懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第2回 花輪線の旅
P7253989.jpg

前回記事は言わば序章。今回からが本格的な北東北の鉄旅のスタートです。

まずは盛岡12:46始発の花輪線普通列車・大館行き(1931D)から。
花輪線の列車が発着するIGRいわて銀河鉄道のホームに、12:28入線。

以前の最北を目指す旅で、同じ1931Dの混雑っぷりを見て、かなり警戒していましたが、
乗ってみたら全然すいてました。。。拍子抜け。
同じ3両編成ですが、前は年末連休初日だったから混んでたようですね。

P7253990.jpg

盛岡駅であらかじめ買っておいたお弁当で昼食を。
同年(2014年)春からSL銀河(盛岡~釜石)が運行開始するのに合わせて製作されたという
新しいお弁当のひとつ、さんまかば焼き弁当(920円)。
いろいろ入ってるし、しっかり味で美味しい。酒のつまみにもなりますね。

P7253992.jpg

前に下車した厨川駅。駅舎は健在。
(といっても前回の「最北を目指す旅」から8ヶ月しか経ってませんが…)

盛岡大付の甲子園出場を祝う横断幕。ここが最寄り駅みたいですね。
この年の盛岡大付は後にソフトバンクから1位指名を受けた松本裕樹を柱として、
初戦で優勝候補・東海大相模に競り勝って見事に同校・夏の甲子園初勝利を上げました。
前評判が高かったので勝ったことに驚きはありませんが、
結局この一勝止まりだったのは物足りない感が否めないですね。。。

…とまあ、高校野球の話は置いといて。

P7253994.jpg

続く渋民駅も訪問済み。駅舎もそのまま。

P7253996.jpg

IGRいわて銀河鉄道から花輪線が分岐する好摩駅で、5分の待ち合わせ停車があったので
もちろん駅外へ。駅舎は残念ながら橋上駅舎。

P7253997.jpg

P7254000.jpg

好摩駅でのお目当ては、前の旅で非常に気になったこの駅前食堂&旅館の高田屋さん。
清く正しい駅前食堂の佇まい。お昼時なんですけど営業されていませんでした…。
調べると現役みたいなのでホッとします。

好摩で待ち合わせていたのは同じ花輪線の盛岡行き快速八幡平。
その列車から大急ぎでこちらに乗り換えて来たお客さんが一名。乗り過ごしかな?

P7254011.jpg

好摩からはいよいよ花輪線。全て未乗区間なので車窓に釘付けです。
進行方向左手には岩手山の堂々とした姿が。

P7254013.jpg

好摩の先でこれくらいの乗車率。
ガラガラではありませんが、すいてますね。
ローカル線の旅にしてはストレスがない程度の絶妙な混み具合かと。

P7254015.jpg

木造駅舎が残る大更駅。ここは残念ながら訪問プランが組めなかったのでスルー。

P7254017.jpg

明るいエンジ色の屋根を持つ、安比高原駅。
周囲には白樺が多くあり、高原っぽさ満点…?

P7254028.jpg

一気に八幡平まで北上し、ここで最初の途中下車を敢行します…!



続く


スポンサーサイト
2014.7 鉄旅北東北 第1回 仙台空港アクセス線
P7253964.jpg

今回から新たにスタートする旅行記は、昨夏に北東北を鉄道でめぐった旅の記録です。
3泊4日の旅でまた長くなりますが、どうぞお付き合い宜しくお願い致します。

まずは伊丹空港から仙台空港へ一気に飛びます…。
天気はとても良く、山並の向こうに富士山の姿も見ることができました。

P7253966.jpg

何事もなく着陸した仙台空港。
ここからは仙台空港アクセス鉄道で鉄旅がスタートします。

P7253968.jpg

仙台空港駅改札口にて。
東北夏祭りのひとつ、仙台七夕まつりの飾りが迎えてくれました。
七夕まつりは毎年8月6日前後、この時は7月末なのでお祭り直前の週末でしたね。

P7253971.jpg

仙台行きのこの列車が1stランナー。
仙台空港アクセス線の列車はクロスシートなのが嬉しい。

仙台空港から路線は名取までで、そこから仙台までは東北本線を走ります。
仙台空港~名取の線路を「仙台空港線」、そして仙台まで走る列車の愛称として
「仙台空港アクセス線」という呼び名がある、とのこと。ややこしいですね。

P7253972.jpg

線路は単線なので行き違いを待つ。美田園駅にて。

もとは名前のとおり仙台空港へのアクセス路線として開業した線ですが、
途中駅である美田園駅と杜せきのした駅の近辺も開発が進み住宅地が増えたことで
利用客が増えているんだとか。

