懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.10 かわね路を行く 第10回 川根温泉笹間渡駅にて
PA121288.jpg

次に下車したのは川根温泉笹間渡駅。15:59着。
その名のとおり、川根温泉の入浴施設がすぐそばにあります。
ここで降りるのは木造駅舎はもちろん、温泉もお目当てです。

PA121290.jpg

PA121294.jpg

川根温泉笹間渡駅(静岡県島田市川根町)
再び島田市域に戻って来たんですね…。
1930年に笹間渡駅として開業。2003年に現駅名・川根温泉笹間渡駅に改称。
現在無人駅ですが、古い木造駅舎にはギャラリーが併設されています。

PA121295.jpg

ギャラリーが乗車券の販売も行う簡易委託駅。
駅舎内の窓口は閉ざされたままのようですね。

PA121296.jpg

こちらの駅もキレイに保たれていて好印象。

PA121297.jpg

ホーム側の出入り口には傘付きの裸電球があり、これまたいい味出てます。
因みにホームは片面のみの棒駅。
大井川沿いに位置する駅ですが、ホームの前には木々が生い茂っていて
大井川はこれっぽっちも見えません。

PA121299.jpg

駅から案内板に従って温泉の方向へ歩くこと数分、
目の前に姿を現すのは大井川第一橋梁。大井川鉄道における代表的な撮影地ですね。
この日はもうSLの通過はないので、撮り鉄の姿はありませんでした。
何も通っていなくても、とても存在感のある構造物だと思いますね。

因みに、川根温泉笹間渡と隣の抜里は営業キロが1.2kmしかないので
歩けるかな?と思いがちですが(?)、鉄路は鉄橋を越えるのに対して、
付近を徒歩で渡るすべはないので、徒歩での移動は不可能ですからご注意を。

PA121305.jpg

お目当ての日帰り温泉施設「川根温泉ふれあいの泉」。
ここは道の駅になっていて、車での来訪者が圧倒的に多い温泉ですね。

http://kawaneonsen.jp/
↑ 川根温泉ふれあいの泉 ホームページ(詳細はこちらでどうぞ!)

上流にある接阻峡温泉や寸又峡温泉同様、アルカリ性のヌルヌル温泉。
SLが見える温泉、というのをウリにしていて、露天風呂には通過時刻表まで完備してます。
泉質はとても自分好みで、とても楽しめました。。。

風呂上がりにちょっと時間が余ったので、食堂で軽食を。
なんせ昼ごはん食べてませんから (゜Д゜ )

PA121308.jpg

再び川根温泉笹間渡駅。
旧字体の駅名板は最近設置されたと思われる新しいもの。

PA121313.jpg

17:04発の千頭行き普通列車(=近鉄電車)に乗って、最後の訪問駅へ…。
(写真は恐らく地名駅、だったと思います)

PA121314.jpg

これは塩郷駅手前。広大な大井川の川原を眺めながら。
10月のかわね路、もう日没が近い感じですね。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1022-dcc488a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)