FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.11 京北紅葉めぐり~高山寺
P1011956.jpg

鍬山神社(亀岡)、常照皇寺(京北)と巡って来た2017年紅葉狩り第一弾、
最後に訪れたのは京都を代表するメジャースポットのひとつでした…。
国道162号線を南下していくと、いわゆる高雄エリア。
急に国道沿いを歩く人が多くなり、ゴチャゴチャっとした感じに。

P1011961.jpg

何とか駐車場を見つけて車を停めることに成功。
駐車場は普段は無料ですが、紅葉の時期にあたる11月だけは有料。普通車1,000円!
まず訪れたのは、駐車場から近かった高山寺
この高山寺も普段は無料拝観可能ですが、紅葉シーズンは入山料500円です。

P1011960.jpg

山号を栂尾山という高山寺。
「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されています。
鎌倉時代に現在の伽藍が築かれましたが、その後の戦乱や火災で境内の多くの
建造物が失われてしまっており、今は斜面の広い林の中を歩くような感じです。
道沿いに残る石垣が、かつての姿を偲ばせます。

P1011963.jpg

最上部にある金堂。

P1011966.jpg

厳かな空気を感じつつ、林の中を静かに歩きます。
ここ高山寺は入口付近に紅葉が見られるくらいで、あとは紅葉しない木々が多く、
あまり紅葉狩りで訪れるスポットではないように感じましたね…。

P1011970.jpg

高山寺を出て神護寺に向かって歩きます。
清滝川を渡る国道162号線の橋の上から。
ここら辺からは赤い紅葉が綺麗です。

P1011973.jpg

国道沿いにある格式の高そうなお店。素晴らしい紅葉。

ずっと歩いていますが、国道162号線は歩道がないので子連れでは結構神経使いますね。
まぁ、観光客がたくさんいるので人の流れがありますし、車も徐行に近いスピードでしか
走れないので、そこまで恐怖を感じることはありませんけど。

P1011974.jpg

国道から外れて清滝川沿いへ。
ここは西明寺へと続く指月橋。
時間的にあと神護寺だけかな、というところなので、西明寺はスルーします。

P1011981.jpg

指月橋のすぐ横にある、指月亭さんにて。
ちょっとトイレをお借りしたんですが、お店も紅葉に彩られていて凄かった。

P1011983.jpg

指月亭さんにて。

P1011984.jpg

同じく、指月亭さんにて。

P1011988.jpg

さあ、最後の目的地である神護寺へ…。



続く


スポンサーサイト
2017.11 京北紅葉めぐり~常照皇寺 後編
P1011918.jpg

P1011919.jpg

P1011927.jpg

P1011928.jpg

P1011930.jpg

P1011931.jpg

P1011935_20181014172549d36.jpg

P1011940.jpg

P1011943.jpg

P1011953.jpg

P1011954.jpg

常照皇寺の本堂エリアになります。
入口で志納金500円を支払います。幼稚園児の次男坊は無料でした。

国指定天然記念物になっている九重桜がありますが、時期が違うので割愛。
今度はコレを目当てに春に来るのも良さそうです。

苔が美しい庭を歩き、御堂の裏手で燃えるような赤の紅葉に目を奪われ。
靴を脱いで上がる本堂内では額縁のように切り取られた紅葉を愛でる。
自分たちを含めても境内に10人も居ない静かな空間。
そのうち雨が降り出したので、本堂で引き続きボーっとする。
少し雨に濡れた紅葉も、色が鮮やかに感じられてまた良いもんでした。。。

癒しの時を過ごせた常照皇寺、個人的にお気に入り紅葉スポットになりました。

あまり知名度もないので、できればこのままの場所であって欲しいと、心から思います。
間違ってもキャンペーンのポスターなんぞには起用しないで貰いたいですね…。



続く


2017.11 京北紅葉めぐり~常照皇寺 前編
P1011882.jpg

P1011887.jpg

P1011892.jpg

P1011894.jpg

P1011895_20181014172512787.jpg

P1011899_201810141725134d5.jpg

P1011903.jpg

P1011905.jpg

P1011910.jpg

P1011912.jpg

亀岡市内から酷道として有名な国道477号線を辿って旧京北町へ。
以前宇津峡公園に行く際に走りましたが、桂川沿いに抜けるまでの区間は
相変わらずの険要さでした。

主要国道162号線との交差点近くにある道の駅「ウッディー京北」で昼食を摂り、
そこから国道477号線を7kmほど東へ進めば、次の目的地・常照皇寺です。

京都のマイナー紅葉スポットを探していて見つけた場所で、ピーク期の週末お昼頃にも
関わらず観光客の姿はまばらで、とても落ち着いた場所でした。
肝心の紅葉も黄色を中心とした見事な色づき。
特に山門をくぐって目の前に広がる光景が素晴らしい。(写真は本記事5枚目)

京北は標高が高いのもあって、見頃は11月上旬。この日は11月11日。
普通のサラリーマンなので基本週末しか動けないんですよね。
この一週間が微妙に合わずにピークを逃してしまうこともあるのですが、
この時はピタリと見頃と週末が合ってくれました。

