懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 潮騒の島へ 第3回 一身田の寺内町を歩く~後編
P3217548.jpg

一身田寺内町歩きの続きです。
専修寺山門(釘貫門)から見る玉保院。

P3217551.jpg

高田本山・専修寺。
専修寺で「せんじゅじ」と読むそうです。

P3217556.jpg

高田会館前から、一身田駅方面を向いて。

P3217557.jpg

通りと通りとを結ぶ路地。引き込まれそう。

P3217566.jpg

寺内町の東側の水堀。こちらも結構小さな水路になっていました。

P3217569.jpg

今度は南側の商店街の筋を歩いて駅まで戻りましょう。

P3217575.jpg

岡野衣料品店の脇から続く細い路地は、3枚前の写真の路地。

P3217576.jpg

商店街にあった旧村界水路。
かつてあった一身田村と窪田村という2つの村の境界の水路だったとか。
水路はメチャクチャ小さいものでした。

P3217579.jpg

ちょうど専修寺の正面の筋と交差します。
正面から見る山門(釘貫門)はとても端正ですね。

P3217580.jpg

古い商店が軒を連ねる寺内町商店街(一身田商店街)。

P3217583.jpg

ホッとする、一身田の町並みでした…?

P3217586.jpg

散策を終えて一身田駅に戻って来ると、ちょうど亀山行きの列車が到着していて、
学生さんがたくさん出て来ました。。。

P3217590.jpg

次の列車は8:02発の伊勢市行き普通列車。(土休日運転列車)
ちょうど一身田で列車交換があるようで、亀山行きはしばらく待ち合わせ停車中…。

一身田では約50分の滞在ながら、駅舎と町並みを存分に楽しめました。



続く

スポンサーサイト


コメント

私も先日、一身田の町を歩きました。

一身田駅は近くに学校があるので通学客で賑わう駅です。
[2015/06/05 03:33] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


>ぞうまささま

そうですね、先日記事もアップされてましたね。
ぞうまささんは近鉄の高田本山まで歩かれたんですよね。
ここは伊勢鉄道の東一身田も近いし、駅間を歩くには丁度良い距離です。

一身田駅、期待通り素晴らしい木造駅舎でした。
実際に見て学生さんの多さには驚きました。
[2015/06/05 08:19] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1271-c8e8e577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)