懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.8 四国右上紀行 第2回 栗林公園北口、栗林、屋島
P8025979.jpg

高松から乗った徳島行き普通列車(4309D)ですが、わずか2駅で下車します。
例によって早朝は本数が多いので、あまり時間を気にせずに下車するプランが組めます。

P8025991.jpg

下車したのは、名勝・栗林公園の最寄り駅である、栗林公園北口駅。
この駅は、自分が高松市民だった頃に新しく設置された駅で、当時の我が家の最寄り駅。
9歳までしか住んでないのでかなり前のお話ですが、当時の記憶は割と鮮明で、
懐かしい駅の再訪ということで途中下車してみました。

P8025981.jpg

栗林公園北口駅(香川県高松市)
1986年開業。上述しましたが、栗林公園の最寄り駅です。
駅の名前どおり、北門まで徒歩2~3分程度。
この駅ができるまでは栗林駅が最寄りでしたが、微妙に離れてたんですよね。

駅としては、山沿いの高架にできた片面ホームだけの駅で、面白味は薄いかな。
特徴があるとすれば、この稲荷大明神が高架下にあることですかね。

P8025984.jpg

高架をくぐって階段を上がったところに小さな社殿があります。
自分の子供の頃と全然変わらない、薄暗い稲荷さまでした(笑)

P8025986.jpg

高徳線に沿って遊歩道が整備されてます。
ここも25年前と変わらない。

P8025988.jpg

栗林公園北口駅のホームへのアクセスはこんな感じ。

さあ、次の列車に乗って旅を進めます。
懐かしい駅の滞在時間はわずかに13分間。

栗林公園北口6:25発の普通列車・引田行き。(4311D)

P8025996.jpg

次の栗林駅での対向列車待ちで5分間停車。(6:28着、6:33発)
ホームは島式の1面2線。高松を出て初めての列車交換可能駅です。
ここでも改札外へ出てみます。

P8025997.jpg

栗林駅は古い高架駅。
あまり時間がないので、あまり引きの写真は撮れず。

P8025999.jpg

昭和臭さ満点の栗林駅でした。

P8026013.jpg

続いて屋島でも6分間停車時間がありました。(6:40着、6:46発)
ここでは対向の普通列車と特急うずしおとの待ち合わせ。
片面+島式の2面3線をフルに使った列車交換です。

全線単線の高徳線は、特に本数の多い朝の時間帯に
列車交換の為の停車時間が長い便が多数みられます。

P8026004.jpg

屋島駅は改装されている木造駅舎です。
駅名のとおり、高松を代表する観光地・屋島への下車駅ですけど、
並走するコトデンの方が屋島へは便利ですね。潟元か琴電屋島がオススメです。

P8026010.jpg

駅前には小さなロータリー。その先に短い駅前通り。

P8026011.jpg

無人駅ではなさそうですが、朝早すぎたんですかね、窓口は閉まったままでした…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1301-e19739e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)