P7253973.jpg

単線の高架線が名取駅へと下りて行きます。(先頭から撮影)

P7253977.jpg

名取駅は近代的で没個性的な?橋上駅舎でした。写真は東口にて。
ホント、橋上駅舎って記憶に残らないんですよね…。

P7253976.jpg

自転車あずかり所がいくつかあったのが一番印象に残っています。

駅界隈は開発途中で特に何もないガランとした感じでした。
因みに開発は震災前に始まったもので、震災は特に関係無いそうです。

P7253979.jpg

改札前に施されたステンドグラスは、名取駅から500mほどのところにあるという
「衣笠の松」という樹齢数百年の名木をデザインしたもの。

さて、仙台まで直通運転の列車を名取で一旦下車したのは、駅のためではありません。
東日本を巡るのに心強い味方となる「北海道東日本パス」を購入するため、です。
前回東北から稚内を目指した旅では大阪のJR北海道プラザ大阪支店で事前購入でしたが
今回は買う暇が無かったので、有効区間の最初の駅である名取で購入です。
(※仙台空港線は北海道東日本パスでは利用できません…)

P7253984.jpg

P7253986.jpg

いきなりですが、新幹線を使い、仙台から盛岡までワープします!
時間節約のため、そして次に乗るローカル線のダイヤのため、時間を金で買いました…。



続く



2015.6 大津・膳所の町を歩く~後編
P6020581.jpg

膳所の町歩き後編は、引き続き中ノ庄駅から。

P6020587.jpg

あっちにも京阪電車。

P6020591.jpg

こちらは小姓町踏切。三叉路の交差点の真ん中に踏切があります。

P6020594.jpg

小姓町踏切から南方面。

P6020598.jpg

再び旧東海道筋へ。
中ノ庄駅から北へ進んできたあたりは、商店街になっていました。

P6020600.jpg

P6020604.jpg

町歩きのゴール地点・膳所本町駅が見えました。
手前にある立派な神社は膳所神社。

P6020614.jpg

膳所本町駅に、たくさんの学生さんが吸い込まれて行きます。
駅へと続く通り沿いの古びた屋根付き商店街も魅力的。

P6020617.jpg

こちらが学生さんの供給源(?)、駅からすぐの膳所高校。
かなりの進学校ですよね、ここは。

P6020618.jpg

膳所本町駅前の商店群。もう現役ではなさそうな古い商店が多いです。

P6020622.jpg

大きくはありませんが、駅舎があり、駅員さんもいる主要駅。
これだけ高校生の利用があれば有人駅で然るべきですよね。

P6020630.jpg

学生さんたちで溢れ返るホーム。なかなかの迫力。
ここは千鳥式ではなく対面式ホームで改札前の構内踏切でアクセスします。
駅裏から来るとホームがすぐそこなのに一旦駅脇の踏切を渡って改札口を通り、
また構内踏切を渡ってホームに行かなければならない人も。

P6020632.jpg

そんな膳所本町駅で、今回の大津の町歩きはおしまいです。
今度は大津駅近くの東海道筋も歩いてみたいところ。
またのチャンスを伺っています…。

さて、次回からはまた長編旅行記のスタートとなります!
今度も長いので宜しくお願いします。。。


2015.6 大津・膳所の町を歩く~前編
P6020546.jpg

滋賀の方へ行く機会があったので、用事を済ませた後にちょっと町歩きを…。
前々から歩いてみたいと思っていた大津市の膳所界隈へ。
石山から京阪石山坂本線に乗り換え、瓦ヶ浜で下車します。

