懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.10 弾丸日光烏山 第10回 板荷駅の木造駅舎
PA131720.jpg

お次は今市と鹿沼の間にある板荷駅で途中下車。
こちらも素朴な木造駅舎が残っています。

PA131723.jpg

板荷駅(栃木県鹿沼市)
1929年開業。9:00~16:30は窓口業務を行う有人駅です。
一枚目の写真からも分かるように、駅のすぐ裏側には山が迫っています。
そして駅の前にも山。山と山に挟まれた細い谷のような場所に駅があります。

PA131726.jpg

駅舎横のトイレがこれまた木造の古いタイプ。

PA131727.jpg

駅舎から見た駅前風景。
すぐ前が山ですね。駅前には倉庫がポツポツ。
商店っぽいお宅もありましたが、営業されているかは疑問。

PA131729.jpg

駅舎内。だいぶ夕方っぽくなって来ました…。
駅員さんと自分だけ、とっても静かなローカル駅。。。

PA131732.jpg

板荷駅前、線路と並行する通り。
鹿沼市の市民バスの路線が来ているみたいですね。

PA131741.jpg

板荷駅で買った切符は、こんな手作りの切符。
次の行き先が新鹿沼とバレバレですね(笑)

PA131745.jpg

島式ホームへと渡る跨線橋から見た、板荷駅の木造駅舎。

PA131746.jpg

ここのホームはとっても幅が広い!
もともとは普通の幅の島式ホームの駅で、両側の線路の外側に通過線を有していたんですね。
でもって、外側の通過線を本線にして、もともとホームだった線路を潰す形でホームを拡張したそうで。

うーん、説明がしづらい。

PA131754.jpg

通過していく特急スペーシア。現ホームの先に、旧ホームの形が残っています。
まぁ、こんな感じで線路を埋めてホーム幅が広くなったんですね。

PA131755.jpg

板荷駅での滞在時間は約30分。
写真でバレバレですが、次の下車駅へまた移動です。


続く

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。
東武鉄道は、こうして栃木・群馬両県の各駅まで丁寧に見ていけば、実に興味深い鉄道会社ですね。路線の長い分、どこか私鉄離れしていて、古き良き鉄道の面影もまだまだ残っているのかと思いました。
記事を拝見し、なかなか全線を乗る時間も作れない毎日ですが、少しずつでも旅してみたく感じました。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
[2014/08/10 22:41] URL | 風旅記 #O7xVy9HA [ 編集 ]


>風旅記さま

コメント有難う御座います。
自分も駅舎をターゲットに東武鉄道に乗ったのはこれが初めてですが、
栃木の方は首都圏とはまた違った表情を見せてくれますね。
今回は一部だけでしたが、未乗車区間にもイイ駅がまだ有るようですので、
そのうち訪問しなおそうかと考えています。

また宜しくお願い致します!
[2014/08/11 08:24] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1035-64d26d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)