FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2019.2 沼津散歩~アーケード名店街
P1019521_20191217212026925.jpg

P1019524.jpg

P1019525.jpg

P1019528_20191217212040d1f.jpg

P1019530.jpg

P1019531.jpg

P1019535_20191217212044900.jpg

P1019537.jpg

P1019539_201912172120589f2.jpg

P1019542_201912172120595eb.jpg

P1019544_20191217212101abd.jpg

P1019550_2019121721210281e.jpg

P1019553_20191217212104f03.jpg

P1019556_20191217212112fa2.jpg

歩いたのは、沼津市は町方町に残る昭和エリア、アーケード名店街。
通り沿いに昭和後期の雰囲気を残す2~3階建ての渋いビルが並んでいました。

この通りが特徴的なのは、アーケードがただの屋根ではなく、ビルの1階部分であること。
自分の好きな雪国の「造り込み式雁木」みたいな感じですね。(逆に分かりづらい…?)
歩道の真上はビルの2階、という造りで、「有階アーケード」とも言われるとか。
もともとは耐火建築促進法という法律に従い、市街地火災の延焼を食い止める
「防火建築帯」として1953年に形成されたのがこのアーケード名店街だそうです。

全国共通ですが、郊外の大型店の攻勢でかつての活気は失われてしまった商店街。
ここ数年で再開発の話も出ているようで、近い将来ガラリと姿を変えそうです。
失われゆく昭和の風景。名残惜しいですが、時代の流れですね…。
古いままのアーケード名店街を歩き、撮影できて良かったと思います。。。

という訳で、以上、沼津散歩でした。


今回が令和元年(2019年)の最後の記事になります。
年号が変わる記念すべき年でしたね。今年で開設10年目に突入した当ブログ、
平成・令和と2つの年号に跨って継続していること、当初は全く想像もしてませんでした…。
この調子で次の年号まで続けるつもりで、来年以降もコツコツと続けて行ければと思います。

本年もお付き合い頂いた皆様には、心より御礼申し上げます。
また来年も宜しくお願い致します。

それではよいお年を…!




スポンサーサイト



2019.2 沼津散歩~仲見世商店街アーケード
P1019479_20191217211946e4b.jpg

年末ラストは静岡県沼津市の散策の様子を2回に渡ってお送りしようと思います。
こっちの方に用事があったので、隙間の2時間ほどで沼津の町を歩いてみました。
スタート地点はJR沼津駅の南口。自分にしては珍しく青空に恵まれてますね。

P1019477_20191217211945756.jpg

沼津駅南口のロータリーにあったC58の動輪。
こちらは1886年から約100年、1986年まで存在した沼津機関区の碑になります。
沼津は鉄道の町として発展してきたんですね。

P1019484_20191217211948cd2.jpg

沼津駅南口交差点から50mほど西の地点から始まるアーケード商店街、
沼津仲見世商店街は何やらアニメ聖地のかほり。

P1019491_20191217211949a21.jpg

沼津はアニメ 『ラブライブ!サンシャイン!!』 の聖地なんだそうです。
現地に行くまで知りませんでした。。。

P1019493_201912172119511f8.jpg

P1019497.jpg

仲見世商店街は人や自転車の往来も多く、とても活気が感じられました。
50年以上の歴史がある商店街なんだそうですな。

P1019500_20191217212006847.jpg

県道380号線の信号を渡った南側にもアーケードが続きますが、
この道を境に南側は「新」仲見世商店街に変わります。

P1019504_2019121721200709e.jpg

新仲見世商店街から仲見世商店街の方を振り返って。
アーケードは新仲見世商店街の方が傷んでますし、雰囲気もレトロ。
「新」の方が古い感じがするのは面白い気がしますね。

P1019506_201912172120097f0.jpg

ウルトラマンタロウにウルトラマンレオのテレビ放送開始を告げるポスター。
ボンカレーとかは古すぎて逆に何とも感じませんが、ウルトラマンは子供の頃に
再放送ですが見ていたので半端なく懐かしい…。

P1019510.jpg

白地に書かれた文字が訴えかけてくる、テレビのイマイさん。

P1019513.jpg

わずか90m程の短いアーケードですが、濃厚なレトロ空間でグッと来ましたね。

P1019516_201912172120259fa.jpg

仲見世商店街から続くアーケードの南端。
この先も銀座通りとして商店街は続いて行きますが、自分はその隣の筋へ…。
昭和レトロが感じられる、沼津歩きには外せないスポットになります…。



続く




2017.12 年末帰省旅 もくじ
P1013708.jpg

年末帰省旅 全28回(2017年12月、2日間)

