懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第17回 黒瓦の宅野集落
PC223516.jpg

仁万駅11:15発、宅野港前11:22着。
ちょっと集落歩きをしたくて、バスで7分の宅野港で途中下車します。
石見交通バスの大田江津線は、宅野港経由(旧道経由)と国道9号経由があり、
宅野港を通るのは旧道経由の方なのでご注意を。割合で言うと旧道経由は4割程度かな。

PC223518.jpg

PC223521.jpg

ここは仁万の町のすぐ北の入江に広がる漁村集落。
しかしかつては石見銀山で使われる鉄材の製鉄で(たたら製鉄)で栄えた村だったようです。

PC223523.jpg

旧道のバス通り沿い、存在感のある大きな民家。
かつては廻船問屋だったと言われている建物だそうです。

PC223527.jpg

仁万から宅野港へはひとつ小さな丘を越えるのですが、
その丘から下る途中にこの物件があります。
バスから見えて惹かれたので、写真を撮りに歩いて戻った次第。

PC223529.jpg

せっかく坂を上ったので、集落を見下ろせる場所まで上ってみました。
山陰地方と言えば赤褐色の石州瓦ですが、ここは見事なまでに黒瓦ばかり。

PC223532.jpg

製鉄業から鍛冶技術があった宅野では、独自で瓦を焼いていたようで、
それが周囲の集落とは違う黒瓦だったんだそうです。
文字通り、石見地方における「異色」の存在、という訳ですね。

PC223534.jpg

とあるお寺(名前見ず)の脇を通って集落へと下って行きます。
黒瓦の集落の細い路地、とても魅力的で吸い込まれるように…。

PC223537.jpg

こんな井戸発見。

PC223543.jpg

宅野集落を東西に抜く道(宅野郵便局がある道)にあった、藤間醤油店という古い醸造蔵。
比較的大きな民家(もと商家?)が多いな、という印象でした。
かつて栄えた時代の名残、でしょうか。

PC223548.jpg

雨がパラつき始めた集落。
次もバス移動ですが、乗り場が1kmほど離れた別の場所なので、そろそろそっちへ。。。

PC223551.jpg

宅野集落から一路東へ。
山陰本線の踏切を越えるあたりから振り返ると、黒瓦の甍の先に日本海。
どんよりとした空に鈍い色の海が、冬の山陰っぽい。

PC223553.jpg

集落から10分くらいで国道9号線にある宅野口バス停に到着しました。
ここは仁万からのトンネルを抜けてすぐのところあり、国道経由のバスが停車します。
(自分は上の写真の交差点の左側から歩いて来ました)

宅野口12:04発の大田市立病院行きに乗り込み、次の目的地へ…。

※今時刻表を見てみたら、ダイヤ改正されてました。
  2014年4月のダイヤ改正で宅野口は12:19発になってます。
  (仁万駅11:15発の便はそのまま)
  実際に利用される方は必ず最新の時刻表をご確認下さい。



続く

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。
昨夜コメントし損ねましたが、今回の記事は特にシビレました!
黒瓦の家並み、素晴らし過ぎます。
新着記事の静間駅をはじめ、改めて山陰線の駅舎の良さも痛感。
行きたいなぁ…。

今朝の新聞広告で、JR西とは思えない「おひとり様OK」の
「山陰めぐりパス」っていう4日間乗り放題の企画切符の販売を知ったんですが、
期間中、3月に連休があるだけで4日間連続で休める人は(僕を含め)限られてますがな!
さすが、結局は姑息なJR西……。
でもお得には違いないからちょっと山陰の旅、考えてみましょうかね。
[2015/02/19 02:47] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]


>Kyo-toさん
お返事が遅くなりました。
宅野はこの旅で一番気に入った風景と言っても過言ではありません。
共感して貰えて嬉しいです。
Kyo-toさんは確か馬路で散策されてましたよね。
自分も後追いで訪問してきましたよ。
駅舎はありませんが、町並みはなかなかでした。

それにしてもJR西がお一人様OKとは、どういう風の吹きまわしでしょう(苦笑)
山陰めぐりパス、チェックしてみたところ、
今回の旅の範囲を見事にカバーしてました。
自分は青春きっぷを使ったから別に良いんですけど、
往復にやくもやはくとを使えるのは魅力的ではありますね。
[2015/02/20 08:24] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

黒瓦
いいですねぇ!バスに乗って行く価値ありますね、私もいってみたい!

山陰線に乗ってると、赤瓦の集落と黒瓦の集落と、両方混在した集落が
見られますね。
石州瓦の赤色は来待石の成分によるとか読んだ気がしますが、
黒色は鉄分?たたら製鉄と関係あるんでしょうかね、面白いなぁ。
[2015/02/23 11:13] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]

Re: 黒瓦
>ぷにょさん

ここはイチオシの集落ですよ~。
仁万~五十猛間の車窓からも遠くに宅野集落を臨むことができます。
仁万からは割と近いので、機会があったら是非行ってみてください!
赤色にしても黒色にしても、集落全体の屋根瓦が統一されていると、なかなか壮観です。
[2015/02/24 00:43] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1186-29654ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)