FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.8 夏の九州ぐるり旅 第34回 豊後森扇形機関車跡
P8177153.jpg

特急ゆふいんの森で由布院の次の停車駅・豊後森に12:39着。
わずかひと駅、30分間の乗車で観光特急とはお別れ。
豊後森駅の駅舎は3つ連なる三角屋根が特徴的ですね。

P8177154.jpg

豊後森の駅前通り。
あまり期待はしてませんでしたが、商店の数も多く、ちゃんとした町でした。

P8177160.jpg

豊後森で下車したのは、1時間後に次の普通列車がここ始発であるから。
そしてその待ち時間で題名の扇形機関庫を見物できるから。

豊後森駅の駅長さんに道を聞くと、とても丁寧に教えて下さいました。
駅を出て駅前通りを右へ。150mほど歩いて細い筋を更に右折。
曲がるとすぐ、上の写真の踏切があり、これを渡るとすぐ左手に見えます。

P8177164.jpg

豊後森機関庫(大分県玖珠郡玖珠町)
1934年、久大線全通と同時に完成。
かつては京都梅小路に匹敵するほどの規模を誇った扇形機関庫です。
ディーゼル車両の普及により1970年に久大線から蒸気機関車が姿を消し、
その翌年の1971年にこの機関庫もその役目を終えました。

P8177169.jpg

ガラスの割れた機関庫と、錆びた転車台が今に残ります。
以前は自由に入れたらしく、内部を撮影した写真がネット上にありますが、
今は転車台の手前にロープが張られており、基本的に進入は禁止されています。

P8177173.jpg

2006年に玖珠町が保存および鉄道公園として活用するべく、JR九州から買収。
実は事前に町役場に申請書を提出すれば、ヘルメット着用で敷地内に入って
見学することが可能です。

P8177174.jpg

今回は自分ひとりだし時間もそんなに取ってないので、
申請はせずに普通に外から撮影するだけにします。

⇒ 玖珠町HPの機関庫見学申請はこちら

P8177177.jpg

扇形機関庫の側面から。。。

P8177183.jpg

近づける場所が少ないので、撮れるアングルが限られてきますね…。

P8177185.jpg

開いた窓?から覗いた内部は、もと倉庫か何かだったんですかね。
屋根の板が剥がれ落ちそうになっていました。
置かれていたのは、もと信号機か何かでしょうか…??

P8177191.jpg

2009年、機関庫と転車台を「旧豊後森機関区の関連遺産」として近代化産業遺産に認定。
そして2012年には同じく機関庫と転車台が国の登録有形文化財に。

P8177193.jpg

ひと通り撮影を楽しんだ後は、かなり汗だくになってました。。。日陰が無いんですもん。
真夏の炎天下に訪れるには結構辛い場所だったかも知れません…。

P8177197.jpg

将来的には鉄道公園として整備され、もうちょっと違ったかたちで見学することが
できるようになるんでしょうかね。いつになるか分かりませんが、福岡の志免にある
蒸気機関車をここに持ってくるという話もあるらしく、今後に期待したいところ…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1098-570ba292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)