P6020551.jpg

瓦ヶ浜駅を南北に貫く通り。写真は南方面。

P6020553.jpg

瓦ヶ浜駅の下り(浜大津・坂本方面)ホーム。
この界隈は碁盤の目のように広がる住宅街の中を、
京阪電車がカーブを描きながらクネクネと進んでいきます。

P6020556.jpg

縦横の町に斜めに線路が走る場所が多いので、いろんな隙間から京阪電車が見えます。

P6020558.jpg

P6020559.jpg

瓦ヶ浜駅の少し西側の細道沿いに見つけた銭湯・福井湯さん。
好みの鄙びた雰囲気ではありませんが、利用客も多そうな銭湯。
前の駐車スペースもほぼ埋まっていました。

P6020563.jpg

恐らくここが旧東海道筋。

P6020569.jpg

北を向くと京阪電車が通過して行きます。

P6020570.jpg

落ち着いた町並みが続く街道筋を北に向かって歩きます。

P6020572.jpg

下校する学生さんの姿も多い、中ノ庄駅界隈。

P6020577.jpg

P6020578.jpg

次の中ノ庄駅へ到着。駅間距離は500mしかないので近いですね。
ホームは瓦ヶ浜駅と同じく千鳥式の配置。

P6020580.jpg

時計は18:30ですが、一年で一番日が長い6月、まだ散策は可能です…。



続く


2015.4 川崎市千鳥町の工場夜景を撮る
P3197608.jpg

ところ変わって京急川崎駅です。
新芝浦駅から国道駅に戻り、千代の湯に入ってから京急花月園前駅から京急川崎駅へ。

P3197611.jpg

さすが百万都市だけあって、駅界隈は都会ですねぇ。JRの川崎駅も歩いてすぐです。

川崎まで来たのは、題名のとおり工場の夜景を撮影するため。
数年前から「工場萌え」という言葉が市民権を得ていますが、
自分も一度撮影してみたいな、と思っていたのでした。

P3197614.jpg

で、その工場撮影スポットとして有名なのが川崎の臨海地区。
いい被写体があることもさる事ながら、ここの良さは車が無くても行けること。
川崎駅から市バスで浮島・東扇島方面へのバスが頻発しているので、
アクセスは極めて便利です。

P3197616.jpg

駅から目指す千鳥町エリアへはまあまあ距離があり、市街地を抜けるので
時間が結構かかりましたね。だいたい30分くらいでしょうか。
最初は満席だったバスも少しずつお客さんが下車して行き、千鳥町エリアに入る手前では
自分を入れて2~3人だけになっていました…。

自分は「JX日鉱日石エネルギー前」バス停で下車。ここにはコンビニがあるので、
何か買い出しする必要がある方はこちらでどうぞ(?)。
歩いて千鳥運河を渡ると、目的の千鳥町エリア。千鳥町は人工島です。

P3197618.jpg

千鳥運河に掛かる千鳥橋からの夜景。
最初に言い訳しておきますが(?)、自分はミニ三脚しか無いので、普通の撮影ができません。
数秒の露出が必要なシチュエーションではかなり苦労しての撮影となりました。
ですので、多少のブレには目を瞑って頂けると幸いでございます。

特にこの千鳥橋ですが、車が通ると小刻みに揺れるんですよね…。
大型車両が頻繁に通行しているので橋が揺れて揺れてブレブレ写真を量産し、
心が折れそうになりました…。

P3197626.jpg

千鳥橋を渡った先、線路が道路を越えて右手の日本触媒の敷地内へ入って行きます。

P3197631.jpg

うーん、ミニ三脚ではやっぱり撮りづらい…。
こういう撮影にはちゃんとした三脚が必要ですねぇ。

P3197632.jpg

同じく日本触媒千鳥工場前の踏切。

P3197639.jpg

サンアロマー川崎工場のプラント。
煙に見え隠れする設備の照明が格好イイ!
特撮映画のワンシーンのような雰囲気です。ゴジラ的な。

P3197653.jpg

日本触媒とサンアロマーの間の暗い道を歩きます。
写真は日本触媒側のプラント。手前に貨物線と柵があって撮影しづらいです。

千鳥町エリアの工場夜景は素晴らしいですが、道は暗いので注意が必要かも?
工場を出入りする関係者の方の車はありますけど、歩いてる人はほぼゼロですね。

P3197655.jpg

こちらはサンアロマー。

P3197656.jpg

ネット越しの日本触媒。

P3197671.jpg

千鳥町の北西角、日本触媒と市営埠頭の間から、日本触媒のプラントを撮影。
ここではミニ三脚を地面に設置し、シャッター速度15秒で撮ったもの。(ISO100、15秒、F7.1)
このポイントが一番印象的だったかな、と思います。

P3197669.jpg

同じ場所にある「とまれみよ」の踏切。
踏切の先、海沿いは川崎市港湾局の敷地内につき、立ち入ることはできません。

P3197678.jpg

日本合成樹脂のプラントは間近から見上げる感じ。
形が首の長い恐竜っぽく見えなくもない。(見えないか…)

P3197683.jpg

立ち入り禁止の柵のところから、市営埠頭と塩浜運河の対岸の水江町方向。
海沿いまで出られればミニ三脚でも対岸のプラントが撮影できそうだったんですが…、残念。

暗い中、1時間半くらいウロウロと歩き回っていました。
暗いので注意が必要、と書いておきながら、もしかすると自分が不審人物だったかも…?

撮影を楽しんだあとは、千鳥町の南寄りにある東電前バス停から川崎駅へと戻りました。
戻りのバス、平日と土休日でダイヤは違いますが、21時・22時台でも5~10分ごとに
走っているので非常に便利かと思います。

実際に撮ってみて、普通の三脚の必要性を痛感した訳ですが…、
さて、どうしようか、というところです…。

という感じで今回の神奈川ネタはこれにて終了です。