懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 潮騒の島へ 第15回 潮騒の島・神島散策~中編
P3217965_2015053002181975f.jpg

神島のシンボルとも言える、時計台がこちら。
昔は島唯一の時計が時を刻んでいましたが、その後時計は無くなり時計台「跡」に。
そして現代になって新しい時計が設置され、時計台として復活を果たしました。

P3217967.jpg

時計台の脇道。
島の内部は車も通れない細い路地だらけです。

P3217969.jpg

気ままに歩く神島。自分好みの坂の密集集落。
時折行き止まりにぶつかるのもまた楽しい。

P3217976.jpg

高台から眺める神島の家並み…。

P3217977.jpg

なんだか屋根がカラフル。

P3217983.jpg

路地を抜けると階段、振り返ると「潮騒」の文字。

P3217984.jpg

坂を上って下りて、再び海沿いへ。

P3217986.jpg

民宿まるまんさんの前の道は行き止まり。

P3217991.jpg

消防車も入れない細い路地に、密集した木造家屋たち。
火事が起こったらひとたまりもないですよね。
というか、そもそも消防車はあるのでしょうか…?

P3217992.jpg

こんな路地を抜けながら、神島散策はもう少しだけ続きます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1283-241a0787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)