FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2019.4 美作桜紀行 第2回 津山城 鶴山公園、雨桜
P1010666.jpg

続いてはバリバリのメジャースポット、津山城(=鶴山公園)の桜です。
岡山県北イチの桜の名所と言ってもたぶん過言ではない、ですよね。

P1010660_202003151605166ed.jpg

お城の南側のコインパーキングに車を止めて、いざ城攻めへ。
正面に鎮座するのは津山郷土博物館
1933年築で旧津山市庁舎だそうです。国の登録有形文化財。

P1010664.jpg

津山城入口の左脇にある、森本慶三記念館(旧津山基督教図書館)。1929年築。

P1010673_202003151605203da.jpg

いざ、津山城。というか雨のせいでかなり桜が散ってるみたいですね。
階段が桜の滝みたいになってるし…。

通常は津山城の入城は8:40からなんですが、さくらまつり期間中は7:30から入城OK。
ちょうどこの時間に合わせてやって来ています。

P1010677_202003151605296cd.jpg

だいぶ散っていますが、石垣と桜のコラボはまだまだ絵になるレベル。
曇り空と石垣と桜、ちょっと色に乏しいですかね。晴れてたらまた印象違うんでしょうけど。

P1010678.jpg

P1010686_202003151605328db.jpg

足元の花びらもまた風流。

P1010694_2020031516053458e.jpg

石垣の上から見下ろす城内の桜は見事。
日本のさくら百選の実力は伊達ではない。

P1010695.jpg

津山城のシンボルである備中櫓。
天守が残っていない津山城で、比較的最近の2004年に復元された櫓になります。

P1010696.jpg

城から東方向に広がる城東地区、上之町あたり。
以前町並み歩きをした伝建地区の城東エリアはこの写真の少し右寄りになりますかね。

P1010698_20200315160548d17.jpg

雪洞と雨桜。

P1010702.jpg

苔生す石垣と桜。

P1010703_20200315160551a3c.jpg

備中櫓はまだ入れない時間。雨の早朝で観光客の姿はほとんどなし。

P1010713.jpg

撮影しながらゆっくりと城内を一回りして1時間弱。
展示物を見学したりしたらもっと時間が要るんでしょうけどね。

早く雨が止むことを願いつつ、車に戻って次のポイントへ。。。



続く



スポンサーサイト



2019.4 美作桜紀行 第1回 早朝、雨の三休公園
P1010618_202003151604105ee.jpg

前回までも岡山ネタでしたが、今回からのシリーズも全て岡山ネタとなります。
どんだけ岡山づいてるんだという感じですが…。

P1010624.jpg

昨年2019年の4月、岡山県北部の桜を巡る日帰り旅です。
前日倉敷に泊まり、未明からレンタカーで出発。(レンタカーは前夜から借りてます)

P1010623_20200315160411892.jpg

最初の訪問地は、国道429号線をひたすら北上した美咲町にある桜の名所・三休公園。
岡山三大河川のひとつ旭川に支流の通谷川が合流する地点の山の上にあり、
眼下に国道沿いの町並みを眺めることができます。

P1010633.jpg

でも天気はあいにくの雨…。
自分以外に2~3人ほど撮影目当ての方がいらっしゃいましたかね。

P1010634_2020031516041622d.jpg

雨の中斜面の道を歩き、来る時に車で登って来たつづら折れの道沿いの桜を楽しみます。

P1010635.jpg

つづら折れを登ってる最中、車窓に流れる桜並木にテンション上がったんですが、
道中に車を停められるスペースもなくて撮影できなかったんですよね。

P1010645.jpg

旭川沿いに続く桜並木も一緒に眺められるのがポイント。

P1010646_20200315160436a59.jpg

公園全体でソメイヨシノは5,000本。
例年の見頃は4月上旬~中旬。

P1010647_202003151604376f7.jpg

雨の朝、山にかかる靄がなかなかいい雰囲気を醸し出しておりました。

P1010648_20200315160439f36.jpg

最初の写真もそうですが、桜に混じって薄紫色の花を咲かせているのはミツバツツジ。
ここ三休公園はミツバツツジの群生地としても有名だとか。

P1010659.jpg

雨で条件は悪かったですが、桜はちょうど満開見頃で三休公園なかなか良かったです。
この時は早朝で普通に無料で車で入って行きましたが、管理人がいる時間帯に行くと
駐車料金を払わなければならないようです。余談です。

