懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第23回 温泉津温泉街の夜
PC223744.jpg

旅の2日目最後の訪問先に選んだのは、温泉津。
ここに来るのは2012年春以来。1年半ぶり2度目です。

列車は温泉津16:33着。
前回は駅から温泉街まで歩きましたが、駅前に連絡バスが待機していたので、
今回はバスのお世話になりました。(16:35発、運賃140円)

PC223750.jpg

PC223751.jpg

16:40頃に着いた温泉津温泉街は、もう夜の一歩手前でした。

前回訪問時に薬師湯と元湯の両方に入りましたが、
元湯の方はあまりゆっくり楽しめなかったので、今回はリベンジの為の再訪です。
また、夜の温泉街も見てみたかったので。

元湯は大盛況で写真は何も撮れませんでしたけど、
あつ湯で46度、ぬる湯でも44度もある熱い温泉を、今回はゆっくりと楽しめました。

PC223755.jpg

元湯を出ると、もうすっかり暗くなっていて、
明かりが灯る温泉街は、とてもイイ雰囲気に。(写真は薬師湯)

PC223756.jpg

薬師湯前の、吉田屋さんと後楽旅館さん。

PC223758.jpg

この後は18:36発の米子行き快速アクアライナーに乗ります。
ゆっくりお風呂に入ってもまだ1時間以上あるので、写真を撮りながら駅の方へ歩いて
どこか食事ができるお店を探します。

PC223762.jpg

PC223767.jpg

あまりひと気のない、夜の温泉街を歩きます。
温泉街には温泉宿はそれなりに立ち並んでいますが、食事ができる場所となると話は別。
店じまい中の商店ならありますが、食堂や居酒屋はひとつもありません…。

PC223768.jpg

食べるお店はありませんが、さすが伝建地区(伝統的建造物群保存地区)に指定された
温泉津の町並み、夜の姿はまた更に魅力的なのでした。

PC223773.jpg

最終的には温泉街から駅のある小浜地区へ向かう途中にある、
お食事処あさぎ屋さんで、食事にありつくことができました。めでたしめでたし、と。

温泉津駅前の酒屋前の自動販売機で缶ビールを調達し、快速アクアライナーへ。
この日の宿は初日の出発地点である米子に取っていたので、
温泉津から米子まで2時間20分の長時間移動となりました。(温泉津18:36発、米子20:55着)
旅の2日目は浜田~大田市あたりを行ったり来たりしてましたね。。。

次回から旅の最終日。今度は鳥取県を中心に、駅めぐりは続きます…。



続く


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1192-396b9719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)