懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.5 水分れ公園と独錮の滝
P5040087.jpg

レンゲ畑、春日総合運動公園に続いて、同じく春日にある水分れ公園へ。
「水分れ」で「みわかれ」です。確か広島には「水分」で「みくまり」という場所もあったような。

公園の手前にある無料駐車場に車を停めて、歩いて公園へ向かいます。
ここにも小さな藤棚がありました。

P5040089.jpg

新緑の山はパッチワーク模様。
とても清々しい空です。

P5040093.jpg

水分れ公園内を流れる高谷川は加古川水系。
園内は、こんな感じの親水公園になっています。
暖かい日だったので、水遊びをする子供の姿も多く見られました。

P5040097.jpg

そしてここが公園の名前の由来、水分れのポイント。
本州で一番標高の低い中央分水界になります。

P5040099.jpg

前述のとおり高谷川は瀬戸内海側の加古川水系。
主流は瀬戸内海へ、枝分かれする川は日本海へと向かいます。
本州一低い中央分水界は、標高わずか95m程度。
ただ、そのポイントはこの公園ではなく、800mほど西へずれた場所になりますが。

山の尾根でもないこんな比較的平坦な場所が分水界になっているのは珍しいですよね。

因みに、日本一低い中央分水界は、北海道の新千歳空港付近、
標高はわずかに20m程度、とのこと。

P5040101.jpg

公園内にある、𡶌部(いそべ)神社(「イソ」は山偏に石)。

P5040103.jpg

園内は高谷川のほか、人工の滝や噴水など、
水とふれ合える公園になっています。が、水がもうちょっと綺麗だったら良いなぁ、と。。。

P5040114.jpg

さて、続きましては同じく丹波市ですけど旧氷上町エリアにある、独錮の瀧へ。
滝は、岩瀧寺(がんりゅうじ)という真言宗寺院の境内にあります。

P5040125.jpg

山門下の無料駐車場に車を停めて、山門~本堂と歩いて行きます。
写真は本堂脇の階段を下ったところにある、夫婦杉。

P5040128.jpg

岩瀧寺境内を流れる香良川が形成する岩瀧寺渓谷、そこにあるのがこの独錮の滝。
落差18mの直瀑。渓谷の木々に囲まれた滝は、日の光も届かず、薄暗い感じ。
とても静かな空間になっていました。紅葉時の姿も悪くなさそう。

P5040130.jpg

滝壺の下は、こんな岩がゴロゴロ。
登り降りしたり、サワガニを捕まえたりして遊ぶ息子1号。

いろいろ寄ってますが、次回が最後の寄り道になります。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1225-557eb3d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)