懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.10 京都・壬生寺界隈を歩く
PA129220.jpg

今回からは京都ネタが3回ほど続きます。
まずは阪急京都線・大宮駅から町歩きスタートです。
写真は四条大宮交差点。前方のビル1階には、嵐電の四条大宮駅が入っています。

PA129228.jpg

四条通の一本南側、綾小路通を歩きます。

PA129231.jpg

何気ない通りの風景。どこか懐かしい風景。
京都にはこんな通りがそこらじゅうにあるんですよね。
散策するにも目移りしてしまって困ります…。

PA129232.jpg

PA129234.jpg

手作りポストが可愛い。

PA129236.jpg

綾小路通と坊城通の交差点から。
嵐電が走る、京都の風景。

PA129240.jpg

再び綾小路通。ここは壬生寺の北側。

PA129247.jpg

裏口から壬生寺に入りました。
こちらは壬生狂言で有名な壬生寺の舞台。(※演目中は撮影禁止)

この日はちょうど壬生狂言の秋の特別公開があったので、
なかなか無い機会と思い、観てみました。(もちろん写真はありません)

子連れで長時間は無理なので、演目「炮烙割」だけを観ました。
最後のハイライト、炮烙を一気に舞台から落として割り、
土埃が濛々と立ち込めるシーンは圧巻。思わず拍手でした。

PA129253.jpg

壬生狂言は年3度の公開があります。

①節分の公開 : 節分の前日と当日の2日間
②春の大念佛会 : 4月29日~5月5日の7日間
③秋の特別公開 : 10月、体育の日の3連休

年間で12日間しか見るチャンスが無いんですねぇ。
偶然その1日に当たったというのは幸運としか言いようがないですね。いい経験になりました。

PA129260.jpg

路地に見つけた銭湯・壬生湯。看板がレトロで好みです。

PA129263.jpg

壬生寺の南門。

PA129265.jpg

とても惹かれる通路ではありますが、こういう動線の小路は私道であることも多く、
なかなか内部まで潜入する気にはなりませんね。

PA129266.jpg

仏光寺通沿いにあった丸福さん。古い看板にとても惹かれました。
天ぷらやうどん、そばなんかを出す食堂みたいですね。営業されてるのかどうかは不明。

PA129269.jpg

千本通を南へと歩いて行きます。。。




続く

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。
おーーーっ!ねじまきさんの京都町歩きって珍しいですよね。
壬生寺とその界隈で新撰組に触れないのも珍しいですが(笑)、
ねじまきさん視点の町並み写真はやっぱり興味深いです!
つづきも楽しみです。
[2015/07/02 03:08] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toさん

京都のネタは少ないですよね、言われてみれば。
新選組は、そんな思い入れもなく、嫁さんも特に興味ないみたいだったのでスルーでした(笑)
Kyo-toさんに言われて検索してみると、ホント新選組関係の見所がたくさんあるんですね。。。

この次にアップした島原は、だいぶ前にKyo-toさんからのコメントで教えて貰ってから
ずっと行こう行こうとしていた場所。やっと訪問することができました。
貴重な文化財の物件が素晴らしいですね。
[2015/07/03 00:25] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1292-c1079545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)