懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.9 東海道・舞阪宿を歩く~後編
P9149732.jpg

ここはまだ旧東海道筋の南側の通り。
こんな鏝絵があるお宅を発見。これも宿場町で栄えた頃の名残でしょうか。

P9149733.jpg

岐佐神社の近くの町並み。

P9149737.jpg

岐佐神社のところで旧東海道筋へと出ます。

P9149739.jpg

P9149740.jpg

P9149743.jpg

商店が点在する旧街道。商店街と呼んで差し支えありませんね。
お店はお茶屋さんとしらすのお店が多かったかな…。

P9149748.jpg

圧倒的な迫力なんかはありませんが、落ち着いた街道筋でした。

P9149751.jpg

旧東海道は新町交差点で国道1号線を越えると松の並木道になります。
車は東向きの一方通行のようです。

P9149752.jpg

間違いなくここは「東海道」。

P9149755.jpg

松並木は維持管理がなかなか大変ですから、
こんな見事な並木が維持されているのはすごいなぁ、と思いましたね。

さて、この並木を抜けたところで友人と合流して車で移動したため、そこで散策は終了に。
舞阪駅を目指して歩いていたんですが、結局駅までは行きませんでした。

というわけで、舞阪の散策記録はこれにて終了。
そして2014年の記事もこれにて終了とさせて頂きます。
今年も一年、拙ブログを見て下さった方、どうも有難う御座いました。
2015年も同じ感じで続けて行ければと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

それでは、皆さま良いお年を!!



スポンサーサイト
2013.9 東海道・舞阪宿を歩く~前編
P9149706.jpg

昨年9月、浜松に住む友人宅を訪ねて行った時のネタです。

大阪から近鉄特急で名古屋へ行き、名古屋からは名鉄で豊橋へ、
そして豊橋からはJRという3社を乗り継いで浜松入りしました。
それなりに早く安くを追求した結果がこれなんですけどね。

P9149707.jpg

友人宅の最寄り駅は舞阪駅なんですが、題名のとおり旧東海道を歩いてみたくて、
ひと駅手前の弁天島駅で下車します。弁天島駅はホーム幅がやたら広い…!

P9149708.jpg

島式ホームからは半地下道で改札へ。
浜名湖弁天島温泉なるものがあるとは知りませんでした…。

P9149709.jpg

これが駅の入口。飾り気が一切ないですね。

P9149710.jpg

弁天島駅の遠景…?
線路は地面よりも少し高い位置にあり、改札なんかはその下に位置しています。
駅舎らしいものは何もないので写真を撮っても判りづらいですね。。。

P9149712.jpg

弁天島駅の南側、ここも浜名湖で良いんでしょうか?
湖面に鳥居が立っていますが、これはどこかの神社のものではなく、観光用だそうです。

P9149714.jpg

弁天島から舞阪宿へ橋を渡った先にある、弁天橋灯篭。

P9149723.jpg

舞阪漁港と水神宮。

P9149728.jpg

水神宮あたりから裏路地へと入り込んでみます。
港町らしい風情。

P9149729.jpg

古い木造家屋が多く残る、面白い路地でした。

P9149731.jpg

舞阪町役場の名前が残る「とびだし注意」の看板。
今は浜松市ですが、これは合併前、舞阪町だった頃のものですね。

この通りは旧東海道の一本南側の筋。
この先の角を曲がって東海道筋に出たんですが、
不覚にも舞阪宿脇本陣を避けるように歩いたようで見逃してしまいました…。
まぁ、面白い路地を歩けたからヨシとしますか。。。



続く


2013.12 神戸・春日野道商店街
P1085926.jpg

春日野道周辺の商店街歩きの続きです。
今度は駅の南側、春日野道商店街へ…。

P1085965.jpg

…、とその前に気になった高架下。工場や倉庫が埋まっている感じです。
ここは阪急の駅しかないですが、JRも並走しています。
写真は南側の高架なのでJRの高架下ですね。

