懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第5回 湯瀬温泉の町並み
P7254095.jpg

高速バスみちのく号、湯瀬PAにて下車します。
湯瀬PA 16:05着。鹿角花輪駅から僅か15分間のバス旅でした。

ここは高速道路のパーキングエリアなので、裏口から下道に出て歩きます。

P7254097.jpg

薄暗い山の細道を下ること数分、神社を過ぎると目の前に湯瀬温泉街が広がりました。
山道には「熊出没注意」の看板があって、クマ恐怖症の自分はかなりビビりました(笑)

P7254100.jpg

湯瀬温泉にある唯一の共同浴場、湯瀬ふれあいセンター。
脇にあるのは火の見櫓かな。

大人200円で入れるのは格安ですね。
でも自分は他のお目当ての湯があるのでここはスルーします。

P7254102.jpg

宝の湯と書かれたお宅。共同浴場ではなさそうなので、旅館?元旅館?

P7254106.jpg

写真を撮りながらフラフラ歩いていると、3人兄弟(かな?)が自分を追い抜いて行きました。
しっかりと挨拶ができていて、清々しい気持ちになれましたね。
部外者(しかも不審者?)にキチンと挨拶ができる、というのは素晴らしい。
それが防犯に繋がるという面もあるのでしょう。

P7254108.jpg

温泉街にある映画のセットのような古い商店・上の湯商店さん。
先の3人もここに入って行きました。

廃業されずに今でも営業されていることが、奇跡のように感じられました。
(あくまで個人的な感想です…)

P7254110.jpg

隣の食堂は…、やってないかな…。

P7254115.jpg

さて、湯瀬温泉では鶴の湯という旅館で日帰り湯をするつもりにしていましたが、
それと目ぼしき場所を歩いても一向に鶴の湯が見当たりません。
そんなに複雑な道が入り組んでる訳でもないので「おかしいな」と思いながら
道行く地元の方(数少ない…)に聞いてみると、なんとお目当ての旅館は
デイサービス施設に変わってしまっていて、もう無くなっていたのでした。

P7254126.jpg

仕方なく、Bプランの滝の湯さんへ。こちらは大人300円。
こちらは温泉街を流れる米代川を見下ろすお風呂(内湯のみ)で、
飾り気のない古びた浴場は、なかなかいい雰囲気です。
他にお客さんはおらず、ひとりでしばし贅沢な時間を楽しませて頂きました。

※お湯はアルカリ性単純温泉(ph値 8.6~8.9)。ヌルヌル度合いは控えめでした。

P7254133.jpg

温泉街から湯瀬温泉駅へと続く道は、こんなクネクネ。
古い道なんでしょうね。

P7254134.jpg

湯瀬温泉駅の木造駅舎が見えて来ました…!
ここへやって来たのは、鄙びた温泉街と、木造駅舎が目的なのでした。

P7254135.jpg

湯瀬温泉駅(秋田県鹿角市八幡平字湯瀬)
1931年に湯瀬駅として開業。1995年に湯瀬温泉駅に改称。
2014年度、一日平均乗車人員は25人。。。ちょっと少ない。
花輪線における秋田県東端の駅。(となりのあ兄畑駅は岩手県)

P7254138.jpg

駅舎に入ってビックリ、無人駅とばかり思ってましたが、簡易委託の有人駅でした。
北海道&東日本パスに駅印を捺してもらいました。

P7254142.jpg

駅に貼られていた周辺案内図。
鶴の湯がしっかり描かれていました…。
調べてみるとデイサービスに変わったのは同年(2014年)春のことだったようです。

ここからは17:17発の盛岡行きの乗って更に戻ります…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1342-dd43002c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)