懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.4 鶴見線・駅めぐり~国道駅
P3197525.jpg

京急・花月園前駅から千代の湯の前を通って、JR鶴見線の国道駅へやって来ました。
その名のとおり、国道15号線の際にあるから「国道駅」。まんまです(笑)
阪急今津線の阪神国道駅みたいなもんですね。

今回は2駅だけアップしますが、別のタイミングで鶴見線を巡ったりしていますので、
「鶴見線・駅めぐり」という表題を付けてみました。
残りの駅たちをアップするのはいつになるか分かりませんけど、表題は統一するつもりです。


P3197527.jpg

この国道駅はガード下の異空間として有名で、いろんな雑誌や本で紹介されていますし、
自分と同じ旅ブログを運営されている方も多数訪問されている、
メジャースポットと言っても過言ではない(と個人的には思う)、そんな駅です。

P3197528.jpg

おー、コレコレ、本やネットで見ていた国道駅が今、目の前に。
想像していたよりも暗い感じがするのは、天気が悪い夕方だからでしょうか。

改札に駅員さんが立っています。1971年に無人化されていますが、
通勤通学の時間帯だけ駅員さんが鶴見駅から切符の回収に来るそうで、
この時がちょうどその時間帯だったようです。
無人駅ですが統計上一日平均1500人が利用するあたり、さすが首都圏だな、と。

P3197532.jpg

ホコリに塗れた看板。とみやさんは営業はされていないようです。

P3197538.jpg

この独特な空間に魅力を感じる人は意外に多いようですね。
黒澤映画や、テレビドラマの撮影場所としても使われた実績があります。

P3197541.jpg

こちらは営業中の、やきとり屋さん。その名も「国道下」。これもそのまんま(笑)
ちょっとのぞいてみたい気もしましたが、常連のおじさんばかりで入るのを躊躇いました。
自分ももっとおじさんになったら、入ろうと思います…?
それまで営業してるかな…。。

P3197544.jpg

改札内、ホームへ上がる階段の途中から。
ベニヤ板で塞がれた場所にも、かつてはお店があったんでしょうか。

P3197545.jpg

鶴見駅は、1930年、鶴見臨港鉄道の駅として開業しています。
1943年に国有化、1971年に無人化されて現在に至ります。
駅構内は、開業当初から何も変わっていないそうです。

P3197591.jpg

ホームは対面式の2面2線。
有効長は短く、鶴見線を走る3両編成の列車でちょうど良いくらい。

P3197593.jpg

鶴見を出た鶴見線が南東の港湾地区を目指して緩やかにカーブする途中に、
この国道駅はあります。

なお、ホームの写真は戻って来た時に撮影したものなので、
日没後の暗い時間帯の写真になっています。

P3197595.jpg

都会の片隅に今も残るディープな国道駅、
滲み出る昭和な雰囲気は人々を惹きつけて止みません。
タイムカプセルのようなこの空間、いつまでもそのままであって欲しいと願うばかりです。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1333-792bb2d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)