<1日目> 美濃太田~美濃市~可児~御嵩~岐阜~東京

第1回 太田宿の町並み
第2回 富加駅の木造駅舎
第3回 関の町並み~前編
第4回 関の町並み~後編
第5回 美濃市駅の木造駅舎
第6回 美濃、うだつの上がる町並み
第7回 可児駅と明智駅
第8回 御嵩駅と、町並み散策
第9回 可児川駅の木造駅舎
第10回 岐阜散歩~柳ヶ瀬・前編
第11回 岐阜散歩~柳ヶ瀬・後編
第12回 岐阜散歩~忠節橋通りを下る
第13回 岐阜散歩~問屋町アーケード

<2日目> 東京~熊谷~(秩父鉄道めぐり)~羽生~久喜~栃木

第14回 大麻生駅の木造駅舎
第15回 上熊谷駅と永田駅
第16回 波久礼駅の木造駅舎
第17回 寄居駅と長瀞駅
第18回 長瀞岩畳と上長瀞駅
第19回 皆野駅の風景
第20回 和銅黒谷駅、3分停車
第21回 浦山口駅の風景
第22回 白久駅と武州日野駅
第23回 三峰口駅の風景
第24回 野上駅の風景
第25回 樋口駅の木造駅舎
第26回 持田駅の木造駅舎
第27回 武州荒木駅の木造駅舎
第28回(最終回) 羽生駅界隈の風景

1日目の13記事が全て岐阜、2日目の15記事が全て埼玉、という珍しい旅行記になりました。
岐阜の見残しスポット、長らく後回しにして来た秩父鉄道巡り、行きたいところを巡れて
個人的には大満足な旅だったと思います…。

もう年末が近いですけど、もう1~2回続けて2019年を締めくくりたいと思います。



2017.12 年末帰省旅 第28回(最終回) 羽生駅界隈の風景
P1014175.jpg

P1014176.jpg

P1014178.jpg

P1014180.jpg

P1014182_20191217211446bc5.jpg

P1014184.jpg

P1014186.jpg

P1014187_20191217211457da3.jpg

最終回は羽生駅界隈の写真をペタペタと貼ってみました…。
羽生を撮り歩くつもりはなかったんですが、手土産に何か地酒でもと思って
酒屋さんを探して歩き回ったんですけど、結局お店に行き着かず、空振ったという。

最後の数枚は枯れた雰囲気に惹かれた交差点にて。
駅の東口から北東に伸びる駅前通りと、県道128号線との交差点でした。
16:00すぎの羽生の町、町並みを撮るにもそろそろ限界でしたね。

空振った地酒購入ですが、このあと東武線で出た久喜の駅近くで何とか一本買えたので
それを抱えて栃木の方へ向かいましたとさ…。

という訳で、初日は岐阜県内ばかりを、2日目は埼玉県内ばかりを巡った今回の旅、
内容は結構な偏りを見せていたかも知れませんね。
お付き合い頂いた方、どうも有難う御座いました…。



2017.12 年末帰省旅 第27回 武州荒木駅の木造駅舎
P1014138_20191217211348a28.jpg

行田市の中心を抜け、次は武州荒木駅に降り立ちました。15:33着。
駅舎訪問はここがラストになります。

P1014140.jpg

武州荒木駅(埼玉県行田市大字荒木)
1921年開業。横長な平屋建て木造駅舎です。竣工年度は不明。

P1014141_2019121721135171b.jpg

武州荒木駅、少し沈んだような雰囲気に感じられました。
曇天であることが、自分のこの駅に対する印象に多少なりとも影響したように思います。

2017年度、一日平均乗車人員は181人。秩父鉄道全36駅の中で25番目。

P1014143_2019121721135388d.jpg

駅に扉はない開放型。
改札右手には待合室があります。

P1014146.jpg

年末年始の安全週間的なヤツですかね。
下に行くほど右へとズレていくのが気になってたまらない。
手書きの味、というのがあるのは確かですけどね。

P1014167_201912172114273a5.jpg

地元の行田市立荒木小学校の子供たちからのメッセージ。
校外学習か何かで駅に来たんでしょうね。
こういう地元の繋がり、大切にしていって欲しいですね…。

P1014168_20191217211429b28.jpg

駅に彩を。花いっぱい運動。

P1014151.jpg

駅構内、駅舎の前にあった傾いた駅名板。
ここにも熊谷八木橋百貨店の広告。
おじい様、おばあ様の代からお買物は八木橋で…。歴史を感じますなぁ。

柱に残る「日本橋」は、地元行田市・横田酒造さんの地酒のようです。

P1014153.jpg

駅のすぐ近くには大きな農業倉庫が口を開けていました。
側壁がボロボロで雨風を防げないのでは…?

P1014154.jpg

島式ホームから見る武州荒木駅の木造駅舎。

P1014160_20191217211426b54.jpg

駅の南側にはとても広大な農地が広がっていて、限りなく開放的。

P1014173_20191217211430f98.jpg

武州荒木15:50発の羽生行きを待つ間、ホームで茜色に染まる風景を眺めていました。。
一日ももう終わりですね。あとは移動のみになりますが、最後に蛇足記事をひとつ入れて
最終回にしたいと思います…。



続く