懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第21回 江南駅の木造駅舎
PC223687.jpg

14:47、江南駅に到着。
味のある木造駅舎が残る駅です。
ここを訪問するにあたり、なかなか効率的なプランが組めずに頭を悩ませました。
「行って来い」で上手く訪問できる便が少ない上に、出雲市に向かう路線バスは
1日2~3便という少なさで使い勝手が悪いので…。

この時は上り列車で14:47着、下り列車で15:20発ということで、33分間の訪問としました。

PC223686.jpg

江南駅(島根県出雲市湖陵町)
1913年開業。青い屋根の素晴らしい木造駅舎は開業当初から変わらずに活躍中。
出雲市に吸収合併される前は、湖陵町の中心駅でした。
2010年度、一日平均乗車人員は89人。

PC223692.jpg

タクシー会社が管理する簡易委託駅。窓口は生きていますが、この時は営業時間外。
駅舎の内部はすっかり改装されているみたいです。

PC223694.jpg

駅前の小さなロータリーと、駅前旅館の林旅館さん。
写真には写っていませんが、駅前には3台ほどタクシーが常駐していました。

PC223693.jpg

駅舎の内壁はキレイになってましたが、木製ベンチは使い込まれた感がありました。

PC223695.jpg

きっぷは地元の駅で買うの限りますね~。
営業時間が短いと買うのも大変ですけど。。。

PC223697.jpg

窓口は平日の6:30~14:30のみの営業。
この日は日曜日ということで、そもそも営業していない日ですね。

PC223700.jpg

駅構内側から見る、江南駅の木造駅舎。何ですかね、庇がいい味出してるんでしょうか。。
駅舎の周囲も植木などで装飾されています。。。

PC223704.jpg

時間が割とある方なので、ちょっとだけ駅から離れてみます。。。

PC223705.jpg

駅の右前方へと続く道を進むと、角に古い木造家屋のある交差点があります。
左右に交差する道は、県道277号線。

PC223709.jpg

県道277号沿いには地元商店が点在。
湖陵中学校、湖陵小学校、最寄りの小中学校の指定店のようです。

PC223712.jpg

これでもかとハト印の看板。

PC223716.jpg

再び駅へ戻ります。

PC223718.jpg

15:20発の浜田行き普通列車(331D)はタラコのキハ47系の2連でした。
ちょっとテンションが上がります。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

山陰線の風景いいです。

諸事情で行くことは出来ないので記事で楽しませていただいています。


定期券、朝少し早く駅に来て買ってね、っていうことですね。

[2015/02/22 05:36] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


>ぞうまささま
コメントありがとうございます。
山陰の風景、今でも時々見に行きたい衝動にかられます。

大した内容ではありませんが、少しでも旅の気分を味わって貰えたら嬉しいです。
まだまだ続くので、お付き合い、宜しくお願い致します!
[2015/02/23 08:25] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

居組も佐津も駅舎にてるのだ!
昔、ここのすぐ近くの湖(池)の近くに「くにびき荘」なる国民宿舎があって、
なかなかよかったのだ。温泉だったか忘れたけど・・・
・・・海の幸はうまかったぞつるみん

江南の駅舎はとても貫禄があって・・・といいますか
小田も羽根も黒松も津田もあめ色の石州瓦で
みんな「町の顔」だったです。駅員いたころはその重さも
もっと在ったような気がします。
・・・こればっかりはしょうがないすみならいかのん

こういう建てかたの駅舎は山陰地方(島根県)の特徴でしょうか?
屋根というかひさしというか、ついでに荷物置き場の名残みたいなのもありますし、
(チッキ台はもともとないのかも・・・)
ベンチも昔の重くて硬いやつじゃないけど、プラスチックじゃないですし・・・
道が狭いのも自動車社会になる前の古い町並みを残していて・・・
んが、自分らみたいなよそ者はそういって懐かしがったりしますが、
地域の方はそういっていられないでしょうね。
・・・こういうの残ってほしいですけどねはじめっち

湖陵町江南の近くの多伎町小田に「いちじく温泉」とかいうのがあるす。
いちじくが湯船に浮いているのかと思ったら、
多伎の特産物がいちじくの「蓬莱柿(ほうらうし)」だそっで、
「小田温泉」が「小田いちじく温泉」になったのだそうっす。
最近テレビの番組で島根県(多伎・海士×2・仁多米・たたらなど)を取り上げることが多く、
テレビ局のいんぼうなのかと思っちゃただよ。
・・・多伎と田儀、仁万と邇摩と仁摩と迩摩同じ土地なのにおもしろいすゆたか
[2015/10/23 15:21] URL | つるみん&みならいかのん&はじめっち&ゆたか #- [ 編集 ]

Re: 居組も佐津も駅舎にてるのだ!
>つるみん&みならいかのん&はじめっち&ゆたか さん

くにびき荘、湖陵町にある国民宿舎のようですね。
湖陵温泉という名前のれっきとした温泉みたいです!

山陰線は木造駅舎が多く残る方ですが、それでも解体されたモノも多いですよね。
小田や石見津田もそうですし、黒松は駅舎もない駅になってしまってます。
人口減少に車の普及で鉄道は苦しい時代ですよね。

確かに佐津あたりに似てる気がしますね。
山陰本線に多いのかも知れません。。。

古いモノ大好きな自分にとっては「良い風景」であっても、
地元の方々の思いは違うのかも。
古き良きモノよりも利便性を求められることもあるでしょう。

田儀と多岐、仁摩と邇摩と仁万、確かに面白い。。。
[2015/10/25 11:37] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1190-90b40c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)