懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.8 夏の九州ぐるり旅 第3回 鹿児島散策~甲突町界隈
P8156113.jpg

サイクリングなのに「散策」と題するのにちょっと違和感ありのねじまきです、こんにちは。
鹿児島中央駅からやって来たのは、一般的な観光地ではなく、
甲突川の左岸側にある甲突町という町。一応ここ赤線跡なんです。

P8156115.jpg

古い旅館がポツポツ、そして小料理屋なんかも点々。
先日アップした熱海のような「いかにも」な名残はなさそうな感じです。

P8156116.jpg

昭和の香りが色濃く残る、甲突町の一角。
こういう古い高層アパートを見ると、ついウルトラマンに出てくる怪獣に
破壊される町並みみたいだな、と思ってしまいます。

P8156118.jpg

前述のとおり、赤線跡だとひと目で分かるような物件はほとんどないので、
いろんな路地を覗き込みながら自転車で走り回っています。
甲突町は町としては結構な広さがあるので隈なく探索するのもたいへん。

P8156121.jpg

ひときわ目を惹いたサビサビの…ホテル?

P8156122.jpg

そしてそのサビサビの建物のすぐ近くにあったこちらの物件。
甲突町を代表する物件と言っても過言ではないみたいです。。。
とある赤線跡を紹介する書籍に、コレが紹介されているそうです。

P8156127.jpg

炎天下の鹿児島市内、そろそろ違う場所へ移動して気分転換といきましょう。
持参した携帯ラジオで高校野球を聞きながら、次の場所へ。
ちょうど熊本工vs作新学院の試合の最中でした。

P8156129.jpg

甲突町から塩屋公園前を通り、天文館通りを北上すると、
天文館のアーケードが見えてきます。
鹿児島市最大の繁華街、天文館エリアに入ります。

P8156134.jpg

アーケードに入ってすぐにあった、「天文館むじゃき」さん。
あの大きなアイス・白熊は鹿児島発祥。
そしてその中でも、氷白熊の本家と言われるのがこの「天文館むじゃき」さん。
お盆休みとこの炎天下ということもあってか、お店はかなりの賑わいでした。
そして普通にそれをスルーする自分なのでした(笑)

P8156137.jpg

なお、天文館の名前は江戸時代に島津藩が設置した天体観測および暦の研究施設、
明時館(別名天文館)に由来するんだそうです。

P8156139.jpg

天文館通電停前の風景。

P8156149.jpg

天文館の市電通り沿いにある、マルヤガーデンズ。
グッと目を惹く外観です。

P8156154.jpg

いづろ通電停前から見る、南九州を代表する百貨店・山形屋さん。
この外観は1999年に復元されたものなんだそうです。

鹿児島サイクリングはまだまだ続きます。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1067-b62f573e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)