懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.8 夏の九州ぐるり旅 第44回 虹ノ松原駅と浜崎駅
P8187606.jpg

次の下車駅は虹ノ松原駅です。7:40着。

P8187607.jpg

かなりこじんまりとした、正方形に近いかたちをした駅舎。

P8187608.jpg

虹ノ松原駅(佐賀県唐津市鏡虹町)
1924年、北九州鉄道の虹の松原駅として開業。
1937年に国鉄へ移管された際に現・虹ノ松原駅に改称。「の」が「ノ」になっただけですが。
最初の写真にある駅名標は、北九州鉄道時代のものなんでしょうね。

P8187611.jpg

松原の中を行く駅前の道路。
特別名勝に指定されている虹の松原は、三保の松原・気比の松原とならんで
日本三大松原のひとつとされています。

P8187614.jpg

東西約5kmに渡って続くクロマツ林が見事。
松原の中では松の木々を縫うように散策することができます。
近年はマツクイムシの被害に悩まされ、薬剤散布などをしながら維持されているとか。

P8187616.jpg

実は虹ノ松原駅での滞在時間は6分間しかありませんでした。
駅に着く直前に見えた「とまれみよ」の踏切まで行こう、と決めて
松原の中を歩いて無事にたどり着きました。当然戻りは小走りで…(汗)

写真を撮るヒマがありませんでいたが、駅前の商店跡?に猫が2匹ほどいました。
時間がもうちょっとあったら猫さん撮ってたのになぁ…。

P8187622.jpg

虹ノ松原7:46発、ひと駅戻って浜崎7:49着。

P8187620.jpg

浜崎駅(佐賀県唐津市浜玉町)
虹ノ松原と同じく、1924年に北九州鉄道の駅として開業、1937年に国鉄に移管。
駅舎は改装されてはいますが、古く立派な木造駅舎が使われています。
ここは合併で唐津市となった旧浜玉町の中心駅だった駅。

P8187625.jpg

一面に地元の子供たちの習字が貼られていたのがとても印象に残っています。

P8187626.jpg

駅前風景。
車が余裕で転回できるくらいの広いスペースが確保されてます。

P8187628.jpg

駅から1ブロック行った交差点にて。
点滅信号と、角の木造家屋。

P8187633.jpg

振り返って浜崎駅。駅前食堂はまだ開いていないようでした。
まぁ、まだ朝8時なので無理もありませんが。

P8187634.jpg

2011年度、一日平均乗車人員は557人。

P8187637.jpg

対面式の2面2線。

P8187640.jpg

2番ホームから見る浜崎駅の木造駅舎。

8:01発の西唐津行きで唐津へ移動です。
姪浜~唐津のいわゆる筑肥東線では筑前深江・一貴山・虹ノ松原・浜崎を訪問したことに。
その他の駅はまた次の機会に…?

唐津では8:11着に対して8:12発の佐賀行き普通列車に乗換え。
1分乗換えで最初不安に思いましたが、旅の前に唐津駅に電話をして乗換え可能かどうか
念のため確認したところ、同じホームの向かい側に停車するから大丈夫です、とのことで一安心。
確認情報どおりに無事に乗換え、次の駅へと向かうのでした…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1109-fa261fdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)