懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.11 玉手の町を歩いてみた
PB114138.jpg

掖上駅から大和高田方面にひと駅、玉手駅で下車です。
「たまで」と言えば大阪の玉出をまず連想してしまいますが、
玉手箱の玉手です。あ、「たまて」じゃなくて「たまで」ですが…。(ややこしいな)

片面ホームのみの棒駅。駅舎もありません。

PB114137.jpg

駅を出ると目の前に迫る高架道路。
これは京奈和自動車道(無料区間=国道24号指定)です。
駅前が更地なのは高速建設の影響ででしょうか…?

玉手駅は1989年、近隣にある御所工業高校(現・御所実業高校)への利便性向上のために
設置された駅。かなり歴史の浅い駅になります。自分よりも後輩です…?

PB114148.jpg

王寺から南へ向かう予定で、掖上駅訪問は決めていましたが、折り返しで訪問する
もうひと駅は正直決めていませんでした。掖上に向かう往路で見た車窓風景で、
玉手駅あたりが面白そうかと思い、下車駅に選んだ次第です。

PB114149.jpg

玉手駅の東側を南北に通る県道116号線沿いにあった石碑。
「たらいの森」というのは、赤子を洗った産湯のたらいを埋めていた場所だったから、
とのこと。(あとで調べました)
今は民家と民家に挟まれた場所に石碑だけが残っています。。。

PB114157.jpg

玉手集落の中で見つけた鳥居。
すぐ後ろに神社がある訳ではなく、恐らく"一の鳥居"的なものなんでしょう。

PB114158.jpg

お屋敷の塀に、水路が流れる風景。
思いの外、水がキレイ。

PB114161.jpg

古い集落に溶け込む鳥居が素敵です。

PB114164.jpg

PB114165.jpg

玉手駅の南東にある玉手の集落には、立派な木造家屋が多く立ち並び、
その間を縫うように細い道が通っていて、なかなかに散策が楽しい場所です。

PB114170.jpg

これまた素敵な丁字路。。。

PB114174.jpg

集落内の細道と、川越しに見える家並み。

PB114179.jpg

11月、線路沿いの田んぼの稲は既に刈り取られていました…。

PB114184.jpg

これにて玉手駅界隈の散策は終了。
約40分の滞在を終えて、再び南へと移動します。
訪問したのは3箇所ですので、次回で今回のシリーズはおしましです…。



続く


スポンサーサイト
2015.11 掖上駅の木造駅舎
PB114128.jpg

続いては同じく2015年11月、用事があって訪れた奈良県御所~五条エリアの写真を…。

PB114124.jpg

まずは木造駅舎の残る掖上駅で下車してみます。
(時間の関係で、立ち寄るのは3箇所だけです)

PB114122.jpg

掖上駅(奈良県御所市)
1896年に開業した駅で、軽く120年程の歴史を誇ります。
現駅名の掖上駅として開業していますが、1903年から1940年までは壺阪駅を名乗っており
1940年からは再び掖上駅に戻るという経歴を持っています。

PB114121.jpg

駅舎は北東に向かって建っているので、順光で取るなら朝ですかね。
自分が訪れた午前10時頃でも軽い逆光だったので、訪問の時間帯が難しそう。

PB114126.jpg

駅前は小さな集落になっていて住宅が集まっています。
南都銀行の支店も駅前に。

PB114133.jpg

こんな立派なお宅も駅前に。
昔は何かの商家だったんでしょうか。

PB114127.jpg

薄暗い印象の駅舎内。
駅としては1984年に無人化されています。。。

2012年度、一日平均乗車人員は160人。

PB114130.jpg

掲示ボードは落書きボードに…。

PB114134.jpg

対面式ホームをつなぐ跨線橋からの、長閑な掖上駅の風景。
上下線とも1時間に1本の運行。ゆったりとした時間が流れる掖上駅です。

PB114135.jpg

単線の和歌山線は、隣の吉野口駅で列車交換することが多いので、行って返っての
訪問の場合は、滞在時間は10分ちょいになります…。
自分も10分ちょいの滞在で、また次の駅へと向かいます。



