笠間市)
茨城県初詣参拝客No.1を誇る稲荷神社で、日本三大稲荷の一つに数えられるも、
日本三大の定義には諸説あって何とも言えません…。
京都伏見は確定、次に多分愛知の豊川稲荷もそうだろうけど、
その他の候補が意外と多い。佐賀の祐徳稲荷、ここ笠間稲荷あたりが有力なのか…?

661年創建と、歴史は非常に長い。
上の写真の本殿は1860年に建てられたもので、重文指定。

P1030807.jpg

今回の笠間行きは、嫁さんの実家がある栃木の益子から県境越えて結構すぐなので。
(電車でのアクセスもokで、JR水戸線の笠間駅から2km、徒歩20分ちょいの距離。)

初詣恒例のおみくじ、人生初の凶を引き当てた記念すべき神社です。
そしてこの3か月後に香港行きの辞令を受けることに…(笑)

P1030810.jpg

門前町にあった清酒・松緑の蔵元、笹目宗兵衛商店さん。
代々笠間稲荷の御神酒を提供しているそうです。
試飲するもあまり個人的には惹かれず、でした。残念。

P1030814.jpg

ついでに寄った笠間工芸の丘。
こちらは気軽に陶芸に触れられる体験施設。
まぁせっかく笠間に来たんで笠間焼でも見るか、と立ち寄りました。

登り窯が1基ありましたが、去年の東日本大震災で崩れてしまったようです。
ここだけでなく笠間にあった計7基の登り窯全てが崩壊したようですが、
ちょうど一年経った今年3月、そのうち1基に復活の火が入るというイベントがあった模様。

P1030822.jpg

工芸の丘にやって来た目的はこれ、焼き物市。
焼き物の器やお猪口など、結構好きなんで、いいのがあったら買おうかと…。

P1030832.jpg

なんか気に入った可愛いお猪口を購入。1500円くらいだったかな?
日本酒好きなもんで…。。。

これで新年のお酒をたらふく頂きました…。