懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.8 四国右上紀行 第19回 讃岐財田駅で折り返す
P8026591.jpg

箸蔵から県境越えに挑むキハ1000系。
横綱級の有名(?)秘境駅である坪尻は通過して、12分程で次の駅へ。

P8026595.jpg

到着した讃岐財田駅。駅名からも分かりますが、ここは県境を越えて香川県になります。
讃岐財田18:01着のところ、遅れて18:10頃着。
題名のとおり、ここで次の18:19発の下り列車に乗って折り返します。
まぁ、丸わかりだとは思いますが、さっき通過した坪尻駅を訪問する苦肉のプランなのです。

P8026594.jpg

箸蔵駅は民家がまだたくさんありましたが、山を越えた讃岐財田駅前は、
こんな感じで、山間の田舎の風景が広がっています。すごい長閑です。

そしてこのタイミングで雨が止んでくれました。
引田からずっと降り続いた雨がやっと…。

P8026592.jpg

讃岐財田駅(香川県三豊市財田町)
1923年開業。1985年に無人化。
古い木造駅舎の姿を覆い隠すのは、駅開業50周年を記念して植えられたタブの巨木。

2つ前の写真に駅舎入口が写っていますが、木造駅舎の出入口にはよく分らない意匠が。
巨木も駅周辺の雰囲気も良いのに、この駅舎だけが残念。
JR四国っぽいと言えばそうなんですけどね(苦笑)

P8026597.jpg

P8026598.jpg

2013年度、一日平均乗車人員は32人。
無人化され、利用客も決して多くはない駅ですが、
駅舎はとても綺麗に保たれていて好印象。

P8026603.jpg

ホームは片面+島式の2面3線。
島式に停車中の2本の列車。奥のはここまで乗ってきた琴平行き(4250D)。
ここでの停車時間は無いはずですが、運転調整のためか発車せずに待機中。
手前の列車はこれから乗る大歩危行き(4269D)。
こちらは18:00着の18:19発で19分間もここで待ち合わせを行う列車です。

P8026604.jpg

列車の遅れの影響で10分程度の滞在時間でしたが、訪問できて良かったです。
大歩危行きは定刻どおり18:19に讃岐財田を離れます。

P8026608.jpg

いよいよ初訪問の坪尻へ。
まずは南側(阿波池田方面)の引き込み線に入り…

P8026610.jpg

スイッチバックの坪尻駅へと入線します。。。

P8026611.jpg

四国を代表する秘境駅・坪尻駅に初訪問!



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1318-cb4d2ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)