懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.8 四国右上紀行 第24回 本島・笠島の町並み~後編
P8036822.jpg

重要伝統的建造物群保存地区、笠島の町並み歩きの後編。
引き続きマッチョ通りから。

P8036823.jpg

美しい格子に、飾られたお花。
至る所にお花が飾られていて、江戸・明治から残る家々が続く町並みに彩を与えています。

P8036824.jpg

マッチョ通り、東方向。
写っている自転車は、自分が借りたレンタサイクルです。
停めたのは笠島町並み保存センターとして公開される真木邸の前。

P8036827.jpg

P8036828.jpg

塩飽本島は中世までは造塩業を営むだけの地味な島でしたが、
その後は塩飽水軍の根拠地となり、廻船業でも栄えたそうです。
江戸の最盛期には人口1万人を超えていたとか。

P8036834.jpg

P8036835.jpg

今では、御多分に漏れず、ここでも過疎化が進んでいるようで、
笠島の古い町並みでも半分くらいは空家になっているのだとか。
人が住まない家は劣化が早くなるもの。
それを保存地区として維持していくのは大変な事でしょうね。
でも保存するだけの価値が、この島の集落にはあるように思えました。

P8036837.jpg

P8036847.jpg

週末ですけど、他に観光客の姿はありません。
まぁ、朝9時台は早過ぎますかね。雨も降ってましたし…。

P8036852.jpg

濡れ鼠ならぬ、濡れた猫。

P8036859.jpg

集落散策を終え、港へと戻る途中に見つけたお花畑。

P8036865.jpg

港で自転車を返却し、予定通り9:40本島発の船で丸亀へと戻ります。
写真は本島汽船の船内に飾られていた、地元の中学生作のうちわ。
丸亀っぽさ満点の作品に、ふと心が緩む気がしました。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1323-0db25e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)