懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.11 京都嵐山・鹿王院の紅葉
PB282621.jpg

最後に選んだのは、JR嵯峨嵐山駅から東南へ約300mの鹿王院でした。
地図で見ると嵐電の鹿王院駅が最寄りですが、入口が駅と反対側(南側)になるので、
ちょっと歩くことになりますね。JRからでも近いので十分歩いて行けます。

PB282622.jpg

名刹古刹がひしめく嵯峨野においては比較的マイナーな部類になりますかね。
二尊院や宝筐院よりもだいぶ拝観客は少なかったと思います。

PB282624.jpg

山門の紅葉。

PB282635.jpg

こちらは黄色いモミジ。この色も鮮やか。

PB282645.jpg

境内の参道で一番キレイだったのはここかな…。
豪華絢爛という感じではなく、控えめな紅葉がまた好印象。
人の少ないのも良いですね。静かで落ち着きます。
秋の京都で落ち着いて紅葉を愛でることができるのって奇跡的。

PB282655.jpg

中門をくぐった先にある玄関から靴を脱いで仏殿、方丈へと歩を進めます。

PB282660.jpg

庭を行く廊下も絵になります。

PB282672.jpg

仏殿にあった「鹿王院」の文字。とても歴史を感じるものですね。

PB282668.jpg

最深部?にある舎利殿、その裏側の紅葉が素晴らしかったです。
舎利殿も1763年築という年代物なんですけど、何故か写真を残していません…(汗

PB282675.jpg

再び参道を戻ります。
来るときに気に入った場所でまた撮影してます。中門の前です。

PB282678.jpg

静かな秋の鹿王院、堪能させて頂きました。
ありがとうございます。

PB282679.jpg

最後に、京都駅で見た国鉄色の特急きのさき。
この若干しもぶくれの顔は、381系でしょうか…。
最近はくろしおから流れて来た381系が山陰線や福知山線で見られますが、
これもいつまでもあるものではないと思うので、見るたびにカメラに収めてしまいます…。

…、と3回に渡った昨秋の京都の紅葉ネタは今回で終了です。
まだ時期的にセーフと思うので、引き続き紅葉の写真をアップして行こうかな、と考え中です。



スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/12/01 21:08] | # [ 編集 ]

Re: 宗谷本線の旅を小説にしてみました
>もっちぃさん

こちらこそ、ご無沙汰しております。
お返事が遅くなってしまい、すみません。

小説を書かれるのですね。それだけで物凄いことだと思います。
今時間が取れないので導入部分だけ見させて貰いましたが、本当の作家さんみたいですよ。
素直に、面白そうだなと思うので、またちゃんと時間を取って読ませて頂こうと思っています。

当ブログは私の自己満足ブログですが、書いた記事や撮った写真が
どこかの旅人の参考にでもなれば嬉しいな、と思っています。
とりとめもない感じではありますが、今後もできる限り続けて行ければと思います。
また覗いて頂けると嬉しいです。
[2014/12/03 22:58] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1127-6843c38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)