FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 川西散策~チロリン横丁と小花町
P3127038.jpg

阪急宝塚線と能勢電鉄の乗換え駅、川西能勢口駅。
ちょっと時間があったので前々から行ってみたかった場所へ。。。

P3127043.jpg

駅から少し池田寄り、宝塚線の線路の北側にある、チロリン横丁と言う飲み屋街。
当ブログとリンクさせて貰っているブログ「まちかど逍遥」のぷにょさんが、
以前アップされているのを見て、機会があれば歩いてみよう、と思っていた場所です。

http://blog.goo.ne.jp/punyor/e/992ed90d5f602cf3eaac0e32875e7cb6
↑ まちかど逍遥 プロムナード脇のスナック街

P3127047.jpg

阪急電車の車窓からも見える場所にあります。
スナックがたくさん並んでいて、まだ昼間ですがカラオケの音が漏れ聞こえて来ます。

P3127051.jpg

三房荘さんの佇まいも素敵。
古びたアパートです。

P3127054.jpg

今度は線路をくぐって南側、小花町の方へ歩いてみます。
ところどころに古い民家が見られる住宅街です。

P3127065.jpg

新町湯という銭湯を探しながら細い路地に迷い込んだりしてましたが、
結局最後まで見つけられず。現場で地図を確認しなかったのが悪いんですけど…。
あとから地図を確認すると、結構近くを歩いてたんですけどねぇ。

P3127068.jpg

小花町を南北に抜く通り。
商店も点在しているところを見ると、この住宅街の中では主要道のようです。

P3127078.jpg

小学校の下校時刻。
観音寺の前を子供達が下校して行きます。

P3127080.jpg

小花共栄会公民館と、丸ポスト。水色と赤。

P3127082.jpg

最後に、川西能勢口駅の南東側にある、飲み屋が集まる区画。

P3127084.jpg

人とすれ違うのもやっとの細い路地にもお店がありましたが、入居者募集のようです。

P3127088.jpg

レトロ感漂う喫茶8エイトの前を抜けて駅へと戻るのでした。。。

見られなかった新町湯、できたら入りにまた来たいところです。



2014.3 河内堅上駅の木造駅舎
P3067029.jpg

最後に、久宝寺から関西本線に乗り、県境の駅・河内堅上駅にやって来ました。

P3067015.jpg

河内堅上駅(大阪府柏原市)
1927年開業。1911年から青谷信号所として存在しており、1927年に駅に昇格。
2012年度、一日平均乗車人員は467人。
大阪と奈良の県境の山あいに、ひっそりと佇む木造駅舎です。

P3067005.jpg

駅前は離合も難しそうな細い道路。
正面から引いて駅舎を撮影するには広角レンズが必要でしょう。

P3067000.jpg

八尾駅管理の業務委託駅。

P3067016.jpg

この青いホーロー駅名板(←勝手に命名)が、いいアクセントになっています。

P3067020.jpg

駅舎の正面は、中野春吉商店さん。酒屋さんかな…?

P3067022.jpg

1番ホーム、王寺・奈良方面の看板は年代物っぽいですね。
因みに駅舎がある1番ホーム、王寺・奈良方面が上り、
反対側の2番ホーム、天王寺方面が下りとなります。

P3067026.jpg

跨線橋から見る木造駅舎。
上から見ると、赤い瓦屋根の色落ちが目立ちます。
長い年月、日差しや雨を受け続けたんでしょうね。

P3067031.jpg

2番ホームから木々の向こうに大和川。
この駅は桜の木がわりと多く、春にはまた違った姿を見せてくれそうです。
今年機会があったら行ってみようかな…。

P3067030.jpg

関西本線(大和路線)、大阪への通勤路線に残る貴重な木造駅舎を訪ねました。




2014.3 大阪八尾・久宝寺寺内町の町並み
P3066954.jpg

久宝寺寺内町エリアに入りました。

P3066958.jpg

ここは室町~戦国時代に寺内町として整備されており、約450年の歴史を誇ります。

P3066959.jpg

かつては濠に囲まれたいわゆる環濠集落となっていて、
いくつかの門をくぐって出入りしていたんだそうです。

P3066961.jpg

エリア内は、東西7本、南北6本の道で碁盤の目になっていて、
水路や土塀、蔵などが至る所に見られる、散策に持ってこいの場所だと思います。

P3066967.jpg

水路のある通りの先に、火の見櫓が立っていました。

P3066972.jpg

格子を残した古い家屋が連なる通りはどれも魅力的。
道が整然としているので迷うことはないですが、どの道を歩くかを迷ってしまいます…。

P3066978.jpg

友井商店さんの角から東を向いて撮影。

P3066981.jpg

越前文光堂さんは歴史ありそうな本屋さん。格子窓が印象的。

P3066987.jpg

顕正寺(別名、久宝寺御坊)。
久宝寺寺内町は、このお寺を中心に形成されたそうです。

P3066989.jpg

顕正寺の北側、寺内町ふれあい館がある通り。

P3066990.jpg

許麻神社まで来ると、寺内町もおしまい。
ここは以前の記事で紹介したことありますね。

http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/blog-entry-911.html
2013.1 久宝寺駅と許麻神社界隈の風景

