懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 道明寺天満宮の梅園
P3177445.jpg

南大阪線と道明寺線の接続駅・道明寺駅に到着です。
こちらが道明寺線の起点。

P3177443.jpg

片面+島式の2面3線。
写真は北向きで、右が道明寺線の柏原方面、左が南大阪線の大阪阿部野橋方面。

大阪阿部野橋方面への急なカーブは、南大阪線で最もきついカーブだそうです。
というのも、柏原~道明寺~古市が最初に開通しており、
その後に大阪市内への線路が後付けで開通して南大阪線になったのが原因。
だから道明寺線の方が自然な線形で、南大阪線が急カーブになっているんですね。

P3177451.jpg

道明寺駅(大阪府藤井寺市)
1898年開業で、近鉄で最も古い駅のひとつ。
駅舎は2度の改築を経ていて、現在のものは1988年に改築された3代目。
特に魅力的ではないですね。外壁や三角形なところが、どこかJR四国っぽいです。

P3177453.jpg

道明寺駅前から続く、細めの商店街を歩いて行きます。
駅名から道明寺ってお寺があるんだろう、とあまりよく調べずに現地入りして、
道明寺天満宮があるんだ、ということを初めて知った次第。

P3177458.jpg

商店が密集。ゴチャゴチャとした感じがまた宜しい。
行き交う買い物客も結構多く、しっかりと生きている商店街で好感が持てます。

P3177459.jpg

商店街を抜けて軽い坂道を上がったところで、道明寺天満宮へ到着。
参道の脇にある建物がイイ感じ。かつては商店だったんでしょうかね。

P3177464.jpg

道明寺天満宮の拝殿。
この時はまだ3月上旬。桜はまだ蕾の状態でした。

P3177468.jpg

拝殿の裏手には梅園があり、こちらは梅の花がいい香りを漂わせていました。
ただ、ピークは過ぎてしまっていたみたいですね。
そもそも梅園があることも知らなかったので、見られただけでヨシとしましょう。

P3177471.jpg

それなりに観梅客もいましたね。
ピーク時にはなかなか壮観みたいです。

P3177472.jpg

と、こんな感じで、平野から気ままに巡ってきた河内散策は終了となります。
この後は南大阪線で阿倍野へ出て帰途に着きました…。

お付き合い頂き、有難う御座います。



スポンサーサイト
2014.3 柏原駅から柏原南口駅へ歩く
P3177407.jpg

こちらは柏原、黒田神社裏の路地。

P3177408.jpg

この「ニシキ」は何なのか…?

P3177409.jpg

柏原駅から西へと続いて行く、駅前大正通り商店街。
ヤラカス書店の名前に惹かれて一枚。

P3177411.jpg

同じく、駅前大正通り商店街。
車一台分の道幅。もちろん一方通行です。

P3177414.jpg

商店街の途中から南へ進路を変え、柏原南口駅を目指して歩きます。
再び平野川沿い。写真は北向き。南へ向かうと川は大和川に達します。
平野川沿いの風景は、落ち着いた下町の雰囲気ですね。

P3177422.jpg

まっすぐ南へ進むと、道は行き止まりに。
でも前方の堤の上に目指す柏原南口駅のホームが見えました…!

P3177423.jpg

駅へはこのレンガのトンネルをくぐって右折。
このトンネル、車一台通れるかどうか、ぐらいの狭さです。

P3177426.jpg

大和川沿いの道の方に、ホームへ上がる階段がありました。
片面ホームに、駅舎と呼ぶか分かりませんが小さな建屋がくっついたシンプルな駅です。

柏原南口駅。柏原と南大阪線の道明寺を結ぶ支線・道明寺線にある唯一の中間駅。

P3177428.jpg

ホームが高い位置にあるので、見晴らしは結構良いですね。
逆に周囲から自分の姿が見える、ということでもありますが。
上の写真はホームから北西、柏原市街地を向いて撮影。

P3177430.jpg

こちらは南東側。大和川がすぐそこです。

P3177432.jpg

駅にあった古い案内図。
ここらへんは近鉄南大阪線と大阪線、道明寺線、JR関西線が密集しているエリア。
ここから歩いて8分程度で、近鉄大阪線の安堂駅に行くことができるようです。

P3177435.jpg

柏原行き普通列車が大和川を渡って来ます。
ホームと同じ高い位置にある踏切は、大和川の堤防の上の道のもの。

わずか2駅で終点という短い道明寺線は、一編成によるピストン運行となります。
自分は道明寺方面へ行くので、この列車が柏原で折り返して来るのを待ちます。

P3177439.jpg

ホームから東方面。

P3177442.jpg

そしてやって来た道明寺行きに乗車。わずかひと駅の超ミニトリップとなりました。
結果、柏原~柏原南口は乗らず。
こうしてまたひとつ、歯抜けの未乗区間が誕生したのであります…。



続く


2014.3 大阪・柏原の古い町並みを歩く
P3177379.jpg

JR関西線(大和路線)で平野から柏原へ移動して来ました。
大阪府柏原市の代表駅。柏原はいろんな読みをする地名がありますが、ここはかしわら

【備忘録】
兵庫の柏原はかいばら、滋賀の柏原はかしわばら
ついでに奈良の橿原はかしはら

P3177380.jpg

柏原では駅の北西方面に古い町が残っていると聞き、歩いてみることにします。
まずは駅前の区画で見えた大柄な木造建築。(アパート??)
近づいてみたくてブロックの周囲を歩いてみたんですけど、道が見つからず断念。
きっと見落としたんでしょうけどね。

