懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第18回 静間駅の木造駅舎
PC223562.jpg

宅野口から、車窓に日本海を眺めながらバスに揺られること約12分、
仮屋バス停で下車し、バスを見送ります。国道9号線沿いにある、普通のバス停です。

PC223564.jpg

目指すは掲題の静間駅。
事前に調べると仮屋バス停が一番近く、500m程の距離だったのでこのルートを選択。
国道を離れ、こんな感じの田舎道を歩いて行きます。

PC223566.jpg

静間集落内で、二股に別れる道。
駅は左側の道の突き当たり。青い屋根が見えてますね。

PC223568.jpg

集落内で見かけたお宅。
赤褐色と黒が混在してますけど、こういうのもアリなんですね~。

PC223571.jpg

そして到着する静間駅。ここもブルーの瓦屋根。
「静間駅会館」と掲げられています。地域のコミュニティセンターを併設してるんでしょう。

PC223569.jpg

静間駅(島根県大田市静間町)
1926年開業。横長の木造駅舎は開業当初からのもの。
2010年度、一日平均乗車人員は30人と控えめな数字です。

PC223575.jpg

今は無人化されており、駅事務室部分は上述の静間駅会館として利用されています。

PC223574.jpg

駅前のスペースは割と広めですね。
食堂や商店などは見当たらず、民家が並ぶだけなのは少し寂しいですが。
ちょうどお昼時だったので、お店があれば何か買おうかと思ったんですけどね。

PC223573.jpg

奥の外壁の色が違う部分、あれは近年に増築されたトイレ。
外からではなく、駅舎の内部で繋がっています。

PC223600.jpg

利用者数は多くはありませんが、自分の滞在中に大田市方面行きがやって来て、
一人の乗車と一人の下車がありました。まぁ、少ないですかね。

PC223587.jpg

ホーム側から見た木造駅舎。
今は片面ホームのみの1面1線ですが、以前は島式ホームもある2面3線だったみたいです。

PC223577.jpg

駅舎内に飾られていた「土地」。地元小学生の習字の作品かと思われますが、
なんかお題が生々しい感じがしてしまいますね…(笑)

PC223596.jpg

そんな静間駅を12:55発の下り普通列車で後にします。
(因みにこの便はダイヤ改正で13:06発に変わってるようですね)



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1187-720fc6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)