FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.9 東京熱海逍遥 第11回 函南駅で途中下車
P9302668.jpg

熱海から全長7.8kmの丹那トンネルを抜けたところにある、函南駅で途中下車です。
台風が来ているというのに…。

P9302667.jpg

函南駅(静岡県田方郡函南町)
1934年、上述の丹那トンネル開通に合わせて開業。
駅舎は開業当初からの木造駅舎ですが、綺麗にリニューアルされています。

P9302669.jpg

函南町にある函南駅ですが、駅は町の北東の外れに位置していて、
駅周辺はちょっと寂しい感じ。
それでも2012年の一日平均乗車人員は1973人もいて、利用者は多いようです。

P9302674.jpg

ホームは島式。

P9302675.jpg

跨線橋から駅前風景。ホント、何もないですよね。。。
ここから1kmほど離れた場所に「新幹線」という地名があるのを以前テレビで見ましたが、
ちょっとこの時には訪問する時間がなかったです…。

P9302676.jpg

ホームから東方面(三島方面)。

P9302677.jpg

滞在時間はわずか10数分。後続の列車に乗って新幹線停車駅の三島へ移動します。


続く


2012.9 東京熱海逍遥 第10回 熱海散歩~渚町と福島屋
P9302609.jpg

熱海散歩の最終回は、起雲閣から熱海駅へ戻る途中に歩いた、
海沿いの渚町エリア、そしてひとっ風呂浴びた福島屋旅館さんの紹介です。

起雲閣から渚町に入ると、上の写真のようなトタン張りの家屋が目を惹きます。

P9302615.jpg

海沿いの道の一本内側を平行する通りを歩くと、海沿いの道とをつなぐ路地に
多くの飲食店やスナックが立ち並んでいました。

P9302611.jpg

P9302619.jpg

熱海の渚町は、いわゆる青線地帯だった飲み屋街。
(糸川は赤線です)

P9302620.jpg

P9302622.jpg

熱海人気が凄かった昭和の時代には多くのお客さんが訪れていたことでしょう。
ピーク時(昭和50年ごろ)と比べると、今の熱海の観光客はおよそ半減だそうです。
温泉資源は昔と変わらずあるので、官民挙げての努力で過去の賑わいを取り戻してもらいたいところ。

P9302631.jpg

丸窓に貝殻の装飾が可愛らしい感じ。

P9302640.jpg

熱海に来たからには温泉に入らなければなりますまい。
共同浴場もたくさんある熱海、今回は往路で前を通った駅近の福島屋旅館さんへ。

P9302642.jpg

福島屋旅館さんは明治初期に営業開始という、歴史ある温泉旅館です。
現在の建屋は1944年の大火で焼失した後に再建した木造モルタル製のもの。
館内には「昭和」が色濃く残っていて、どこか懐かしい、落ち着いた雰囲気。

P9302644.jpg

<福島屋旅館 日帰り入浴>
営業時間 :11時~19時
入浴料   :大人400円、小学生200円、乳幼児100円

P9302646.jpg

裸電球がぶら下がる木造の脱衣所が素敵。
先客がいらっしゃったので写真はほとんどありませんが、、
掛け流しの湯音を聞きながら熱海のお湯を楽しませて頂きました…。

P9302655.jpg

再び熱海駅前へ戻ってきました。
日曜のお昼時、駅前の仲見世通りに人影はまばら…。
実はこの時日本列島に台風が接近中でして、観光してる場合じゃない状況なのでした(笑)

P9302656.jpg

プランではこの後に岳南鉄道に乗りに行くことにしていましたが、新幹線がいつ運転見合わせになるか
予断を許さない状況だったのでこの先の予定は撤回…。
岳南鉄道は次の機会に…、と思っていたのですが、これから2年近く経つ今(2014年)になっても
まだ訪問を実現できていないので焦っています。

さて、熱海からもう新幹線で帰阪するのか、と思わせといて最後の悪あがきがあります。。。



続く


2012.9 東京熱海逍遥 第9回 熱海散歩~起雲閣
P9302568.jpg

P9302595.jpg

P9302570.jpg

P9302578.jpg

P9302583.jpg

P9302584.jpg

P9302586.jpg

P9302591.jpg

P9302596.jpg

起雲閣(静岡県熱海市)
1919年に別荘として誕生。かつては岩崎別荘、住友別荘と並んで熱海三大別荘に数えられる。
1947年からは旅館として営業され、多くの文豪にも愛されていたとか。
2000年に熱海市所有となり、市指定有形文化財として一般公開開始。

