懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.8 四国右上紀行 第10回 蔵本駅界隈を歩く
P8026267.jpg

蔵本での滞在時間はちょうど30分間。
駅だけでじっとしておくのは勿体無い気がして、駅周辺をちょっとだけ歩いてみました。

P8026270.jpg

今回の旅のプランを組むにあたり、隣の鮎喰(あくい)に戦前の町並みが残っているので
そちらを散策する方向でプランを模索していましたが、後の駅舎訪問の方を優先した結果、
鮎喰はプランから外れ、その代わりに蔵本で多少時間が取れることになった訳です。

P8026269.jpg

一発で人を魅了するようなすごい物件はありませんけど、
なかなか草臥れた感じの町並みは、自分好みかもしれません。

P8026274.jpg

旧讃岐街道の筋。
薬局の角に、元町湯という銭湯がありました。

P8026276.jpg

何でしょう、料亭でしょうか…?

P8026277.jpg

右に写る旅館・大正楼さんは、その名のとおり、大正時代から続く老舗旅館だそうです。
調べたところ2食付で7000円程度と、なかなかリーズナブルですね。

P8026280.jpg

駅周辺を歩くと、いい感じの木造3階建て物件を見つけて俄かに興奮。

P8026283.jpg

素敵な佇まいの、常磐旅館さん。こちらも大正時代の建物。
蔵本で戦火を免れた戦前の物件はこちらを含めて僅かに3軒しかないそうです。

P8026285.jpg

何か、純和風カラオケ?みたいな不思議な外観の建物。
常磐旅館の斜向かいです。

P8026287.jpg

蔵本で見つけたイチオシ物件、常磐旅館さんでした。

P8026288.jpg

そして再び蔵本駅。
蔵本11:51発の阿波池田行き普通列車(4449D)で、次を目指します。

P8026293.jpg

堤の上に片面ホームだけの鮎喰駅。(列車最後部から撮影)
ここの町並みは次回以降への宿題として残ることになりました…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1309-9989add1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)