懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.9 広島めぐりパスの旅 第11回 忠海と大久野島
P9220384.jpg

竹原から東進、忠海駅で次の下車を敢行します。
対面式ホームで、下り(広島方面)ホームの背後には日本肥糧の建家が迫ります。
駅舎は上り(三原方面)にあります。

P9220386.jpg

駅のすぐ前を左右に走る国道185号線。
国道の先には駅前通りがまっすぐ続いて行きます。

P9220389.jpg

忠海駅(広島県竹原市)
1932年開業。簡易委託ながら有人駅です。
かつてはみどりの窓口があった時代もありましたが、2003年に廃止されています。
駅舎は比較的新しいものですね。
駅前スペースはあまりありませんが、タクシーは常駐しているようです。

P9220390.jpg

駅前通りには商店がいくつかあるほか、旅館もチラホラ。
大久野島や大三島の玄関口として、宿泊客の需要もあるのでしょうか。
通り自体にはあまり活気は感じられないのが残念。

P9220395.jpg

P9220396.jpg

竹原の伝建地区を見た直後なので、どうしても感動が薄いですね…。
歴史のありそうな建築もちょこちょこ見られますし、ゆっくり散策してみても面白いかも?
自分たちは目的を持って忠海駅で下車しているので、脇道には入らずに歩きます。

P9220399.jpg

忠海の海は「だたの海」。
誰もが思いつくも、決して口にしてはいけない言葉…。

P9220401.jpg

もう夕方が近いのですが、大久野島へ渡ってみることにします。
大久野島には国民休暇村がありますが、別にそこに泊まる訳ではありません。

この島は今はウサギがたくさんいるウサギ島として有名ですが、
戦時中は毒ガス開発の秘密拠点として、一般地図からも削除されていた島。

こちらも高校時代に一度訪問経験あり。
一度行った場所は家族を連れて再訪したくなるんですよね…。
約16年ぶりの再訪、となります。。。

P9220402.jpg

忠海港からいざ乗船。
大久野島へは、大久野島行きの客船か、大久野島経由大三島行きのフェリーを利用します。
自分たちが乗ったのは16:05発の客船。
朝夕はだいたい30分に1便程度、お昼は1時間に1本程度の運航です。

http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/access/images/jikokuhyo2014.pdf
↑ 2014年4月の時刻表(※国民休暇村大久野島、HPから)

P9220410.jpg

ちょうど呉線105系2連が通過するのを、沖から撮影できました。

P9220413.jpg

忠海港~大久野島は約12分間の短い船旅です。

大久野島には第一桟橋と第二桟橋があり、どちらに着岸するかは便によります。
島の拠点・国民休暇村へは第一桟橋が近く、徒歩5分ほど。
第二桟橋は少し遠くて徒歩15分ほど。船の時間に合わせて無料バスが運行されます。

自分たちが乗った便は第二桟橋着だったので、バスで休暇村まで移動します。

P9220427.jpg

休暇村のカウンターでは100円でエサが販売されていたので、それを購入。
子供たちはずっとエサやりに興じていました。
下手に足元を見ない100円という安い価格設定がとても好印象でしたね。

P9220473.jpg

1971年に島外の小学校から持ち込まれたという8羽のウサギが、
温暖な気候や天敵の少なさから大いに繁殖し、今ではその数700羽以上と言われます。

P9220444.jpg

とても人に馴れていて大人しいウサギたちでした。
ウサギ好きたちの聖地というのも頷けますねぇ。

P9220479.jpg

17:45発(今度は第一桟橋発)の客船で忠海へと戻ります…。

この後は忠海から三原へ移動し、そこでレンタカーをして須波にある宿へ投宿しました。
次回から旅の3日目(最終日)となります。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1259-1e9b334c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)