懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 潮騒の島へ 第8回 伊勢古市・麻吉旅館
P3217718.jpg

伊勢市駅前から三重交通バス・浦田町行きに乗って中之町バス停下車。
バス停から徒歩1分かかるかかからないかで、目的の物件・麻吉旅館に到着です。

P3217719.jpg

この素晴らしい木造建築を見るため、バスに乗ってやって来ました。
200年以上の歴史を持つ旅館で、何とまだ現役なんです。

P3217720.jpg

ここの魅力は歴史ある木造建築であること以外に、この立地も大きなポイントでしょう。
バス通りがある古市町・中之町は高台の上にあり、旅館はそこから下る坂道の途中にあります。

P3217724.jpg

微妙に右に曲がりながら下りて行く道。
そしてその道に合わせて続いて行く麻吉旅館。
この曲がり具合が素敵ですよね~。

P3217728.jpg

坂というか階段の一番したから見ると、でかでかと「麻吉」の文字が。
ここは伊勢自動車道沿い。

P3217726.jpg

再び階段を上がりながら撮影です。
下から見上げる姿もまた素晴らしい。

P3217732.jpg

この麻吉旅館のある伊勢古市は江戸時代に大きな遊郭として賑わった場所。
麻吉旅館もかつては「花月楼」という屋号を持っていました。
周囲に遊郭の面影が消えた今、当時の姿を現代に残す貴重な歴史遺産と言えるでしょう。

P3217733.jpg

国の登録有形文化財指定のお宿。
内部は階段だらけで面白そうです。うーん、泊まりたい。

P3217738.jpg

麻吉旅館周辺、中之町の町並み。
古い街道になるんですかね、細めの道幅で微妙にカーブしながら続く道です。

P3217745.jpg

さて、お目当ての物件でひとり大興奮した後は、また駅の方へ戻ります。
戻りはバスではなく、徒歩で行ける近鉄・五十鈴川駅へ。
この伊勢古市郵便局の角を曲がって坂道を下ります。

P3217748.jpg

坂の下には近鉄の線路。
上に古い家屋が見えるあたりが、バス通りです。

P3217751.jpg

近鉄・五十鈴川駅。麻吉旅館から歩いて10分強でしょうか。ゆっくり歩くと15分かも。
駅前ロータリーがやたら広かったのが記憶に残っています。(写真はナシ)
伊勢神宮内宮の最寄駅、ということも関係するんでしょうかね。
まぁ、最寄と言っても2kmくらい離れていますが。

P3217754.jpg

島式2本の2面4線。特急停車駅でもあり、ホーム有効長も結構あります。
ここから近鉄列車で隣の宇治山田までの移動です。


続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1276-a2506bec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)