懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.9 広島めぐりパスの旅 第12回 須波駅の木造駅舎
P9230503.jpg

旅の最終日のスタートです。
前夜は三原市須波にあるホテル寿恵広さんへ宿泊しました。
朝は早く起きて宿から日の出を鑑賞。

P9230507.jpg

家族はまだ寝ているので、7時くらいまで約2時間、単独行動に出ます。
まずは宿の最寄り駅である須波駅へ。レンタカーがあるので自由に動き回れて便利です。

P9230508.jpg

須波駅(広島県三原市)
1930年、三呉線(=呉線の旧称)が三原から須波まで通り、終着駅として開業。
翌年には隣の安芸幸崎まで延伸したので、わずか一年で途中駅に。
駅舎は古びた木造駅舎。出入り口あたりの外壁は修復されたあとが見られますね。
駅舎脇にはJR社宅らしき建物がありました。

2008年度、一日平均乗車人員は178人。無人駅です。

P9230510.jpg

建物財産標にS5とあるので、開業当初からの駅舎だということが分かります。
(昭和5年=1930年)

P9230512.jpg

窓口はボードで塞がれてしまっていますね。
木製カウンターだけが残ります。。

P9230524.jpg

須波駅は対面式の2面2線。
ホームは駅舎よりも高い位置にあります。
上下線ホームへのアクセスはちょっと複雑で、上の写真のような感じ。
三原方面(上り)のホームへは結構遠回りする必要がありますね。

P9230514.jpg

駅舎から下りホーム(呉方面)へは、そのまま正面の階段を上ってアクセス。
小ぶりの木造上屋がありますね。

P9230511.jpg

早朝の須波駅、三原方面への列車(103系)がやって来ました。
須波から乗り込んだのは2人くらいだったと思います。

P9230516.jpg

下りホームの後ろに使われていない引き込み線。

P9230520.jpg

駅のすぐ裏手にそびえる筆影山は、瀬戸内海のしまなみの眺望が素晴らしい場所。
(この後、みんなで訪問します。)

P9230513.jpg

駅前は少し歩けば国道を渡ってすぐ瀬戸内海。
駅名も海のイメージですね。海に近い爽やかなイメージの須波駅でした。

さて、引き続きひとりで車を走らせ、次の場所へ…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1260-2629a2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)