懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第24回 早朝の荒島駅にて
PC233784.jpg

いよいよ最終日を迎えた山陰路冬紀行。
準備運動がてらに(?)、朝一番に訪れたのは、米子の2つ西寄りの荒島駅。また島根です。
(米子6:48発、荒島7:01着)

PC233777.jpg

やっと明るくなったばかりの荒島駅に降り立ちました。

PC233778.jpg

荒島駅(島根県安来市荒島町)
1908年開業。古い平屋建ての木造駅舎が使われています。
駅舎は南向きに立ってるので、どの時間帯でも逆光にはならないと思われます。
無人駅なのですが、事務所スペースには人がいます。。。

PC233779.jpg

駅舎の右側に増築された、結構立派な自転車置き場。
実は駅舎内にいた人は、この自転車置き場の管理人さんだったりします。
でも特に委託駅という訳ではなく、駅にいるだけで切符の販売などはされていません。

PC233786.jpg

PC233789.jpg

駅前には県道190号線が東西に走っています。
この道は国道9号線の旧道であり、古くからある山陰道でもあります。

このあたりは山陰道と、広瀬街道との分岐点になっていて、古くからの交通の要衝。
1928年から1960年までは荒島駅から出雲広瀬駅まで鉄道路線もあったみたいです。

PC233793.jpg

早朝の駅前通りの風景。

荒島駅の由来となる荒島町は、県道に沿って西へ1kmほど行ったところにあり、
山陰道の古い町並みが今でも残されているそうです。

PC233780.jpg

列車の時間が近いので再び駅へ。
荒島駅は片面+島式の2面3線の交換可能駅。

PC233785.jpg

米子方面を向いて。

PC233796.jpg

島式ホームに「末期色」と揶揄される真っ黄色の115系国鉄型電車がやって来ます。
荒島7:20発のこの列車に乗って次の駅へ。
この列車は米子からそのまま伯備線に入り、新見まで直通しますが、
伯備線は今回のルートではありません…。




続く


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1193-6fa1e545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)