P3066992.jpg

このまま久宝寺駅まで出て、もう一か所だけ訪れたので、
今回のシリーズももう一回だけ続きます。



続く


2014.3 大阪八尾・久宝寺口駅界隈の風景
P3066919.jpg

弥刀駅の次の駅、久宝寺口駅で下車します。
高架の対面式ホーム。言ってしまえば、そんなに特徴のない、よくあるタイプの駅です。。。

P3066924.jpg

駅の真下には、久宝寺口駅ショッピングセンター名店街という一本道がありましたが、
営業していたのは数店舗のみ。。。

P3066925.jpg

久宝寺口駅(大阪府八尾市)
1925年開業。高架駅になったのは1970年のことだそう。
飾りっ気の全くない高架駅がドン。人通りは結構少ないです。

P3066927.jpg

駅の南端から南西の県道173号線に向かって続く、久宝寺口商店街。
こちらも人通りは疎らな、静かな商店街です…。

P3066928.jpg

商店街入口にあった、錆びたトタンと大きな看板。
でも看板は半分くらい手前のビルの影に隠れています。。。

P3066929.jpg

久宝寺口商店街。

P3066933.jpg

久宝寺口商店街。

P3066935.jpg

久宝寺口商店街。

P3066938.jpg

商店街は水路を渡ると住宅街に姿を変えますが、
ここ一帯の住宅はなにやら特徴的な家屋が多かったですね。
低い瓦屋根には、どこか沖縄っぽさを感じます。

P3066944.jpg

こんな立派なお宅も。
地図で見てみると、この筋は弥刀駅あたりからずっと続いているみたいですね。
何か古い街道だったりするのかな…。

P3066946.jpg

商店街からの道をそのまま真っすぐ、県道173号線も越えて進んで行くと…

P3066953.jpg

近鉄久宝寺口駅とJR久宝寺駅の中間に広がる、
久宝寺の寺内町エリアに入って行きます。。。



続く


2014.3 東大阪・弥刀の町並み
P3066876.jpg

ちょっと用事があって、東大阪市にある近鉄大阪線は弥刀駅にやって来ました。

まずは降り立った弥刀駅の紹介から。。。

P3066879.jpg

島式ホーム2本の2面4線。
駅舎は東西両側にそれぞれあり、構内踏切で連絡しています。
ただ、東口駅舎は下りホームだけ、西口駅舎は上りホームだけに連絡していて、
駅構内での上下ホーム間の移動はできないつくりになっています。

P3066881.jpg

弥刀駅(大阪府東大阪市)
1925年開業。写真は東口駅舎。いちおう木造駅舎なんですかね。

P3066882.jpg

2010年度、一日平均乗車人員は10,608人。
人口密集地帯にあり、長瀬駅ほどではないですが近大にも近く、利用者数も多いですね。

P3066886.jpg

東口の駅舎前を行く駅前通りは、ごちゃごちゃ感のある商店街。

P3066891.jpg

連合商店街、というみたいですね。

P3066893.jpg

昭和っぽさ満点の東口駅前の商店街風景。

P3066902.jpg

今度は踏切を越えて駅の西側へ。
この弥刀駅は上下線とも多くの列車が行きかう区間にあるにも関わらず、
駅周辺に橋やトンネルは存在せず、車では移動しにくそうなエリアですね。

まぁ、それは置いといて、住宅街の中で見つけたのがこちら、
「かなちゃん通り」という香ばしいアーケード商店街です。(写真は切れてますが…)

P3066905.jpg

正式名は金岡本通商店街。

P3066908.jpg

パチンコ屋は現役なんでしょうか…。

P3066911.jpg

使い古された表現ですが、時の流れが止まっているような静かな空間です。
でも弥刀地区を東西に結ぶ主要な通りのようで、自転車がわりと通ります。

P3066914.jpg

古い商店が今でも現役の姿を見ると、ちょっと安心しますね。

P3066916.jpg

再び弥刀駅に戻り、次の駅へ。。。
(今回から数回、続き記事になります。)



続く