まぁこんな感じでどんどん桜を巡って行きますよ~。



続く



2019.4 高梁成羽・白谷公園の桜
P1010138.jpg

前回記事と同じ日、高梁市街地から西へ8km程のところにある旧成羽町にて。
この日はとても良く晴れ渡っていました。

P1010140.jpg

成羽川の堤の桜も見頃を迎えています。

P1010142_202003122104214d2.jpg

成羽・古町に残る古く立派な商家。
手前が更地だったので堤防から全景がよく見えました。
たぶんこの更地にも年代物の物件があったんでしょうね…。

P1010144.jpg

総門橋を渡って成羽・下原側へ。こちらも堤防から見える民家。

P1010149.jpg

対岸に咲く桜。奥の山に向かって民家が点在。
ちょっとどころではなく電線が邪魔ですな。

P1010154.jpg

堤防から下りて下原の町をブラリ。
大神宮と書かれた神社の桜がキレイに咲いています。

P1010157.jpg

短い参道を抜けて振り返る。結構見応えありますよね。
因みに大神宮は通称で、正式名称は山田神社というそうです。

P1010162.jpg

国道313号との交差点にこんな細くて赤い鳥居。
成羽最上稲荷こと本光寺の鳥居のようです。
最上稲荷って備中高松のだけかと思ったら他にもあるんですね。

P1010174_202003122104555da.jpg

国道の北を流れる白谷川に沿って見事な桜並木が満開。
白谷公園の桜として花見情報サイトにも紹介されるスポットです。

P1010176.jpg

石組みでキレイに整備されていますが、よく見ると水が流れてない…。

P1010178.jpg

約400mの桜並木にはソメイヨシノが200本ほど。

P1010182.jpg

地元の母娘がゆっくり散歩中。長閑だ。。。

P1010187.jpg

正玄寺。山際には他にもいくつかお寺さんがあるようです。

P1010188.jpg

暖かい春の陽射しに包まれる白谷公園の桜でありました。
静かに桜を楽しめる場所で、個人的には好印象です。




2019.4 備中高梁・紺屋川美観地区の桜
P1010095.jpg

所用で高梁に泊まった春の朝、市街地で桜が見られる場所ということで
紺屋川沿いの桜の方へ散歩してみました。

P1010096_20200312210308d29.jpg

南町の通りに沿って真っ直ぐ北へ。
「かみお」の文字のあるとても小さなアーケード。

P1010099.jpg

カミオ用品店というお店。
この学生服、かなりのビッグサイズです。

P1010106.jpg

町屋建築が多く見られる南町通り。

P1010109_20200312210312a1b.jpg

虫籠窓。

P1010113.jpg

こちらがキレイに整備された紺屋川とほぼ満開の桜。
朝陽が水面に眩しく輝いております。

P1010115_20200312210328290.jpg

古くは山上にたつ備中松山城の外堀としての役割を果たしていたとか。

P1010118.jpg

紺屋川沿いにある、高梁基督教会堂
1822年築で、岡山県内では最古の教会堂。岡山県の史跡指定。

P1010124.jpg

こちらは足利尊氏が建立させたという、頼久寺
庭園が有名とのことですが、朝早すぎたので外観と境内だけ…。

P1010128.jpg

紺屋川の筋は山に向かって上り坂。
この先には吉備国際大学の高梁キャンパスがあります。
高梁って人口規模の割には高校も多いし大学もあるし、学園都市ですよね。

P1010129.jpg

振り返って紺屋川沿いの道。
日本の道100選に選ばれています。

P1010131_2020031221035400f.jpg

巨福寺の階段にいる時にサンライズが通過したので慌てて撮影。

P1010133_20200312210356e0b.jpg

復路は線路の東側(山側)を歩きました。
この道筋にはお寺や神社がたくさん。

P1010136_20200312210357cb4.jpg

ラストは山陽オカムラのグラウンドに咲く桜と伯備線。
サンライズがここを通過するところを撮れれば良かったなぁ、とあとから思いました。。。

次回もこの界隈の桜の記事をお送りします…。




2019.4 伯備線・木野山、桜と集落風景
P1010044.jpg

伯備線・木野山駅は備中高梁駅のひとつ北にあるローカル駅。
この駅の桜がキレイという情報があったので、見に来ました。

P1010048.jpg

木野山は駅前にある山の名前で、地名としては津川町今津というそうです。
駅前には勾配のある町が広がっています。

P1010049.jpg

相対式2面2線の木野山駅。
特に下りホーム側に植えられた桜並木が見所でしょうか。
どうやら最近になって枝が剪定されたようで、期待してたイメージと違っていました…。
桜の木々は国鉄時代に地元の方々と植えられたそうで、結構な老木になってるんですかね。

P1010054_2020031123375484b.jpg

木野山駅(岡山県高梁市津川町今津)
1926年に伯備南線が延伸して終着駅として開業。
その1年後の1927年に更に延伸したので途中駅に。
コンクリ製の駅舎は、同じ伯備線の豪溪駅や備中川面駅(未訪問)と同型ですね。
無人駅で、以前は駅前商店できっぷを販売していたそうですが、今はそれもありません。。

P1010057.jpg

まんが日本昔ばなしのオープニングの絵が描かれたのは、駅前のトイレかな。
デンデン太鼓を持った子供が龍に乗って飛ぶ映像は記憶の奥底に刻まれていますね。

P1010062.jpg

駅前の集落は山際に形成されていて、美しい石積みが見られます。
桜目当てで来たので、この石積みは正直嬉しい誤算でした。

P1010065.jpg

幾重にも続く石積み。

P1010072.jpg

坂の上から見下ろす木野山駅。
ちょうど特急やくもが通過して行きました。国鉄381系、まだまだ頑張りますねぇ。

P1010079.jpg

集落内の桜がキレイに咲いています。
駅の桜は期待しすぎていたので、ちゃんとした桜並木なのに満足できなかったのに対し、
集落歩きで見かける一本の桜は期待も何もないからですかね、とても新鮮な気持ちで
愛でることができてしまいます…。

P1010082_20200311233810029.jpg

津川町今津の風景。

P1010086.jpg

木野山神社前の桜も見事。

P1010089.jpg

もうすっかり駅の桜じゃなくて集落の桜を楽しむ訪問になっておりました。

P1010093.jpg

最後は木野山駅に入線する115系普通列車をパチリ。
思いっきり電柱が入る構図はどうなのか。
何だか最後まで駅の桜は上手く撮れず終いだった、そんな木野山訪問でした。。。