懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.4 十津川桜旅 第1回 谷瀬の吊り橋
P4048480.jpg

今回から数回に渡って、この4月に行った十津川旅行の写真をアップしたいと思います。
何度か行っている、両親と行く親子3世代の恒例旅行。
今回は十津川の温泉に入る、ついでに桜も楽しむ、というのが個人的なテーマ。

まずは大阪からひたすら車を走らせて、有名な谷瀬の吊り橋へやって来ました。
十津川村一の観光スポットと言っても過言ではないですね。

P4048479.jpg

前の写真にも写ってますが、この吊り橋は長さ297m、高さ54m。
因みに今の日本一の吊り橋は九州にある九重夢の吊り橋で、長さ390m、高さ173m。

P4048429.jpg

眼下を流れる十津川(熊野川)の河川敷の桜が満開を迎えていました。
この日はもともと雨予報でしたが、曇天のまま持ってくれてホント良かった。。。
雨の中、吊り橋を渡るのってちょっと嫌だったので。

P4048430.jpg

この吊り橋は谷瀬集落の方々がお金を出し合い、1954年に架けられたそうです。
それまでは川に丸太橋を渡していましたが、氾濫のたびに流されて、大変苦労されたとか。

今でも観光スポットであると同時に、生活道路でもあるわけです。
地元の方は平気で自転車やバイクで渡るというからすごいですね。

P4048434.jpg

谷瀬の吊り橋については、腰を抜かす人がいる、という話を聞いていたので
「どんなかな?」と思いながら行きましたが、正直、全然平気でした(自慢げ)

聞いた話では、以前は両側の網がなかったので、もっと怖さを感じたんだそうです。

P4048433.jpg

今は網がある安心感からか、結構余裕でした。
うちの5歳と2歳の息子も平気で渡ってましたし。
もっと怖がるかと思ってたので、ちょっと残念ではあります…。

P4048435.jpg

ゴールデンウィークなんかには人が多くて一方通行になるみたいですね。
その場合は結構大回りして別の橋を渡って戻る必要があるみたいです。

P4048443.jpg

左岸側(駐車場側)にあった橋の銘板。昭和29年3月完成、とあります。

P4048455.jpg

橋を往復した後は、少し歩いて、吊り橋をのぞむ高台のカフェでお昼ご飯を…。
スプルースというウッディなカフェでオムライスを頂きました。
ここはデッキで吊り橋を見ながら食事ができるので、雨が降らなくてホント良かった。。。

P4048478.jpg

こうして撮ると、高度感ありますかね…?

P4048482.jpg

吊り橋がある上野地は、十津川村の中でも結構民家の多い集落。
橋の近くにはお土産屋さんなんかも数軒。食事処もありましたね。

駐車場は橋のすぐ近く。有料で500円でした。。。

吊り橋観光と食事を済ませ、更に村内へ深く入って行きます。




続く

スポンサーサイト


コメント

うぉ、早くも十津川の旅のupが始まりましたね。
これは楽しみです。

谷瀬の吊り橋はお子さんも含めて余裕でしたか。さすがですね。
確かに両サイドの網のお陰で安心感は高まりますね。
眼下の桜もきれいです。

自分は八木新宮線の休憩時間の訪問だったのでゆっくりすることは出来ませんでしたが、吊り橋を見ながらのカフェでの昼食もいいですね。
車での訪問もありかなぁと考えてしまいました。

今後の行程も楽しみにしています。
[2015/04/21 01:05] URL | PoW #jOWnQU.Y [ 編集 ]


>PoWさん

コメント有難う御座います。
ちょうど桜の時期でしたし、季節モノは早めにアップしようかと思いまして。
PoWさんの記事に触発されたのかもしれませんね。

谷瀬の吊り橋は昔から怖いもの見たさで行きたいと思っていた場所。
思ったほど怖さがなかったので少し拍子抜けしました~。

訪問先は目新しさには欠けると思いますが、
引き続き見てやって下さい。
5回分の記事で完結予定ですので…。
[2015/04/21 22:27] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1235-1f923f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)