懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第3回 雨の木次~後編
PC213021.jpg

木次の町歩き後編です。
いくつかあった小路に迷い込むと、古いポンプがありました。

PC213024.jpg

また別の小路から表通りへ戻ります。
雨の裏路地は風情があって見栄えしますね。
その分、傘を差しながらの撮影は大変ですが。

PC213026.jpg

木次の町は「区」で分けられているみたいですね。ここは17区のあたりになります。

PC213032.jpg

木次は古くから鉄や紙の集積地として、また斐伊川の水運の中継地として栄えた町。
町並みは駅前からしばらく南下した後、東へ90度曲がります。ちょうどL字を描くように。

PC213036.jpg

駅に近い方は商店が密集していましたが、東へと曲がった後は
とても落ち着いた雰囲気の町並みになります。

PC213043.jpg

古い家々が続く木次の町並み。

PC213045.jpg

石州瓦が続きます。
町並み散策ならば駅近くだけでなく、ここまで足を伸ばさないといけませんね。

PC213046.jpg

この店名は…(笑)
きっと命名の時にはそんな意味なかったんでしょうね。。。

PC213047.jpg

もめんや本舗さんあたりで木次の町並みも終わりになり、
もう少し歩くと主要県道である45号線に合流することになります。

PC213048.jpg

木次の区割りは駅から遠い側から1区、2区と付けられていて、
木次駅前の25区まで順番に数字が増えていくような感じになっています。

PC213049.jpg

県道に合流してすぐ、山側にある木次神社。
木次を冠する神社ということで、ちょっとだけ寄り道。
写真は割愛しますが、神門と拝殿が繋がった造りをした面白い神社でした。。

PC213053.jpg

さて、だいぶ木次駅から離れて来ました。(約1.2km?)
実はこのまま歩き続けて次の日登駅まで行くプランにしているのでした。
駅間距離は3.7km。十分に歩ける距離ですね。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1172-c3d3a12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)