P3177381.jpg

駅の北西側、線路沿いにあった食品市場・栄吉は既に閉店されていたようです。
(結構閉店して間もない頃だったと思います)

P3177382.jpg

柏原駅のすぐ北の踏切、西一番踏切。
踏切の先(東方向)には、オカダ通りという惹かれる商店街がありましたが、今回はパス。
昭和21年創業という釘忠さんは老舗の建材屋さんだそうです。

P3177383.jpg

P3177384.jpg

踏切を素通りしてちょっと先を左折して歩くと、正面にお目当ての物件が現れました。
(前を行くおばさまは、西一番踏切での写真に写っていた方です。別につけた訳では…。)

P3177389.jpg

三田家住宅(大阪府柏原市)
1766年築。柏原の豪商の住宅。
かつて大阪との水運で栄えた時代があったんだそうです。
ここは江戸時代からほぼ手が加えられていない貴重な文化財。
1966年、国の重要文化財に指定されています。

P3177392.jpg

三田家住宅の裏手を流れる小さな平野川。
生活感に溢れた長閑な風景です。

P3177394.jpg

江戸時代の柏原は、この平野川を利用した水運で栄えたんだそうです。
今はただの水路にしか見えないですが、栄光の時代があったんですねぇ…。

P3177396.jpg

なんだか気に入った橋の風景。写真にするとイマイチ。
ここではスケッチをする学生さん?が数人いました。

P3177399.jpg

こんな平野川沿いの散策でした。。。

P3177401.jpg

柏原小学校前にあった、小さな黒田神社。

P3177406.jpg

更に柏原の町歩きは続きます…。



続く


2014.3 大阪・平野の町並み~後編
P3177337.jpg

平野散策の後編です。
サンアレイのアーケードを途中で離脱し、北の方へ移動して来ました。

P3177341.jpg

国道25号線に出ると、目の前に大きな鳥居が現れます。
こちらは杭全神社。杭全で「くまた」と読みますけど、難読にも程があります。

P3177343.jpg

せっかく来たので杭全神社へ参拝して行くとしましょう。

P3177348.jpg

こちらが拝殿。
862年創建の歴史ある神社。人が少なく、とても厳かな空気が漂う杭全神社でした。

P3177354.jpg

宮前交差点の南側の風景。

P3177356.jpg

同じく、宮前交差点の南側の風景。

P3177360.jpg

しばらく北西へ歩くと、巨大な拝殿を持つ大念佛寺が見えてきます。

P3177361.jpg

大念佛寺の門の前にあった、SONYアピールが凄すぎるお店。

P3177364.jpg

こちらが大念佛寺本堂。
1127年創建、日本最古の念仏道場だそうです。

P3177371.jpg

そしてそのまま北へ歩いてJR関西線(大和路線)の平野駅へ到着です。
駅舎は昭和なデザインの橋上駅舎。やはり面白みは無い、かな。
これは駅の南口。駅前通りのどんつきに、小ぶりなロータリーが整備されていました。

P3177374.jpg

近鉄バスのバス降り場前のお宅は、駅前ロータリーに面しているとは思えないくらい、
とても歴史ありそうな古民家だったのが記憶に残っています…。



続く


2014.3 大阪・平野の町並み~前編
P3177305.jpg

なんだか長編旅行記の合間に大阪ネタばかりを挟んでいるような気がしてきました…。
今回も、大阪市平野区の町歩きの様子をアップしてみようと思います。

地下鉄谷町線の平野駅から、JR関西線(大和路線)の平野駅まで、ふらふらと歩きました。

P3177308.jpg

個人的に下町のイメージが強い平野。
そんなイメージにぴったりの風景がそこかしこに。

P3177313.jpg

地下鉄平野駅から少し東へ歩いたところにある商店街、
その名も「平野地下鉄東筋商店街」を北に向かって歩いています。

P3177315.jpg

商店街がT字路にぶつかるあたり。

P3177309.jpg

緑青の壁が素敵でした。

P3177321.jpg

わかりづらいですが、「平野南海」の文字が見えます。
平野に南海?とこの時は何も知りませんでしたが、かつてここに南海平野線という
チンチン電車が走る路線があったんだそうです。
平野駅跡なんかもあったみたいですが、その存在自体を知らなかったため、訪問せず…。

P3177322.jpg

平野南海商店街の様子。
中小商店が軒を連ねております。

P3177326.jpg

平野南海商店街から東へ向かって、サンアレイ平野本町通商店街のアーケードが始まります。
でもそれより惹かれたのは、サンアレイと反対側にあった短いボロボロのアーケード。

P3177328.jpg

公共の商店街だから単車はエンジンを切って自転車は降りて通行しましょう!

P3177329.jpg

これはワクワクする模型店。。。
子供の頃に家の近くにこんなんあったら通ってたかも。

P3177333.jpg

こちらは小奇麗なサンアレイ平野本通商店街。歩行者優先です。

P3177335.jpg

アーケードの交差点で、旧街道の名残を発見。

平野の町歩きはまだ続きます…。



続く