懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.10 かわね路を行く 第11回 田野口駅の情景
PA121316.jpg

日暮れ間近、田野口駅に降り立ちました。
ここで夜を迎えることになります。
さっきは鉄道写真家・中井氏もいて鉄道ファンで大盛況だった田野口駅も、
この時はもうイベントは終了していて、しんと静まり返っていました。

PA121317.jpg

ホームから見える木造駅舎。
両サイドに植樹されたアクセス路は、なかなかに素敵です。

ホームの形や上屋、駅の構造から、この駅もとは島式ホーム1面2線だったと推察されます。

PA121322.jpg

田野口駅の木造駅舎を正面から。
軽い坂道の途中に建っているようですね。
駅前では高校生が自転車に跨って携帯をいじってました。
誰かを待っていたのか…?知らないうちに姿が見えなくなっていました。。。

PA121328.jpg

電球の明かりが灯る、駅舎内。
まだ若干外が明るいかな…?

PA121351.jpg

駅舎のホーム側にある裸電球。

PA121354.jpg

田野口駅(静岡県榛原郡川根本町)
1931年開業。駅舎は開業当初からの木造駅舎。
「これぞ木造駅舎」という感じの雰囲気を持つ素敵な駅です。

PA121356.jpg

というのも当然で、田野口駅は1970年に一旦無人化され、よくある無人駅のように
窓口が塞がれた状態になったそうですが、その後、古きよき雰囲気を残す駅を活かして
映画やドラマのロケ誘致のために昔の状態に戻したんだそうです。
改修というか復元されたのが2005年。意外に最近ですね。

PA121359.jpg

かろうじて青みが残る空。この時間帯、好きです。

PA121363.jpg

PA121364.jpg

PA121365.jpg

PA121366.jpg

PA121370.jpg

暗くなった後も、しばし撮影を楽しみました。
復元された駅ではありますが、開業当初からの木造駅舎であることには変わりありませんし、
なにより雰囲気がとても良かったので、気に入りました。傘つき裸電球が最高。

ここからは金谷方面に戻るのみ。
ですが、せっかくなのでもう一駅だけ寄ります。明るい時間帯に一度降りた駅ですが…。


続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1023-49892fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)