懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.8 四国右上紀行 第31回(最終回) 高松市宮脇町ぶらり
P8037180.jpg

高松港に戻った後、そのまま大阪に戻るつもりでしたけど、ふと思い立って
小学3年までを過ごした家のあたりを歩いて見ることにしました。
17:40に高松港に着いて、あまり時間がないので港でタクシーを捕まえて移動。

前に来たのは大学生の頃だから、15年近く振りの再訪。
写真は宮脇町一丁目のメインストリート(と個人的に思っている通り)。
子供の頃から変わらない店と、全然知らない店が入り乱れてます。

P8037181.jpg

昔ここに宮脇温泉という銭湯があって、風呂が壊れた時に入りに来てました。
廃業したという話は聞いていましたけど、駐車場になった姿を見るとやっぱり寂しい。

P8037183.jpg

新しい店に変わったところも多いですが、空き店舗もちょいちょいあって不安になります。
記憶では、多くの人が歩く割と賑やかな通りだったはずですが…。
高松も空洞化が進んでいるとかで、郊外の人口が増えつつあるようです。

P8037185.jpg

小遣いでお菓子を買ったりもしたストアー本田さん。
つい最近営業終了したとの張り紙が…。非常に寂しい現実ですねぇ。
ここの子、同級生だったんですよね。

P8037190.jpg

高徳線の高架をくぐって、そのまま南へ歩くと昔の自分の家。
毎日通った小学校の通学路。

高松に住み始めたばかりのころ、高徳線は高松の次は栗林まで駅がなく、
1986年に昭和町駅と栗林公園北口駅の2つの新駅が設置されたのですが、
宮脇町に住む自分は、この位置に「宮脇町駅」を1つ設置すれば良いのに…、
と都合の良いことを思っていました(笑)

P8037194.jpg

地元で「八幡さん」と呼ばれる石清尾八幡宮。石清尾で「いわせお」。
高松の氏神様ということで、結構格式高いです。
当時は単なる家から近い神社、というだけの認識でしたが。
境内で手打ち野球をしたり、セミ取りをしたり、子供の遊び場のひとつになっていましたね。

P8037200.jpg

久しぶりに八幡さんに参拝。
1986年に火災で一度焼失してしまい、その後に再建された社殿。
火災の様子はニュースで見たのを今でも覚えています。

P8037202.jpg

八幡さんの境内、本殿のすぐ右側にある絵馬堂。
そうそう、こんなんあったなぁ。。。当時は貴重な日陰として利用してました(笑)

P8037218.jpg

あとは適当に。自分の家の周囲、よく遊んだ公園なんかを歩きましたが、
完全な住宅街なので写真のアップは自粛しようかな、と思います。

P8037236.jpg

市内にある紫雲山・稲荷山に3方を囲まれた宮脇町二丁目。
山際には広大な墓地が広がり、お墓に囲まれた土地で陰気な感じですが、
逆にそれを「守られている」と考える向きもあり、意外に評価の高い土地だとか。

当時はそんなこと何も考えずに日々遊びまわってただけです。懐かしい。

P8037241.jpg

と、自分の懐かしい風景の中を歩き、高徳線・栗林公園北口駅へやって来ました。
旅の初っ端にも下車したんですけど、計らずも翌日の再訪と相成りました。

ここから19:00発の高松行き普通列車に乗り、今度こそ大阪へと戻りました。
青春きっぷで戻る場合、この時間に出て大阪着は22:58。まぁ、そんなもんでしょうか。


高松から高徳線~徳島線~土讃線で四国の北東(右上)を一周し、
香川県沖の島を3つほど巡る旅となりました。
大雨の影響で、結果的に四国右上紀行になった訳ですが、これもまた致し方なし。
リカバリープランでも存分の楽しめたので良しとしましょう。。。

これにて四国右上紀行、終了です。お付き合い有難う御座いました…!


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1330-e9cc6466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)