懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第19回 馬路の町並み
PC223610.jpg

13:10馬路着。(※現在はダイヤが違います)
ここでは集落を歩くために下車します。次の上り便まで持ち時間は36分間。。。

駅舎のない馬路駅は、フェンスに駅名が掲げられるのみ。
ちょうど待ち合わせがあるらしく、乗って来た列車はしばらく停車しているようでした。

PC223615.jpg

馬路の集落は馬路駅前から南側に位置しています。
駅前を通る道を真っ直ぐ進めば良いので、ルートは至極単純。
駅からは坂道を下っていくことになります。因みにコレ、旧山陰道です。

PC223616.jpg

「路生活ンタ」になってしまった馬路生活センターさん。
「馬」の字の点が微妙に2つだけ残っていますね…。

PC223617.jpg

列車の走行音が聞こえて来たので、咄嗟ににわか撮り鉄。
集落の上方をスーパーまつかぜが走り去って行きました。
さっきの列車はこれとの交換待ちだったようですね。

PC223621.jpg

馬路と言えば鳴き砂で有名な琴ヶ浜ですね。
馬路集落=琴ヶ浜と言っても良いくらい、隣接してます。

この日は生憎の天候ということで、迫力ある日本海を体感できました。
鳴き砂は乾燥していないと鳴らないので、どうせ鳴らないだろうと、試してもいません。

PC223628.jpg

馬路はかつて石見銀山の積出港として栄えた港町。

PC223629.jpg

そして江戸時代以降は、漁業と廻船業を主な生業とする港町でした。

PC223632.jpg

再び旧山陰道の街道筋へ。
この道を真っ直ぐ行けば、山を越えて仁万に至ります。(行きませんが)

PC223633.jpg

海に面した集落ではありますが、平地はあまりなく、大部分が傾斜地のようです。
坂に階段、古い木造家屋の組み合わせも好みです。

PC223634.jpg

旧山陰道を見下ろします。前方が馬路駅。
この坂を下れば少しの平坦地があって、すぐまた駅への登り坂になります。

PC223637.jpg

坂の宿場町といった風情の馬路集落。

まだまだ歩き回りたいところですが、滞在時間が短いのでここら辺でタイムアウト。。。

PC223641.jpg

13:46発の出雲市行き普通列車から、離れゆく馬路の集落をパチリ。
さすがに琴ヶ浜の砂浜までは見えませんでした…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1188-ecb52439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)