懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.4 余部駅と、ヤマサ蒲鉾・芝桜の小道
P4269130.jpg

太市駅に続いて余部駅、っぽいですけど、実は別のタイミングです。
前回までは2014年10月で今回は今年(2015年)4月。
題名にある芝桜を見に行くついでに立ち寄った余部駅の様子です。
まぁ、場所が近いので太市駅と続けて紹介しようかな、と思っただけであります…(笑)

この時は列車ではなく、車での訪問となってます。

P4269123.jpg

余部駅(兵庫県姫路市)
1930年開業。読みは「よべ」駅。山陰本線にあるのは餘部(あまるべ)駅。
(餘部鉄橋は余部鉄橋とも表記されますけどね。)
隣の太市駅は無人化されていましたが、こちらはしっかり有人、
しかもみどりの窓口業務も取り扱う駅になっています。

P4269124.jpg

対面式2面2線。駅舎は上り・姫路方面のホーム(2番ホーム)側に。

P4269125.jpg

周囲に大学や高校があり、学生さんの利用が多いようですね。
2012年度、一日平均乗車人員は1,949人と、結構多いです。

P4269126.jpg

駅前は小さな転回スペースがあるだけで特に何もなかったですかね。

P4269127.jpg

ちょうど播磨新宮方面への下り列車がやって来ました。

P4269131.jpg

余部駅の木造駅舎。
太市駅同様、出入口のあたりが改修されているようでした。

P4269134.jpg

さて、この日は余部駅はあくまでついでの訪問。
平日に阪神電車の吊り広告で知った、夢前にあるヤマサ蒲鉾という会社の敷地内にある
芝桜の小道というのがお目当てでした。
知名度はそんなに無いと思いますが、午後に訪れた時は臨時駐車場に回されて、
駐車場から工場まで10分ちょい歩かされました。これって知名度高いってことでしょうかね。。。

P4269140.jpg

工場は夢前川沿いの山際にあり、敷地内には芝桜が植えられ、
毎年4月10日頃からゴールデンウィークまで、無料で開放されています。

P4269144.jpg

三角屋根の建物は、工場敷地内にある夢鮮館という施設。
各種展示のほか、製品の販売などを行っています。
内部は芝桜を見に来た観光客で賑わっていました。

P4269146.jpg

巨大な魚のオブジェ。
やっぱり蒲鉾の会社だから原料の魚ってことでしょうか?

P4269148.jpg

芝桜の小道は林を抜けて数百メートル続き、奥には山裾一面の芝桜という場所もあります。
が、訪問時はピークを過ぎてしまっていたようで、期待した程の感動は無かったのが残念。
ですので写真のアップは自粛することに致します。。。

夢鮮館の近くはまだまだ見頃真っ盛りといった感じで、断然こっちのが見応えありましたね。

P4269187.jpg

小道の途中で見えた工場の風景。
こういう風景も結構好きだったりします。


さて、これにて近場ネタはひと段落として、次回からまた長編旅行記にしようかと思います。
お付き合い頂ける方は、宜しくお願いします…!


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1299-c1f6a3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)