懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.10 弾丸日光烏山 第2回 麒麟麦酒専用線跡
PA131463.jpg

下野花岡駅からは線路の北側、畑の真ん中に伸びる道を進みます。
秋の空は高く、開放的な風景の中、清々しいウォーキングです。

PA131465.jpg

畑の中に点在する農家はどれも立派で、大谷石で造られたと思われる蔵がありました。

PA131468.jpg

このボロボロの塀は…、大谷石製??

PA131471.jpg

駅間にある見所へ寄り道です。
前回記事でチラッと書きましたが、2010年まで下野花岡と仁井田の間に
キリンビール栃木工場があり、そこにJRから伸びる専用線があったみたいなんです。
今はレールは剥がされていますが、少しだけ遺構がある、ということで訪問。

写真は烏山線の第八花岡踏切。
わかりにくいですが、踏切の向こう側にキリンの専用線が敷かれていたそうです。
今では踏切は一つだけですが、かつては連続して専用線の方にも踏切がありました。

PA131473.jpg

今はなき専用線の踏切の遺構が残っていました。
烏山線のが第八花岡踏切なのに対してこちらは麒麟第八花岡踏切
字が見えにくいですが。

PA131474.jpg

上の写真は踏切跡に立って撮影。
麒麟第八花岡踏切から小さな川を越えるとすぐに工場門の跡。
バラストがある右側に線路があったと想像されます。左側は車道でしょうか。

PA131476.jpg

植物に侵食された工場門、その脇にも「とまれみよ」を発見。
今は草ボーボーですが、門の前にも川沿いに道があったみたいです。

PA131477.jpg

門の前から仁井田方面。
橋を渡って、麒麟第八花岡踏切を越えて、仁井田駅手前で烏山線に合流していたんですね。

PA131478.jpg

同じく、橋から仁井田方面。
専用線は右奥(仁井田駅)の方へ伸びていました。
宇都宮側から分岐するのではなく、仁井田側から分岐していた、というのは意外。

PA131484.jpg

麒麟麦酒専用線は仁井田駅から1.2km、工場内にも敷設されていた線路も含め、
総延長は3.6kmだった、とのこと。
1979年に設置され、1987年頃に廃線。ものすごい短命ですね。

PA131485.jpg

レールがあったと思われる線上から、伏久踏切越しに工場跡(左奥の森)。

鉄路はありませんでしたが、踏切の遺構が一部残っているだけでも見応えあり、でした。
廃線跡探索はこの辺にして、今回の木造駅舎第一弾・仁井田駅へ向かいます。

PA131489.jpg

烏山線の南側にある幹線道路を進むと、高根沢町の商店街になって行きます。

PA131491.jpg

栃木でホントよく見かける石造りの藏。そして踏切。
次回は仁井田駅です。



続く

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。
最近、スパムコメント増えましたよウチも…。
なので承認制に変えました(怒)。

烏山線と日光線の駅舎建て替えの話、小耳に挟んだ気もするんですが
結局訪問の機会はなく涙をのんだ僕なので、今回のシリーズは楽しみにしてます。
ねじまきさんらしく、その他の要素も充実してそうですが、
いきなり麒麟麦酒専用線跡訪問ときましたか!
かなり遺構もハッキリ残ってて、辿るのが楽しそうな廃線跡なのがよく分かります。
[2014/07/26 02:52] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toささん

最近ホント多いですよね。
承認制にされたのはやはりそういう理由ですか。
自分もそろそろ辛抱堪らんので同じく承認制に移行しそうです。

廃線跡は距離は短いですけどね。踏切とバラストで、もともとのレールの跡が分かりやすいと思います。
ちょっと立ち寄って散策するのにちょうど良い感じです。
[2014/07/26 11:57] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1027-4f4316d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)