実は今回の写真たちはいずれも本堂エリア(有料)に入る前のもの。
次回は有料エリア内の写真をお送りしようと思います…。



続く


2017.11 京北紅葉めぐり~鍬山神社
P1011814.jpg

P1011819_201810141724060c2.jpg

P1011820.jpg

P1011822_20181014172409f41.jpg

P1011824.jpg

P1011828.jpg

P1011832.jpg

P1011834_20181014172423e41.jpg

P1011848_201810141724240a2.jpg

P1011852_20181014172426bb9.jpg

P1011859_20181014172450842.jpg

そろそろ秋も深まる紅葉の時期ということで、今回からしばらくは紅葉ネタにしましょう。

今回関西勤務になって6年半、毎年少しずついろんな場所の紅葉を楽しんでいます。
さすが京都あたりを含めるとまだまだ行った事のない場所だらけです。

でもあまりに有名スポットだと混雑にウンザリ、なんてことはよくある話で、かく言う自分も
混雑は苦手。できれば静かに紅葉を愛でることができる場所が理想。しかも週末に。
まぁ都合の良い話ですが。

という訳で、昨年2017年の初回紅葉狩りは京都市の北、亀岡・京北地区を中心に
車で数箇所の紅葉スポットを巡りました。
次男坊を連れた日帰り2人旅です。

まず最初に訪れたのが、今回記事の鍬山神社。
亀岡市郊外にある神社で、赤や黄色に燃える紅葉が見事。
訪れたのは2017年11月11日(土)。時間は9時頃だったでしょうか。
週末でしかも見頃にも関わらず、早朝の訪問で静かな散策が楽しめたと思います。
駐車場も参詣者用に30台ほど停められる無料駐車場を完備。
朝一で余裕で駐車できましたが、もう少し遅い時間帯だと怪しかったかも知れません。

まぁ、我ながらナイスチョイス。
いきなり素晴らしい紅葉を見て、撮ることができ、週末紅葉ドライブは
最高のスタートを切ることに成功したワケです…。




続く


2017.10 大阪寝屋川・萱島の町並み
P1011596_20181014172309917.jpg

息抜きのブラリ散歩ネタになります。
昨年10月に大阪門真の運転免許センターで免許更新を済ませたあと、
京阪古川橋駅に戻ってそのまま戻るのも何かなと思い、未訪問のままになっていた
萱島駅に来てみました。ここはホームを突き抜けるクスノキが有名ですね。

P1011598.jpg

高架駅の上り(京橋・淀屋橋方面)ホームの下から生え、屋根もクスノキの部分だけ
開けられていてかなり配慮されたつくりになっています。

P1011605.jpg

このクスノキは駅からすぐ、というか真下かな?にある萱島神社の御神木。
本来は現在の高架複々線化工事の時に伐採される予定でしたが、
地元の方々の声により、保存されることになったのだとか。
御神木の伐採とかとんでもないイメージなんですが…。

P1011606.jpg

こちらが萱島駅の南側の通りの様子。
ゴチャっとした下町な感じです。

曇天でしたがここで雨が落ちてきたので、商店でビニール傘を購入。

P1011612_20181014172315432.jpg

萱島駅前交差点付近から萱島本町を行く通りを撮影。
萱島東に向かって東南東へ続いていく通り沿いには、良さげなお店が並びます。

P1011618.jpg

同じく萱島駅前交差点から、真東に伸びていくのが、萱島中央商店街になります。
車1台がやっと通れるくらいの道に、商店が軒を連ねます。
人通りがわりと多いなぁ、という印象。
この通りはどこかへのアクセスルートになっている訳ではなさそうなので、
主に地元の住民の方々なんだと思われます。

P1011625.jpg

振り返ると入口に「萱島中央」と書かれたタウンアーチ。

P1011630_20181014172329614.jpg

商店街の入口は萱島本町。このあたりの住所は萱島桜園町。

P1011636.jpg

複雑に路地が入り組んだ古くからの住宅街で、近辺にはいわゆる文化住宅が
結構な数あります。地域の平均年齢が高そうです。
上の写真は萱島中央商店街の東のどんつき。

P1011640.jpg

中央商店街から少し南へ下ってブラブラしていると、凄いのに出くわしました。
ボロボロのコンクリ建家に錆びて真っ茶色になったトタン屋根。
ポッカリと口を開けるのは、京阪トップ商店街というあまりにも魅力的な物件です。

P1011646.jpg

月並みな表現になりますが、まさに時が止まったような空間です。

P1011648.jpg

万国旗がいっぱいのレトロ商店街。
戦後まもない昭和の雰囲気が現代にも残っているようです。

P1011649_201810141723538ef.jpg

独特なディープな空気。
薄暗いアーケード空間は、大阪鶴橋や北九州小倉の旦過市場に近いものがありますね。
規模はこちらの方がだいぶこじんまりとしていますが。。。
大阪中津のアーケードもこんな雰囲気かな。玉出の玉二商店街とか。

2011.2 西九州撮影紀行 第58回 北九州・旦過市場~その2

2012.10 大阪・鶴橋商店街 再び

P1011651.jpg

おしやれ衣料スーパーですよ、おしやれ。
京阪トップ商店街は10数店舗ほどの小規模商店街。
自分が訪れた際は5~6軒が営業されていました。

写真は載せていませんが、この京阪トップ商店街からY字型に枝分かれする感じで
70mほどの萱島銀座商店街というアーケードもありました。

P1011664_20181014172356543.jpg

京阪トップ商店街の萱島駅側の出入口にて。
出入口の八百屋さんはしっかり営業中。こっちの姿も香ばしくてイイ。

ここらでタイムアップとなり、萱島駅から京阪電車で帰途に就きました。

思いがけずレトロ商店街に出会えて大満足の萱島散策なのでした。。。
ホームのクスノキ、レトロ商店街と、散策のしがいがある町でしたね。