和洋折衷の洋館の数々や、採光性に優れ明るくてタイルも美しいサンルームなど、
見どころはたくさん。ボランティア?のガイドさんがいていろいろ話を伺え、勉強になりました。

見どころの詳細は下記HPをどうぞ。
http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=900

今回はなかなかの手抜き記事になってしまいました…(苦笑)
長い熱海ネタですが、次回で終わりにしますね…。



続く



2012.9 東京熱海逍遥 第8回 熱海散歩~糸川花街跡
P9302532.jpg

熱海銀座から糸川を渡り、中央町へ。
ここらへんはかつての赤線跡。糸川花街と呼ばれたエリアになります。

P9302535.jpg

熱海第一交通タクシーさんの建屋も、それっぽいです。

P9302540.jpg

そしてこのあたりが糸川花街の中心と思われる場所。
重厚な感じのカフェー建築が残り、一種異様な雰囲気が漂っています。

P9302542.jpg

側面から見ると「つたや」の屋号が確認できますね。
角にはかすれた花の紋章あり。とても迫力のある遊郭建築。
こんなのが普通に残ってるのはすごいと思います。。。

P9302543.jpg

こちらは「つたや」の向かい側。鷲(?)の模様が素晴らしい。

P9302555.jpg

鮮魚魚金。左から読んだら良いんですかね??
右から読むと金魚魚鮮…?やっぱ左からですね。

P9302562.jpg

糸川花街跡を堪能した後は、更に南へと歩を進めて行きます。

P9302563.jpg

普通の道沿いにもこんな惹かれる建築がちょいちょいあるんですねぇ。。。
熱海散策楽しすぎます。

こちらは何とか所?と薄っすらと見えますが、何だったんでしょう。。。

P9302566.jpg

次回も引き続き熱海です~。



続く


2012.9 東京熱海逍遥 第7回 熱海散歩~熱海銀座へ
P9302484.jpg

熱海駅に降り立ちました。。
乗り換えでは何度も利用したことはありますが、駅の外に出たのはこれが初めてです。

熱海は、昔は新婚旅行のメッカ(死語)だったこともある、言わずと知れた温泉地。
そんな熱海には自分好みの昭和の町並みが残っているという情報をどこかで入手し、
いつか機会があれば…、と思っていたのであります。

P9302489.jpg

今回は約3時間滞在する予定で町歩きをしてみました。
まずは駅前右手にのびる熱海駅前平和通り商店街のアーケードから。
駅からはずっと下り坂が続きます。
熱海は平地が少なく、斜面に温泉宿が並ぶ立体的な町を形成しています。

P9302490.jpg

同じく平和通り商店街にて。駅前ということで、観光客相手のお店が多い印象。
アーケードの裏手の路地もなかなか面白そう。

P9302495.jpg

アーケードを抜けると駅前のメインストリート・県道103号線と合流。
県道103号沿いにあった三景荘さん。全室海一望。
看板からそこはかとなく滲み出る昭和の香り。これから始まる町歩きへの期待が膨らみます。

P9302500.jpg

三景荘さんの脇にあった階段を下りたところ。下から撮影。
熱海駅界隈は高台の斜面に位置していて、ここから道はクネクネとカーブを繰り返しながら
平地へと下って行きます。そしてクネクネ道を繋ぐ階段が、あみだクジのように配されています。

P9302501.jpg

階段を一度下りてもまだ高い。眼下に海が見えます。

P9302504.jpg

田原本町。裏通りには打ち捨てられたような小屋も。

P9302512.jpg

再びメインストリートに合流し、町の中心部(?)へと下って行きます。
こんな感じの急な坂に、土産物屋さんが並びます。

P9302518.jpg

坂の途中にあった古い旅館は、福島屋旅館さん。
もちろん温泉宿で、日帰り入浴も可能です。

P9302520.jpg

坂道を下りきったあたりにある熱海銀座の町並み。
屋根付きの歩道がありますが、結構幅が狭い…。

P9302522.jpg

熱海銀座の途中にあるロマンス座(閉館)。
温泉地として全盛期の頃には熱海に8つもの映画館があったそうですが、
時代とともにその数は減り、このロマンス座が熱海最後の映画館として残っていましたが、
2010年にこちらも閉館してしまった模様です。

P9302525.jpg

銀座のロマンス座の路地を抜けた先に、東京発見。

こんな感じで、熱海散策は続いて行きます…。



続く