P1085966.jpg

さて、改めてカモメが飛ぶ春日野道商店街へ。。。

P1085967.jpg

P1085970.jpg

ここは昔ながらの商店が今でも元気に営業中。
喫茶店なんかもたくさんあって、しっかり活きてるアーケード商店街です。

P1085972.jpg

約400mのアーケードの先は阪神の春日野道駅(地下)。
往来する人もなかなかに多い。
まぁ、ここで阪神と阪急を乗り換える人がいるとは思えませんが…。

P1085975.jpg

商店街の横道、西方向へと続く葺合センター街。

と、何故かここで写真終了です…(汗
めちゃくちゃ中途半端ですいませんが、これで終了となります…。

今年のアップはまだもうちょっと続けますので…。


2013.12 神戸・中西市場と大日商店街
P1085923.jpg

近場の散策ネタがどんどん溜まっていっているような気がするので、
次は神戸の商店街歩きの様子をアップしたいと思います。また兵庫ですが。

P1085927.jpg

今回歩いた大日商店街は阪急・春日野道駅の北側に東西にのびています。

P1085929.jpg

駅からすぐのところに口を開ける中西市場。
明るい…買いよい、中西市場。中をのぞいてみましょう。

P1085930.jpg

明るい…買いよい、中西市場??

P1085937.jpg

数軒だけが営業中のようです。

P1085938.jpg

赤ちゃん…。

P1085942.jpg

写真を撮ってるとお店の人から「カッコ良く撮ってくれよ!」とのお声を頂きました(笑)

P1085943.jpg

中西市場はL字に曲がって大日商店街の方に抜けます。
こちらが反対側(大日商店街側)の入り口。

P1085945.jpg

そして中西市場を出て東を向くとこの光景です。
大日6商店街。大日通6丁目の商店街。そのまんまです。

P1085948.jpg

アーケード内には「愛」や「莱」などの巨大な幕が垂れ下がっていました。。
こちらの商店街はまだ活気がありそうな感じでした。

P1085955.jpg

古い看板が目を引く商店たち。

P1085958.jpg

アーケードの東端にある銭湯・割塚温泉。

P1085960.jpg

東端から西を向いて撮影。こちらには大日商店会と書かれていますね。
写真の左側の建物が割塚温泉です。

P1085963.jpg

再び阪急・春日野道駅の方へ戻り、今度は駅の南側を歩きます…。


続く


2014.11 丹波篠山、河原町の古い町並み~後編
PB150152.jpg

丹波篠山、河原町妻入商家群の続きです。

PB150154.jpg

丹波には丹波焼があります。
知名度は高くはありませんが、日本六古窯のひとつと言われるほどの歴史を誇ります。

日本六古窯 : 瀬戸焼、常滑焼、越前焼、信楽焼、丹波焼、備前焼

PB150158.jpg

いくつかのお店をのぞき、手ごろなお値段の器をいくつか購入しました。

PB150160.jpg

この日は出発が遅かったのもあり、そろそろ日暮れが近づいて来ました…。
やっぱり遠出は早出しなきゃいけませんねぇ。

PB150161.jpg

どんよりとした暗い空と、夕陽を受ける町並み。不思議な感じ。

PB150166.jpg

河原町のわき道から階段を上ったところにある本経寺。その階段の上から。

PB150174.jpg

そのまま歩いて王地山公園へ。ここの紅葉はなかなか見事でしたね。
ここに来たのは園内にある王地山公園ささやま荘さんの温泉に入るため。

特別これといった特徴のない温泉でちょっと期待はずれではありましたが、
紅葉が見える露天風呂は視覚的になかなか良かったと思います。

PB150179.jpg

温泉から上がると、もう日没の時間でした。

PB150186.jpg

再び駐車場の方へ戻ります。もうほとんどのお店が閉まっている中、
昔ながらの文具店?本屋?から漏れる灯りが印象的でした。

PB150193.jpg

暖かな光がともる古民家。
日没直後の空はまだ若干の青みが残っていました。この時間帯も結構好きです。

PB150194.jpg

オリンパスのカメラは青が綺麗に撮れるのがウリだそうで。

PB150195.jpg

さすがにもう青みも消え行く河原町。

これにて篠山初訪問は終了となりました。
たぶんですけどまだ見残した町並みがありそうなので、今度はちゃんと調べて再訪したいですね。