懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.12 山陰路冬紀行 第38回(最終回) 用瀬の町並み~後編
PC234350.jpg

用瀬のメインストリート(県道174号線)。
銀行や商店などが立ち並んでいます。

PC234352.jpg

山側にはいくつかの寺院があります。
そのうちのひとつ、円教寺の参道から用瀬の町を見下ろす。

PC234356.jpg

千代川沿いに開けたかつての宿場町・用瀬。
遠方に見える高架は鳥取自動車道。無料区間だそうです。

PC234359.jpg

高台からの眺めを楽しんだ後は、再び表通りへ。

PC234361.jpg

最初に水路沿いを歩いている時に見かけた酒屋さん、奥本酒店さん。
ここで土産の地酒を買おうと店に入り、お店の方と雑談してから知って驚いたんですが、
ちょうど年末に閉店(廃業)するところ、ということで、ギリギリのタイミングだったようです。
お店の女将さんは柔らかな物腰ながら、芯がしっかりとした印象を受ける方で、
会話をしていて、とても清々しい気持ちになりました。
閉店してしまうには惜しい、歴史ある酒屋さん。ここで一升瓶を一本購入です。

PC234369.jpg

そのまま北へと歩いて行きます。
何か酒屋さんが多いような…。気のせいかな…?

PC234373.jpg

集落の中を抜けてきた道は、踏切を渡ると国道53号に合流しておしまい。
このあたりで引き返すことにします。そろそろ暗くなります。

PC234376.jpg

水路沿いを駅の方へ。
人々の生活が息づく、水路沿いの風景。

PC234365.jpg

暗くなる前に用瀬駅に戻り、最後は駅で列車が来るまで時間を潰していました。
すっかり暗くなった17:32発の智頭行きで、用瀬を離れます。。。

PC234378.jpg

智頭から智頭急行で佐用までショートカット。
途中、対向列車の遅延の影響を受けて大幅に遅れましたが、
佐用からの姫新線がちゃんと接続待ちをしてくれたので、
何とかスムーズに大阪まで戻ることができました…。

というわけで、全38回に渡った山陰路冬紀行、これにて完結となります。

3日かけて島根鳥取の駅をたくさん巡ることができたかな、と思います。
お付き合い頂いた方に、深く御礼申し上げます…m(_ _)m

スポンサーサイト


コメント

琺瑯看板の並ぶ立派な酒屋さん、残念です。

それでも一升瓶を買うのは最後の訪問地になってしまいますよね。
[2015/03/15 20:29] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


>ぞうまささま
お返事遅くなりました。
店仕舞い前に訪れることができて良かったですが、
無くなるには勿体無いお店でした。
地酒を買って帰るのがいつもの流れですが、
やはりいくら頑張っても最終日ですよね、買うのは。

用瀬は町並みが良いので、訪問する価値ありですよ!
流し雛も見てみたいですが、あいにく我が家は男の子ばかりでして
家族を連れて行く理由が見当たらず困ってます(笑)
[2015/03/17 07:46] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1207-afcd74b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)