続く


2015.11 山中渓、紀州街道の風景
PB074033.jpg

過去に記事化したことがありますが、2015年に再び山中渓へ遊びに行って来たので、
その時の写真をアップしたいと思います。
前回は駅とわんぱく王国の紹介だけだったので、今回は山中渓駅界隈に残る古い
街並みの写真をお送りします…。

PB074035.jpg

古くは奈良時代に南海道として整備されていた道だそうで、
平安時代以降は熊野詣でのための熊野街道として使われたとか。

PB074041.jpg

名前の通り、山と山に挟まれた谷にある小さな集落です。
車通り(新道・旧道)が2本ある以外は、横への広がりはほとんどありません。
表通りからの脇道も少し進めばおしまい…。

PB074088.jpg

江戸時代には紀州藩の参勤交代の道として使われ、紀州街道と呼ばれました。

PB074090.jpg

石畳として整備されている紀州街道。

PB074044.jpg

柿のなる、秋の風景。
いつも思いますが、もうちょっと天気が良かったらなぁ…。。。

PB074045.jpg

通りの先に、山中渓駅が見えます。
駅前で、旧道と新道が合流することになります。

PB074052.jpg

整備されていますが石畳と、ゆるいカーブ、そしてゆるい勾配が素敵です。。。

PB074054.jpg

駅前にある、山中渓歴史街道の案内板。
この案内板自体に歴史がありそうな感じですね…。

こちらはお気に入りの場所なので、またちょくちょく訪れることになると思います。
今度は春の桜の時期に訪れるべきでしょうかね。人は多そうですが…。




2015.11 大阪能勢・長谷の棚田の風景
PB295036.jpg

PB295037.jpg

PB295041.jpg

PB295048.jpg

PB295053.jpg

PB295052.jpg

PB295057.jpg

PB295060.jpg

PB295064.jpg

続けての手抜き記事、お赦し下さい…(汗

前回記事の勝尾寺に続いて足を伸ばしてやって来たのは、能勢町にある長谷の棚田。
大阪府では千早赤阪村の棚田と並んで日本の棚田百選に選ばれている棚田です。

ここを訪れるのは3、4度目でしょうか。
社会人になって車を買ったばかりの頃、休日にここに来てボーっとしたりしてました。
規模は大きくはない棚田ですが、個人的に思い入れのあるお気に入りスポット。
久々に訪れ、10年程前とあまり変わらない風景を確認できて安心したのでした。
棚田に興味のない家族にはブーブー言われましたが…(苦笑)
欲を言えば、もうちょっと天気が良かったらなぁ…。

ちなみに、長谷は「はせ」ではなく「ながたに」です。
整備された駐車スペースは無いのでご注意を…。




2015.11 大阪箕面・勝尾寺の紅葉とダルマ
PB294963.jpg

PB294971.jpg

PB294976.jpg

PB294987.jpg

PB294991.jpg

PB294997.jpg

PB295005.jpg

PB295011.jpg

PB295016.jpg

PB295018.jpg

PB295021.jpg

PB295023.jpg

PB295025.jpg

PB295032.jpg

今回も昨年2015年の紅葉。
近場で紅葉狩りを、ということで、お隣の箕面市にある勝尾寺(かつおうじ)を訪れました。

箕面市ですけど、結構な山の上にあるんですよね。
レンタカーで行ったので良かったですが、公共交通機関だと阪急箕面駅もしくは
北大阪急行・千里中央駅から路線バスで行くしかありません。。。
バスはいずれも所要30分程度。箕面駅発は土日祝のみの運行ですのでご注意を。

正直、勝尾寺はJR大阪駅の御堂筋口にたくさん広告を出したりしているので
存在は知っていたんですが、こんなにダルマだらけというのは知らなかったので
実際に行ってみてビックリしました…(笑

かわいいダルマを愛でながら広い境内を歩いていると、圧巻とは言わないまでも
美しい紅葉を目にすることができて、非常に満足でした。
(まぁ、ちょっとだけ時期が遅かった感はあったかも…)