懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第4回 日登駅の木造駅舎
PC213058.jpg

県道45号線をずっと歩いていると、日登駅の看板が現れました。

PC213059.jpg

右折すればすぐ目の前に日登駅。
木次の町並みから約40分歩きましたかね。
木次駅で下車したのが8:30で、日登駅に着いたのが9:50頃。
この後、10:14日登発の出雲横田行きに乗るプランです。

PC213061.jpg

日登駅(島根県雲南市木次町)
1932年開業。古さを感じさせる木造駅舎が現役で頑張っていました。
木次から先は本数が激減するからか、利用者数はかなり少なく、
2012年度の一日平均乗車人員はわずかに7人。
雪国なんですが、駅前の木がなんか南国っぽくも感じます。

PC213066.jpg

古いまま、なんでしょうかね。
少なくとも長い間手が加えられていないであろう駅舎内の佇まい。
公衆電話が置かれている駅は多いですが、電話のBOXごと置かれてるのは珍しい…?

PC213068.jpg

この駅で一番驚いたのが、簡易委託ながら有人だったことでしょうか。
一日7人平均しか乗車しない駅なのに…。(←これは後日知った情報ですが)

ここで駅前にマイクロバスが到着して、運転手さんから乗るかどうか聞かれました。
どうやら木次方面に向かう代替バスのようです。9:57発の宍道行きの代替か。
まぁ向かう方向が反対なので勿論乗りませんでしたが、
代替バスが運行されているという事態に、今後への不安が更に増大します…。

PC213071.jpg

ホーム側から。黒板タイプの駅名板が素敵です。

PC213072.jpg

木製の引き戸がいいお味を出していました。

PC213075.jpg

人の気配は感じ取れますが、結局最後まで姿を目にすることはありませんでした。

PC213077.jpg

脚光を浴びることもない、静かなローカル駅。
こんな素敵な木造駅舎が残っているのは有難い事ですね。

PC213079.jpg

上り(宍道方面)が代替バスになっていたため、
乗る予定の列車が果たして来るのかどうか、かなり心配してました。

PC213082.jpg

結論から言うと、時刻表どおり、定刻にちゃんと列車はやって来ました。
出雲横田行き普通列車(9445D)、日登10:14発。

まだ天に見放された訳ではなかったようです…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1173-ca2a6cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)