懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第27回 米子サイクリング~後編
PC233881.jpg

米子市内のサイクリングの後編です。
本通り商店街~笑い通りと続くエリアは、かつて米子で一番の繁華街だったそうで、
古くからありそうな魅力的な路地なんかが多く、目移りしてしまいます。

PC233887.jpg

水路側から再び本通りの筋へと戻ります。
ここの交差点風景もグッと来るものがありました。

PC233889.jpg

西倉吉町にあった近代建築、第一モデル理容館。

PC233890.jpg

こちらは水路を越えて尾高町、坂口合名会社。1931年築。

PC233896.jpg

西倉吉町から尾高町、そしてその先の岩倉町あたりが、
町並み散策のハイライトになるみたいです。

PC233897.jpg

そして米子で一番惹かれたのが、こちらの駄菓子屋さん。
立町にある、岡本一銭屋さんです。
ひたすら真っ直ぐ続いてきた本通りからの筋がクランクする場所にあります。

PC233910.jpg

自分が自転車を停めてしばし外観に見惚れていると、ちょうどお店の方が
犬のお散歩から戻って来て、是非内部も見て行くよう勧められたので、
遠慮なくお邪魔させて頂きました…。

歴史ある商家の内部、そして中庭。
外を通り過ぎるだけじゃ見られなかった部分ですね。

PC233911.jpg

この岡本一銭屋さん、建家だけでなく、駄菓子屋としても魅力的。

PC233912.jpg

昭和の時代そのままの駄菓子屋さんで、近所の子供たち御用達だそうです。
とっても懐かしい感じですよね。見学もさせて頂いたし、撮影の許可も頂いたことですし、
鉄旅のお供に、何個か駄菓子を購入させて頂きました。
なんだか、遠足のお菓子を選んでいた小学生時代を思い起こしましたね。。。

PC233919.jpg

旧米子城のお堀から中海へと続く運河(旧加茂川)は、
大正時代まで船が往来したと言われる水路。
土蔵も残る運河沿いの風景は、米子を代表する景観とも言えるでしょう。
今は運河沿いに歩道が整備されています。

そしてこのあたりが今回の米子サイクリングの折り返し地点。
とは言っても、もうだいぶ時間を費やしてしまったので、あとは駅まで真っ直ぐ戻るだけ。
ここら辺は駅から2km程も離れているので、やっぱり散策にはレンタサイクルが最適ですね。

PC233928.jpg

予定の列車の時間が迫っていたので、途中いくつも惹かれる場所があったのに
全部素通りせざるを得なかったのが残念でなりません。。。
写真は戻る途中に通った朝日町の飲み屋街。悪あがきの一枚です(汗)

PC233937.jpg

何とか予定の列車に間に合わせました。
レンタサイクルを地下駐輪場へ返却し、再び鉄道の旅となります。。。
今回の旅で三度訪れた米子とも、これでお別れとなります。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1196-41be0458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)